「見えない“いのち”に生かされていることに感謝して生きる」教会長 近藤雅則(平成29年8月)

DSCF4124 『佼成』8月号の会長法話は「見えないはたらきに気づく」というテーマでした。この中で、深く心に響いたのは次の言葉です。

☆親の恩やご先祖の徳、家族の思いやりや友人の気遣いなども、つい感謝を忘れてしまいがちな「目には見えない大切なもの」といえます。

☆目には見えない心のありようや「いのち」の不思議・有り難さ、そして生命(いのち)の尊さなど、人として生きる上でほんとうに大事なことに気づかせてくれるきっかけを、宗教や信仰は与えてくれるのです。

 ここに、信仰する目的が、はっきり示されています。私たちは、信仰によって、普通は見えないものが見えるようになるのです。これは凄いことです。とは言っても、それは霊能や超能力のことではありませんよ。では、見えないものとは何か・・・それは“久遠本仏のいのちのはたらき”です。

 庭野日敬開祖は、「私たちは久遠本仏のいのちに生かされて生きています。仏さまは私たちをご照覧くださり、人格を育もう、向上させよう、本当の幸せに導こうと、いつも慈悲の手を差し伸べていられるのです」また、「久遠本仏のいのちは直接目に映らないだけに、凡夫はすぐにこれを忘れてしまいがちです。どのような状態に置かれても、また、どのような人と触れ合っても、常に仏さまのはからいと慈悲をしっかり感受できる信仰者になってほしい」と言われています。

 寝ている間、私たちの心臓を動かしているのは誰でしょう?私たちが生きていくのに不可欠な太陽、空気、水は、いったい誰が与えてくれているのでしょうか?こうして見ると、私たちは目には見えない不思議な“いのちのはたらき”に生かされている事実に気づくことができます。そして、この見えない“いのちのはたらき”は、とてつもなく大いなる力を持っているのです。

 仏教では、それを「仏さまの慈悲のはたらき」とか「久遠本仏のいのちのはたらき」などと表現しています。信仰の目的とは、この見えない大いなる“いのちのはたらき”に生かされている実相を認識することだと言ってもよいでしょう。

 そして、大いなる“いのちのはたらき”に生かされているのであれば、そこに“感謝の念”が生じるのが自然です。そして、その“感謝の念”は、社会のため、人のために、少しでも“恩返し”をしたいという行動や生き方につながっていくはずです。それが人間らしい生き方です。自分のことばかりを考えて生きているのは、人間とは言えません。人生は二度なしです。皆さんは、どうかその大切な人生を無為に過ごすことなく、“感謝”“恩返し”の生き方をしてください。それが幸福になる早道でもあるのです。

合掌
平成29年8月1日
立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

御本尊 多宝如来

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る