「仙台教会 復興親子団参」が本部大聖堂で行われました。

奉献

震災で犠牲になられた方々への「献灯・献花の儀」。

 東日本大震災から6年目を迎えた今年、「復興親子団参」(主催:立正佼成会仙台教会)が、〈東日本大震災 七回忌慰霊・復興祈願供養〉をサブタイトルに、そして〈~ 絆 ~ 生かされているいのちに感謝 共につなげよう未来へ〉をテーマに、7月29日(土)、30日(日)の両日にわたって、立正佼成会本部「大聖堂」にて挙行されました。聖壇2

御供養

1500名の参加者お一人お一人が、心一つに「読経供養」を行いました。

 震災の被害を受けた方やそのご家族、一般会員、さらには次代を担う青少年を中心に、約1500名が参加し、犠牲となられた御霊の安からんことを祈念し、また物心共にさらなる復興を祈願し、参加者一人一人が復興に向けての決意を新たにしました。

 30日の式典では、「読経供養」に続き、少年、婦人、壮年、一般それぞれの代表5人が、自らの震災体験を発表し、その後、庭野統弘(にわのむねひろ)本会学林学長の講話を頂きました。

庭野学長

身振り、手振りを交えて、親しくご講話をくださる庭野学林学長。

 庭野学長は、その講話の中で、

「仏さまは、私たちすべての人のことを〈菩薩〉として見ていてくださっています。〈菩薩〉とは、自分は後回しにしても、まず人さまという崇高な心を持って生きている人のことをいいます。皆さまの中には自分はそんな人間じゃない、そんな崇高な心はないと思われていれる方もいらっしゃるかもしれませんが、仏さまは私たちすべての人間を、〈仏の子〉であり、〈菩薩〉としてみてくださっているです。
 自らが〈菩薩〉であるならば、〈菩薩〉の名に恥じない生き方ができるようになります。と同時に、私たちは一人では菩薩道は歩めません。そこに立正佼成会の仲間=サンガの有り難さがあるのです」
(要旨)

とのお言葉をくださり、その後、宮城県知事 村井嘉浩氏からのメッセ―ジの披露、仙台教会 近藤雅則教会長の謝辞があり、無事、閉式されました。

近藤教会長

「復興親子団参」にあたり、参加者ならびに関係各位に感謝の言葉をのべる近藤雅則教会長。

「七回忌」の復興親子団参にあたり

 東日本大震災から六年の歳月が過ぎ、今年は七回忌にあたります。ものの面での復興は随分進んできました。しかし、未だに不自由な生活に苦しみ、心の痛手を抱え続けている人もたくさんいるのが現実です。
 一方、別の見方をするならば、この六年間は被災された人々、それを支え続けてきた多くの人々の懸命に生きてきた記録でもあると感じます。私たちは、千年に一度という大震災に負けず、復興に立ち向かう偉大な力を持っていたのです。そして、共に支えあう人間同士の強力な絆を持っていたのです。
 これからも悔いのない本気の人生を歩んでいくことが、真の慰霊供養だと信じています。みなさん、これからも、自分が持っている尊く偉大な「いのち」を自覚し、力強く生きて参りましょう。

合掌

教会長 近藤雅則

(当日配布「パンフレット」より)

復興親子団参 パンフ復興親子団参 パンフ 見開き

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. キャッチ画像
    本年、教会発足60周年を迎える立正佼成会仙台教会では、その記念事業の一環として、「記念式典」が開式さ…
  2. キャッチ画像 決定
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」が、今年も第2期として開塾されました。今年の塾生…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る