「仙台教会60周年準備委員会」がスタートしました!!

 立正佼成会仙台教会は、2019年(平成31年)に、教会発足60周年を迎えます。その教会発足60周年に向けて、3月5日13:00から教会道場会議室において、教会長 近藤雅則委員長、総務部長 織笠有紀子、教務部長 齋藤里予 両副委員長のもと、第1回目となる「仙台教会60周年準備委員会」が行われました。
 この「60周年準備委員会」の特徴は、2つあります。
 1つ目は、2019年に迎える60周年に向けて、“より善き仙台教会づくり”をメインテーマに、今年2017年から検討を始める。
 2つ目は、60周年を一つの通過点として、2029年に迎える「教会発足70周年」も視野に入れた話し合いを持つ。
という2点です。
 5日当日の第1回委員会では、本ホームページ(「教会からのお知らせ」1月11日付)でもご紹介した通り、一般公募によって選出された12名の特別委員と、支部長、支部会計、主任、そして各部からの代表24名の委員、さらに事務局3名の計42名によって「仙台教会ー私の夢を語ろう」をテーマに、活発な意見の交換が行われました。
 特に、全員が各グループに分かれての熟議では、《仙台教会のいいところ・・・ベスト5》を話し合い、自分たちの教会の良さを再認識しました。
 ベスト5に入った主な感想・意見は次の通りです。

☆教会全体が明るく、優しく、笑いが絶えず、安心感があり、皆さんが温かく迎えてくれる。
教会長の説法が分かりやすく、ホームページでもご指導が学べる。また学校で学べないことも、いろいろと学ぶことができる。
仲間の絆が強く、大震災をみんなで乗り越えてきた力を持っている。
☆世代を超えて家族揃っての教会参拝が増えてきている。
教会が広くて、大きく、またさまざまな分野の人材がいる。

 今後、以下の4点を主たるテーマとして、月1回のペースで話し合いを行っていきます。

(1)布教活動をどう展開していくか
(2)次世代人材をどう育成していくか
(3)どのような社会貢献を果たしていくか
(4)教会サンガの体制をどう確立していくか

「60周年準備委員会」について、本ホームページでも適宜ご報告していく予定です。どうぞお楽しみに!!

DSCF9075

当日配布の資料 表紙

 

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…

一食を捧げる

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  3. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…

関連リンク

ページ上部へ戻る