“思い通りにしたい心“が苦の原因! 教会長 近藤雅則(平成30年5月)

5月 キャッチ画像 最終決定

NPO法人 仙台夜まわりグループの青木事務局次長さま(中央)、溝口相談員さま(向って左)と共に

 『佼成』5月号の会長法話は、「楽しく生きる」がテーマ。
 私たちは、誰もみな楽しく生きることを望んでいます。しかし、心から楽しんで生きている人はどのくらいいるでしょうか?そして、楽しく生きられるかどうかは何によって決まるのでしょうか?
 庭野日鑛会長は、天地自然の変化を素直に見て、それをありのままに受けとめていくこと。言わばものごとを正しく見る「正見」ができるかどうかで決まると教えられています。例えば、コップに水が半分入っている。これを見て「半分しか入っていない」と不満を感じる人と「半分入っている」と満足する人がいます。同じコップの水を見ているのに、何が違うのでしょうか。それは見方に他なりません。この見方によって、人生の楽と苦、幸と不幸が決まるのです。
 この見方の違いは、どこに元があるのでしょうか?それは、自分本位の見方であり、「なんでも自分の思う通りにしたい」という心です。この心が苦を生み出す根本原因と言ってもよいでしょう。この心を何とかしない限り、どんなに相手や環境を変えようとしても、苦悩はなくならないのです。

 では、どうしたらその心を治すことができるのでしょうか?私たちの頭(心)の中は、ほぼ100%自分のことばかりです。そこにわずかでも自分以外のことを入れる隙間を作ることです。例えば、他人や世の中のために奉仕する。仏教では、それを布施行と言います。布施行によって、自己中心の心が減少し、その分だけ、ものごとがありのままに正しく見えるようになれるのです。
 布施行とは、体を使って行う身施:しんせ、財産を施す財施:ざいせ、役立つ情報・知恵を伝える法施:ほうせがあります。最高の法施は、言うまでもなく、正しい真理の教えを伝えることです。
 財産もなく、体も弱く、何もできないと思う人でも「無財の七施」というものがあります。眼施:げんせ(やさしいまなざし)、和顔悦色施:わげんえつじきせ(にこやかなえがお)、言辞施:ごじせ(やしいことば)、身施:しんせ(体で行う善行)、心施:しんせ(他に心をくばる)、床座施:しょうざせ(席や場所を譲る)、房舎施:ぼうじゃせ(家を提供する)です。大切なのは、人のために何かさせていただこうという心です。
 そして重要なことは、すべての人が“誰かのために役立ちたい”、“人に喜んでもらいたい”という心を必ず持っているということです。

 最後にもう一つ楽しく生きる極意。それは主体的、自発的に生きていくことです。他から言われてしぶしぶ動くというような受け身の生き方では、楽しさを味わうことは絶対できません。主体的、自発的に動くには勇気が必要です。失敗を恐れず、“まずはやってみよう”この精神で動いてみましょう。

合 掌

 平成30年5月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

DSCF5492

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る