立正佼成会の平和観

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%bb%e5%83%8f

一仏乗の世界をめざして

「人は本来、皆一つの乗物の同乗者なのだから、心をおおらかに、互いに認め合い、協力し合おう」という“一仏乗”の世界の実現は、釈尊の願いであるとともに、立正佼成会すべての会員の願いでもあります。
 
 UNESCO憲章前文には「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と記されています。
 ここでいう「平和的な心」は、仏教では「慈悲の心」と呼びます。人に喜びや幸せを与え、人の悲しみや苦しみを取り除こうとする心です。
 貪り、怒り、目の前しか見えぬおろかさ。苦しみや争いの原因は自らの心にあります。人と人の間に生じた摩擦は、お互いの不信を増大させていくことでしょう。
 釈尊は『法句経』の中で、
「まことに、怨みは怨みによっては消ゆることなし。怨みは怨みなきによってのみ消ゆるものなり」
と教えています。慈悲の実践は、怨みを捨て、不信の連鎖を断つことにとどまらず、互いに理解や信頼を生み出すものです。
 本会の会員一人ひとりが慈悲の心を深めて、すべてのいのちの幸せを願い行動することこそ、今を生きる私たちに託された使命であると考えます。
 そして、宗教界をはじめ各界の人びとと手をたずさえ、国内外でさまざまな平和活動に取り組んでまいります。 

共に生きる

 宮澤賢治が『世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない』との言葉を残したように、生きとし生けるものすべてが「大いなるひとつのいのち」に生かされていることを自覚すれば、誰もが大調和の世界を願わずにはいられないでしょう。
 しかし、ただ願うだけでは平和な世界を実現することはできません。本当に平和を願うならば、まず自らの心に平和を打ち立て、一人ひとりがおかれている環境・生活の中で行動を起こし、輪を広げていくことが大切であると考えます。「平和は一人ではできない。しかし、一人がはじめなければ何もできない。」のです。
 本会では、平和・社会活動の取り組みとして、「一食を捧げる運動」や「宗教対話・協力」活動を推進するほか、環境や政治、人権など、国内外でさまざまな取り組みを展開しています。「一切の生きとし生けるものが救われるように、幸せになるように」という一乗の精神のもと、世界中の人々と共に痛みを分かち合い、共に生きる喜びを分かち合う努力を続けています。 

生かされて、生きる

分かっているつもりでも、本当はわかっていない。そうしたことが人間には沢山あります。表面的には理解しているようでも、心の底からしっかりと受けとめていない。その最たるものが、「人生二度なし」とうことでありましょう。
 普段、人は、この厳粛な事実を深く見つめることなく、周囲の人々や環境など、自分の外ばかりに目を向け、不平不満の毎日を過ごしているのが現実といえそうです。
人間は、誰もが老い、そして必ず死を迎えます。
私たちにとって、「死」ということほど確実なことはありません。それを認識することによって、自らのいのちがよく見えてきます。不平不満などいっていられないことに気づかされます。また人は、「生きる」ということの意味も、本当のことはあまりはっきり分かっていません。
 自分一人で、自らの力だけで「生きている」と思い込んでいる人もあります。しかし人間は、太陽をはじめ、月や星、山や川、数えきれないほど多くの人々、動植物や虫、微生物や細菌まで含め、一切の恩恵なしに生きていくことはできません。太陽が東から出て、西に沈む。その単純な繰り返しのお陰さまで、米や野菜が育ち、動物や魚のいのちが育まれます。それらを頂いて、人間は姓をつないでいます。大きくみれば、太陽も空気も、雨も風も、私たち一人ひとりを生かそうとして働き、存在していると受け取ることもできます。
 いわば宇宙の一切合切が、瞬時も休みなく働いているお陰さまで、私たちは、いま、こここにいる。「生きている」というより「生かされている」のです。

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. キャッチ画像
    本年、教会発足60周年を迎える立正佼成会仙台教会では、その記念事業の一環として、「記念式典」が開式さ…
  2. キャッチ画像 決定
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」が、今年も第2期として開塾されました。今年の塾生…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る