💎 庭野日敬開祖「一日一言」~毎日のことば~(令和6年6月)

2022.04.01 使用写真

今月は世界の平和に向けて「平和」に向けての庭野開祖のおことばを、「一日一言」と題して1つずつご紹介していきます。

【6月10日 平和の根底とは?】
 お互いがわかち合い、助け合っていくことこそが、人類共存の「永遠の法」であり、平和の根底をなすものであります。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月9日 平和はどこから始まるか?】
 すべての人が魂の奥に必ずもっている仏性を認め、それを拝み、磨き出すこと…平和はここから始まるのです。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月8日 同じテーブルにつく】
 お互いが食べさせてあげたりたべさせてもらったりする…そういう意識をもって同じテーブルにつけば、必ず仲よくなるのです。平和になるのです。地球というテーブルは一つなのですから…。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月7日 もつれた糸ともつれてない糸】
 もつれた糸は、辛抱づよく解いていかなければなりません。それが平和的解決というものです。まだもつれていない糸は、絶対にもつれさせぬようにしなければなりません。これが「平和をつくる」ということです。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月6日 慈悲と寛容】
 争いを解決するのは、慈悲の心と寛容の精神です。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月5日 平和の原点とは】
 慈悲の心こそは平和の原点であり、これを欠いた平和は、かりそめの平和、見せかけの平和であるといわなければなりません。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月4日 お互いに信じ合う】
「自分の思いどおりにしたい」という欲をなくし、お互いに信じ合う―という心ですべての物事を考えていってこそ、世界平和の道も開けてくるのです。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月3日 平和の燈(ともしび)をともす】
 それぞれが心の中に“平和の燈”をともすことが最も大切なことで、平和はそこから始まるのです。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月2日 心田を耕す】
 人間の心を耕す以外に平和への道はありません。これこそが遠くて実は近い道なのです。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

【6月1日 人の心を変える】
 平和を実現するためには、人の心を変えていかねばならないーこれは根本の大道であり、絶対に欠くことのできない大事です。(『庭野日敬法話選集』別巻より)

dc053128

写真はイメージです。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま 5月 アイキャッチ画像
    風薫る5月を迎えました。今月は「斉家(せいか)」そして「青少年の育成」に向けての庭野開祖のおことばを…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…

一食を捧げる

  1. 1716720881654~2
    5月3日(祝)「白石市政70周年・市民春まつり」開催にあたり、たくさんの方々のご協力を頂き、寿丸屋敷…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…

関連リンク

ページ上部へ戻る