👪声に出して褒めてあげる~それって大切ですね!(「私の認めて・ほめて・感謝する」第7回)

 私には小学4年生と1年生になる2人の男の子がいます。
 上の子はとても甘えん坊で、それが可愛くもあり、面倒なときもあります。お片づけが苦手で、自分の物を元に戻したり、ゴミを捨てたりすることが出来ないことが多いです。そのため、私は毎日、

「靴揃えてね」

「ランドセル片付けてね」

「ゲーム片付けて、ゴミ捨てて!」

としてくれないことを注意していました。そんな姿をみて、弟は、

「ママ、これしたよー!」

「ちゃんと片付けたよ!」

と私にアピールしてきます。私は、

「えらいね!すごいね!」

とたくさん褒めていました。
 今回、婦人部の同行教育を勉強させて頂いて、《認めて、褒めて、感謝する》ということを改めて考える時間を頂きました。
 私は上の子に認める、褒めるが出来ているだろうか?出来ていないことばかりに目を向けて、頑張っていること、出来たことをきちんと認めて褒めていたかな?上の子は本を読むのが大好きで、学校でもほんの少しの時間でも本を読んでいたり、自分の好きなことを調べたり、それを紙にまとめたり(ゲームの事ですが。。笑)真剣に取り組んでいます。そして弟にも誰に対しても本当に優しいお兄ちゃんです。
 出来ていないことには少しだけ目をつぶって、頑張ってることをきちんと褒めてあげるようにしました。弟に対する接し方にも、

「こんなに優しいお兄ちゃんいないよね。いつもありがとうね」

と感謝したり、学校のテストの結果が良かった時は、

「頑張ったね、すごいね!」

とたくさん褒めてあげました。
 そうすると、お兄ちゃんは恥ずかしそうに、

「まぁね」

と返事をして私の膝に乗ってたくさんお話をしてくれます。そんな嬉しそうな顔を見て私も嬉しく幸せになりました。《認めて、褒めて、感謝する》。 心の中で思うよりも、きちんと声に出して伝えることが、みんなを幸せにすることなんだなぁと、実感することができました。

 私も母になってまだ10年です。出来ないこともたくさんありますが、これからも子供たち、主人と一緒に成長していきたいと思います。

(K.A)

決定写真

兄弟二人、将来がとっても楽しみです💖💖💖

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 東田さん 2回目 決定の決定
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…
  2. 2021.12 使用
    このページでは、庭野開祖の珠玉のことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます…
  3. 決定写真1
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る