🙏「駒の湯温泉」岩手・宮城内陸地震 犠牲者慰霊供養を行ないました。

決定1の決定

前列中央が近藤雅則 仙台教会長、前列向かって左が織江里枝さん

 平成20年6月14日(土)午前8時43分、岩手県南部を震源とする震度6強の地震『岩手・宮城内陸地震』が発生し、栗駒山の至る所で土砂崩れ、土石流(山津波)が起こり、多くの人の命が奪われました。また、栗駒の荒砥沢ダム付近では大規模な地滑りが起こり、山は痛々しい姿となりました。
 この地震で亡くなられた方は、「駒の湯温泉」の従業員や栗原市観光アドバイザーで東京からきていた方、山形県から来ていた落石防止作業員、釣り人、岩手県一関市では家から飛び出しトラックにはねられた方、遠くは仙台で書棚の下敷きになった方、福島県いわきの海岸で釣りをしていた方など広範囲にわたり23名の方が犠牲になりました。

 仙台教会栗駒支部では、23名のお戒名を頂き毎年ご供養をさせて頂いてきました。13年目になる今年の6月11日は、はじめて「駒の湯温泉」にある供養塔の前でご供養をさせ頂きました。近藤教会長が導師を務め、15名の会員が参加してくださいました。
 天気に恵まれ、木立の木漏れ日がきらきらと降り注ぐ中、ご供養に合わせるかのように「エゾハルゼミ」一斉に鳴き出し、なんとも言われぬご供養でした。とても清々しく、ありがたい心境にならせていただきました。ありがとうございました。 

(栗原市在住 織江里枝)

決定2の決定

真心からのご供養を捧げる近藤雅則教会長

決定使用写真

決定3の決定

犠牲者の皆さんに「ご慰霊」の言葉を述べる織江さん(中央)

決定4の決定

 

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 東田さん 2回目 決定の決定
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…
  2. 2021.12 使用
    このページでは、庭野開祖の珠玉のことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます…
  3. 決定写真1
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る