白石支部が地元史跡を散策

1505219132529 9月12日、白石支部(小林佑圭支部長)は、近藤教会長を招き、支部会員13名と白石市内の史跡を散策。市職員の親切な案内を頂き、武家屋敷、片倉家菩提寺の傑山寺(けっさんじ)、片倉家御廟所を回りました。白石市は、片倉家が治めた1万3千石の魅力あふれる城下町。シンボルである白石城は、徳川幕府が定めた一国一城令の例外として、明治を迎えるまで存続が認められためずらしいお城です。

 初代・片倉小十郎景綱(かげつな)は、伊達政宗に仕えた智将として有名で、豊臣秀吉からも高く評価され、5万石で直臣に迎えようとしたが、政宗への忠義を選び、秀吉の申し出を辞退した話には胸が打たれます。また、大阪夏の陣に参戦した二代・片倉小十郎重長(しげなが)は、大阪城落城前夜、敵将真田幸村の子女を託され、立派に養育した話も感動的です。

 郷土の偉人の足跡を知り、その智慧や生き方を学ぶことは、地元に住んでいてもなかなか機会がなく、とても有意義な経験でした。また、日ごろの運動不足の解消にも役立ち、楽しいひとときとなりました。

1505219141584

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 文議長 白議員と(決定)
    2020年1月3日から6日まで、仙台教会において「韓国平和友好使節団」を派遣しました。訪問の目的の第…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…

一食を捧げる

  1. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  2. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  3. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…

関連リンク

ページ上部へ戻る