【こころの彩時記8】御本尊さまの声~復興親子団参より

 社会福祉を学ぶ大学4年の女子学生のYさんが、仙台教会「復興親子団参」に参加した。
 数日前、Yさんは「教員採用試験」の一次試験に合格した。これで、たとえ二次試験で落ちたとしても、臨時採用として教師の道を歩んでいける。Yさんの父親、母親、兄といった家族は大喜び。大聖堂の御本尊さまに御礼を言わせて頂こうと、「復興親子団参」を家族全員で楽しみにしていた。

 011_03ところが、難関である一次試験に合格しても、Yさんはまったく浮かぬ顔をして、かえって悩みこんでしまっていた。
一次試験の合格後、自分の心をよく見つめた時、

(学校の教員ではなく、やはり社会福祉の道に進みたい。そのために社会福祉の学部に入って、勉強してきたはずだ)

という思いが日増しに大きく、強くなり、“教員採用試験に落ちればよかった”とまで思ってしまう自分に、(私が最初から受験していなければ、本当に先生になりたい他の誰か一人が合格してたのに・・・)と自分を責めてしまっていた。
思い悩んだ末、Yさんは両親に泣きながら相談した。

「私はやっぱり教員になりたくない。二次試験も受けたくない。児童福祉をしたい。だから受けなくてもいいよね!?」

 すべてを娘に任せてきた両親は、その言葉に驚いた。しばらくの沈黙のあと、その娘の心の叫びに父親は次のように話し、母親も心からうなずいた。

「あなたの好きなようにしなさい。あなたの人生だから。そのかわり、どこまでも、どこまでも、お父さんとお母さんはお前の味方だからね」

Yさんは安心し、とても喜び、二次試験の受験を取りやめる決心をした。
 ところが翌日、そのことを大学の教授に話すとなかなか理解してもらえない。

「学校の先生になってから、その上で先生をやめて社会福祉の道を進むことだってできるのよ。教師の道になぜ進まないの!?」

 そんな教授の言葉に、Yさんはまた深く思い悩み、そんな状態での「復興親子団参」への参加であった。
 Yさんは真剣に大聖堂でご供養をあげた。そのあと大聖堂の照明が落ち、聖壇上の御本尊さまだけが浮かび上り、ナレーションプログラムである「御本尊の願い」としてのメッセージが堂内に流れた。その御本尊さまの声に耳を傾けていたYさんは、「迷ってもいい。迷っているということは、頑張っていることなのです」という御本尊さまの言葉が稲光のように強く胸をうった。

「御本尊さま、私は悩んで、悩んで、悩んで、その上で自分で結論を出します。そして、そのあとのことはすべて御本尊さまにお任せします」

とYさんは祈念し、団参からの家路についた。
015_10 そして、家に着き玄関に入った時、Yさんの携帯電話にメールが届いた。そのメールは、大学の教授から。初めて教授からもらうメールに驚いたYさんが慌てて開いてみると、そこには次のように記されていた。

「この前は、私の考えだけを言ってしまってごめんなさい。あなたの心があとでよく分からせてもらいました。そう!逆をいえば社会福祉の道に進んでから、その後、学校の先生にもなれますものね。どうぞ、Yさんが自分で選んだ道を自信を持って進んでください。卒業まで共に頑張りましょう!!」

 その教授からのメールに娘は感動し、またご本仏さまの大いなるはたらきに驚き、心から感謝できた。

「団参に参加してよかった。ご本仏さまが私の進む道を教えてくださった」

 御本尊さまが示してくださった道を、Yさんは今、改めて、そして以前よりも力強く自らの道として歩み始めた。

迷いながら 間違いながら 歩いていく その姿が正しいんだ

BUMP OF CHICKEN
 
(日本の4人組ロックバンド)

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る