第1回「市民社会のためのリーダー養成塾」開塾!!

決定写真1

齋藤特別講師による講義「現代における学問のすすめ」

 本塾は市民社会からの要請に応えるべく、立正佼成会の庭野日敬開祖が提唱した『法華経』の真精神に基づく、“地域社会における平和活動の実践”をより力強く展開していくことのできる「人財」(=地域社会においてかけがえのない人材)を養成していくための塾です。
 塾生は、会社員、主婦、企業経営者といった15名、1年間を通して学びます。それぞれ、「地域でボランティア活動を始めたい」、「世の中のためになるNPO法人を立ち上げたい」、「まず自らが学び、その学びを地元の青年たちに伝えたい」といった「志」を持っての参加です。
 第1回の講義内容ならびに講義は以下の通りです。(講義順)

1.市民社会が求める宗教とは?  講師:近藤雅則(塾長、立正佼成会仙台教会長)

2.現代における「学問のすすめ」 講師:齋藤忠夫(特別講師、東北大学名誉教授)

3.人間としての生き方~松下幸之助師に学ぶ~ 講師:村井嘉浩(特別講師、宮城県知事)

4.困難を乗り越えていく力とは  講師:小宮位之(NPO法人 八王子つばめ塾 代表理事)

5.世のため、人のために、私たちができること 講師:新井 純(NPO法人 仙台支え愛サポートセンター 理事)

6.市民自らによる「よりよき社会づくり」の心と実践 講師:青木淳子(NPO法人 仙台夜まわりグループ 事務局次長)

 講義形式は、それぞれの講師の先生から講義を頂き、その後、講師を囲んでの質疑応答、座談会、そしてグループでのシェアリングと続いていきました。
 そして最後に、テーマ「私たちは世の中のために何ができるか?」というグループ討議をふまえて、《もし今、自分が地域でボランティアグループを立ち上げるとしたら?》という命題をもとに、それぞれが創意工夫をして自由に「地域ボランティア計画書」を作成し、提出する課題が提示され、第1回の塾が閉塾されました。

【塾生の感想(抜粋)
・人材育成とは、自他共に成長していくことと改めて受け止めさせて頂いた。
・宗教の存在について改めて考えることができた。深い内容なので、宗教の果たすべき役割も含めて、今後も心の中で自問自答していきたい。
(1.市民社会が求める宗教とは? より) 

・多様な物事を常に学び続けることの大切さ、必要性を教えて頂いた。
・「学問のすすめ」は、子どもたちへの学問のすすめだけでなく、大人の私自身に必要なことと思いました。
(2.現代における「学問のすすめ」より)

・松下幸之助さんの生き方として、「今日一日、素直でありたい」と毎日願うことに感銘した。
・リーダーとして一番大切なこと、それは「謙虚になること」。まず、謙虚な自分でありたいと思いました。
(3.人間としての生き方~松下幸之助師に学ぶ~より )

・自分が志を持って行動すれば、必ず理解者、協力者が現れる。まず自らの志をはっきり持つことの大切さを学んだ。
・自分自身がこれからさせて頂きたいことは、困難なことかもしれないが、“困難だからこそ、やる価値がある”と思えた。
(4.困難を乗り越えていく力とは より)

・世の中ため、人のために私ができることは、自分の生活する身近なところにたくさんあるのだと思った。
・身近な地域で必要としている人に今できることをさせて頂く。そのことが「はじめの一歩」だと感じた。
(5.世のため、人のために、私たちができること より)

・「できる人が、できる時に、できる事を」という活動が大切であり、またスタッフ自身の心に「楽しさ」が必要であると認識した。
・支援することで相手も幸せになり、そのことで自分も幸せになる。共に幸せになる‼とても素晴らしいことだと思います。
(6.市民自らによる「よりよき社会づくり」の心と実践 より)

決定6

自らの師である松下幸之助師のお人柄を熱く語る村井特別講師

DSCF0192-1

小宮講師を囲んでの質疑応答

DSCF0280-1-1

青木講師を囲んでの座談会

決定2

グループ別シェアリング

決定13

活発な意見が交わされたグループ別討議

 第2回は6月9日(土)〜10日(日)、東京杉並区の立正佼成会本部で開塾されます。

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る