🍀 「さぁ、出かけましょう。出会いましょう!」 教会長 岩間由記子(『佼成』令和6年4月号「会長法話」を拝読して)

岩間教区長 4月HP(決定)

 いよいよ四月です。入社式や新年度の挨拶などお忙しいことでしょう。そして、間もなく 入学式や新学期を迎える皆さんは、ワクワク、ドキドキしながら待ち遠しく思ってるのではないでしょうか。 

 今月の『佼成』会長先生ご法話の冒頭の『万葉集』の一首
「石(いわ)ばしる垂水(たるみ)の上のさ蕨(わらび)の 萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも」 ――岩間を激しく流れ落ちる滝の水際に、蕨の芽を見て私が思うのは、大好きな山菜を食するよろこび(食欲)が一番でしょうか… 。
 万葉人のように澄んだ目に自然を愛でたり、ものごとのあるがままを感謝と喜びで受けとめたりすることが、いまの私たちにはなかなかできません。こうした歌は、私たちに自ら の心の曇りや至らなさを教えてくれています、と会長先生に仰っていただき、本当にその通りです。(笑)

 ところで、「真実」とは何か・・・「真実」と聞いて、「真理」(絶対真実の教え)思いつきますね。 
 釈尊とバラモンとの会話のなかに、「真実を守ることは私の草刈りである」というお言葉があるそうです。
・ものごとのありのままのすがたを好き嫌いの感情をまじえずに見て 、
・そのあるがままを受け入れること

 それが、「真実を守る」こと。そして、
・それを妨げる煩悩という雑草が心にはびこることがないようつとめた。 
 自分の心の曇りや至らなさは、私の心なかにはびこる雑草かしら?煩悩という雑草? 
 しかし、雑草という名の草はない~煩悩は進歩や向上の原動力にもなり、「煩悩即菩提」とは、煩悩を菩提とが究極は一つであること。大煩悩の持ち主の人間ほど、大きな心の転換に至るかもしれない。わー凄いぞ。
 草刈り!!
 油断をすると心に生い茂る煩悩という雑草も、伸びすぎないように適宜刈りとり、そのつど心の土壌に鋤きこめば、それが心の幅を広げて智慧を生む栄養となり 、いっそう地味豊かで柔らかい心田になるからでありましょう。 心が柔らぎ、そしてその雑草を鋤きこみ受け入れることで智慧を生む栄養となると教えて頂きました。
 避けられない自然災害、様々な縁によって起こさしめられる多様な感情を時をかけて「あるがまま」受け入れることが大きな気づきとなり、人生が善き方へと展開したという語りが法座で花開いています。そこには、雑草が栄養へと転化するプロセスがあります。

 待ち望んでいた春の到来です。新たな出会い、新たな私での出会いなおしてを通しての味わいを楽しみたいと思います。さぁ、出かけましょう。出会いましょう。 

合 掌

 令和六年四月一日

立正佼成会仙台教会
教会長 岩間由記子

岩間教区長 4月使用

清水教会の佐野さまから、「震災復興」に向けてお送り頂いた「河津桜」の苗が、今年、初めて美しい花を咲かせました。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022.04.01 使用写真
    今月は世界の平和に向けて「平和」に向けての庭野開祖のおことばを、「一日一言」と題して1つずつご紹介し…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…

一食を捧げる

  1. 1716720881654~2
    5月3日(祝)「白石市政70周年・市民春まつり」開催にあたり、たくさんの方々のご協力を頂き、寿丸屋敷…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…

関連リンク

ページ上部へ戻る