カテゴリー:自分を創る

  • 太陽のもとに集まれ

    ⛅「雲」 Photo ~今週の雲~(お写真募集中!!)

    「雲」をテーマに、さまざまな「雲」あるいは「雲のある風景」の写真を1枚、“今週の雲”としてピックアップし、毎週更新していきます。皆さまの心を動かす「雲」、あるいは「雲のある風景」を見つけたら、ぜひ写真におさめて「雲」Photoとしてお送りください。
  • IMGP0275

    🌱 シリーズ「ニュー方便時代」とはなにか?(第2回)

    《ニュー方便時代》とはどんな時代なのでしょうか? シリーズ第2回は「方便」という言葉にスポットをあてて、考えてみたいと思います。
  • dc081755

    🌱 シリーズ「ニュー方便時代」とはなにか?(第1回)

    このシリーズでは、「方便」、「時代」、「救い」、「よりそい」といったキーワードを通して、また現代社会の様相、人びとの心のありよう、人類が抱えるグローバルな課題などを視点として、皆さんと共に《ニュー方便時代》とは何かについて考えていきたいと思います。第1回は、庭野日敬開祖が晩年に遺した書物『瀉瓶無遺(しゃびょうむい)』に、“ニュー方便時代”を探る手掛かりを求めてみました。
  • DSCF0871

    【こころの彩時記27】🌎つなぐ、つなげる、きっと一つにつながる~SDGsと私~

    「SDGs」(接続可能な開発目標)をしっかりと認識し、また日常の中で実践することの大切さを、今、私は切に思っています。
  • DSCF3074

    👪【私の体験】幸せのスーパー・パワー ~お正月は家族揃って「年頭誓願文」~

    仙台教会壮年部のT.Nです。2020年もいよいよ年末を迎えました。今年は、新型コロナウイルスの感染が世界で拡大し、私たちの生活様式が大きく変化しました。しかし、どのようなことが起きても、またどのように時代が変わっても、私たち一人ひとりにとって中心となる“ところ=場所”があります。それは、「家庭」ではないでしょうか。
  • 布教方針発表会2

    【こころの彩時記26】🌠 仙台教会「布教方針発表会」を拝聴して

    12月13日、2020年次の仙台教会「布教方針発表会」が行われました。今年は「新型コロナウイルス感染予防」を最優先とし、ソーシャルディスタンス、消毒、室内換気、そして三密回避を大前提に、約70名の教会・支部の代表の皆さんが集まっての発表会となりました。
  • DSCF0445

    【こころの彩時記25】💕 私の実践「認めて・ほめて・感謝する」

    私たち仙台教会では、今、近藤教会長を先頭に、会員一人ひとりが家族や身近な人に「認めて、ほめて、感謝する」実践をさせて頂いています。そこで、私も家族や周りの人を認めて、ほめさせて頂こうと、日々、努力しています。が、実は失敗ばかり。さて、その顛末は?
  • こころの彩時記(9月17日)

    【こころの彩時記24】💕 認めて、ほめて、感謝する

    私たち仙台教会では「私の家庭実践」として、「認めて ほめて 感謝する」ということが打ち出されています。このコロナ禍の中で、自らの家庭を改めて見直し、家族一人ひとりがお互いを「認めて ほめて 感謝する」という実践です。
  • 青空

    【こころの彩時記23】💪 史上最大の復活!!

    8月2日、東京・両国国技館で行われた大相撲七月場所千秋楽。東前頭十七枚目の照ノ富士関が、相手の両まわしをひきつけての寄り切り、見事、二度目の優勝を果たしました。両膝のケガと内臓疾患による「序二段」落ちを乗り越えての、30場所ぶりの優勝にマスコミは〈史上最大の復活!!〉と称え、相撲ファンならずとも多くの方が驚き、喜び、また感動と勇気をもらいました。
  • DSCF1208

    【こころの彩時記22】💖すべてを拝み、一隅を照らす

    1906年、明治の時代に新潟県に生まれ、昭和に立正佼成会を創立。1999年に入寂されるまで、平成の世においても人格の完成と家庭、社会、国家、世界の平和を希求してやまなかった庭野開祖。この第2巻では『法華三部経』が説く教えの全体にふれながら、すべての人に具わっている「仏性」(仏さまと同じ“こころ”)を拝み合って生きる大切さが随所に説かれ、感動をもって読ませてもらいました。

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 「光」 2012年 筑波大学附属病院けやき棟(第3回決定1)
    ステンドグラス作家として国の内外で活躍される、五十嵐沙予先生にご登場していただいての第3回目は、いよ…
  2. DSCF3616
    3月7日(日)、私たち立正佼成会仙台教会では「東日本大震災慰霊式典」を行ない、震災で犠牲なられた方の…
  3. 東京大学医学部付属病院1(決定)
    2021年新春特別インタビューとして、ステンドグラス作家として国の内外で活躍される、五十嵐沙予先生に…

一食を捧げる

  1. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  2. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  3. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…

関連リンク

ページ上部へ戻る