立正佼成会の平和観

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%bb%e5%83%8f

立正佼成会の平和観

一仏乗の世界をめざして 「人は本来、皆一つの乗物の同乗者なのだから、心をおおらかに、互いに認め合い、協力し合おう」という“一仏乗”の世界の実現は、釈尊の願いであるとともに、立正佼成会すべての会員の願いでもあり…
少女たち

「一食を捧げる運動」の精神とその行動について

 ここでは、「一食を捧げる運動」について、庭野日敬開祖、庭野日鑛会長の言葉を中心により詳しく掲載いたします。 一食を捧げる運動とは 食事などの一欲を節し、そのお金をさまざまな国の人道的援助、開発援助などに…
kaiso

立正佼成会 開祖 庭野日敬

 庭野日敬(にわの・にっきょう)開祖は、1906(明治39)年11月15日、新潟県中魚沼郡十日町大字菅沼(現在の十日町市菅沼)に生まれました。 人に尽くすことを喜びとし、人望の厚かった祖父・重太郎や、「なるべく暇がなく…
kaicho

会長 庭野日鑛 メッセージ

生かされて、生きる。 分かっているつもりでも、本当はわかっていない。そうしたことが人間には沢山あります。表面的には理解しているようでも、心の底からしっかりと受けとめていない。その最たるものが、「人生二度なし」と…
peace01

立正佼成会の平和活動 1

「一食を捧げる運動」とは いつでも。どこでも。誰にでも。いつまでも。できるわかちあい運動です。「ひとの痛みを知り、ひとの幸せを祈り、ひとのために行動する心を育てる」信仰的実践です。「世界のみんなが幸せになって…
アフリカへ毛布をおくる運動

立正佼成会の平和活動 2

「アフリカへ毛布をおくる運動」とは  アフリカには、毛布を必要としている人びとが大勢いるのをご存じですか?日中は30度を超える炎天ながらも、朝晩は3度くらいという温度差の激しい地帯に住んでいる人びと。民族紛争や…

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る