平成30年「新年のごあいさつ」 教会長 近藤雅則

2018年 近藤ご夫妻 決定

仙台教会 近藤教会長夫妻

迎 春

いよいよ新年を迎えました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
“一年の計は元旦にあり”と言われます。一年の最初をどのような心構えをもってスタートするか、それが一年を決定するとも言えます。

平成30年は、どのような年でしょうか。
九星気学では、九紫火星(きゅうしかせい)の年です。九紫は火の性で、定位は南です。南は太陽が昇りきった所であり、明るく、熱く、また日没にむかう分岐点でもあります。そして、中央上部の最上位にありますので、「神」、「精神」を表します。よって、物へのとらわれから精神、智慧を大事に生活していくことが大切とされています。正式には2月4日の立春が一年の節変わりになりますので、これらの意味や心構えなどは、節分会式典の中でお話しします。

DSCF0235

壮年部、青年部の手作りの門松

教団においては、創立80周年の大きな節目です。100周年にむけての第一歩でもあります。昨年末、会長先生から基本構想が示され、今後20年間の心構えをいただきました。これも1月28日の幹部指導会の中で、かみしめさせていただきましょう。

仙台教会においては、平成31年に発足60周年を迎えますので、来年はその準備の年にあたります。3月の春季彼岸会式典を各地区で、また下半期には、支部ごとの結集大会を開催し、60周年にむけた準備とさせていただきましょう。

私の平成30年のテーマは、昨年と同じ「心に本仏を勧請する」といたしました。ものごとが順調に進んでいる時より、むしろ理不尽と思えるような時や困難な状況の中にある時こそ、仏さまの大事な説法が隠されているように感じます。
どのような状況においてもピンチをチャンスに変えられるように、その奥に隠されている仏さまの説法をしっかり受け取れるようになりたいと願っています。そして、日々生かされていることに感謝し、喜々として過ごせるように精進してまいりたいと思います。皆さんもぜひ自分自身のテーマを定め、お互いさまにしっかり精進していきましょう。

合 掌

     平成30年 元日

立正佼成会 仙台教会
教会長 近藤雅則

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る