💎 庭野日敬開祖「一日一言」~毎日のことば~(令和4年11月)

DSCF3707

 11月15日は、庭野日敬開祖のお誕生日を迎えます。今月も庭野開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます。今月は「庭野開祖の信仰」がテーマです。

【11月30日 大衆威神力(だいしゅいじんりき)】
「大衆威神力(だいしゅいじんりき)」という言葉があるそうです。威神力とは神さまや仏さまの、素晴らしい力を指したものですが、ひとりの人間には、もちろんそんな力はありません。しかし、大衆が集まると、世界を救う神仏にも似た力が出てくるというのです。ですから、大衆の持つ力をいい方向へふり向けていけば、威神力を現わすことができるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月29日 私たちの役割】
 仏教徒が果たすべき役割は、世界中の人々に仏さまのみ教えを知っていただくために努力することです。(『庭野日敬法話選集』より)
 

【11月28日 仙台教会発足記念日 法華経とは】
 法華経はあらゆる宗教がその効果を失うような時代、末法濁悪(まっぽうじょくあく)の時代になって弘まるとして遺された秘密の法と言われるものであり、お釈迦さまの出世本懐の経典であります。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月27日 法華経に示された道】
 法華経の内容について、難しい言葉で言えば、非常に難解なことになりますが、一言にして言えば「人間がどうしても守らなければならない道」であります。この道を守って行じていけば、どなたであっても幸福になる、という道であります。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月26日 広い世界に関心を】
 なぜ、より広い世界に関心を持つことが、より程度の高い人間であることを意味するか言いますと、関心が広くなればなるほど、自分自身に対する関心が薄くなるからです。いわゆる〈我〉を捨てる度合いが高くなるからです。(『躍進』より)

【11月25日 仏教の功徳】
 仏教の功徳は、人が行じてくれてそれを自分に与えてくれる、というようなものではありません。自分自身が行ずるか行じないかによって、その人の分が決まってくるのであります。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月24日 円満な人間】
 日々夜々に現われてくるすべての事柄をいつも善意に解釈し、そして角を立てずに丸く考えていくことができるようになると、その人はもうだれから見ても円満そのものの人間です。心の中が円満になると顔も円満になってきますから、他人が一目見ただけでもその円満さがわかるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月23日 生業を営みながら】
 在家仏教はクワを持つものはクワを持ちつつ、商業に従事するものは商業に従事しつつ、会社員は会社の仕事をしつつ、学生は勉強をしつつ、家庭の主婦は家庭をおさめつつ、おのおのの生活を菩薩の精神で浄化しながら、できるだけの余暇を正法の流布というお役にはげむところに意義があるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月22日 “迷えば凡夫・悟れば仏”】
“迷えば凡夫・悟れば仏”と申しますが、私どもは、だれもが仏になれる可能性を持っています。しかし、そうは言いましても愚かな私どもは、怒りを持ち、欲張りの心を持ち、いわゆる貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)というさまざまの悪い根性を持っていますから、とうてい仏さまに縁がないように思うのですが、仏さまはこういう業障(ごうしょう)の私達を“わが子である”と言ってくださって、ふところに抱き込んでくださるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月21日 立正佼成会の出発点】
 私どもは、お題目を唱えて先祖を拝んでいればそれでよいというような、そんな安易な信仰ではもの足りないのです。どこまでも、法華経の内容をひとりひとりが行じて、人格の完成をめざして精進するのでなければ、本当の菩薩行をやるのでなければ、意味がないと考えるのです。
 こころのところに立正佼成会の出発があったわけであります。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月20日 慈悲心】
 慈悲心についてはいろいろに解釈されていますが、一番わかりやすく言うと、それは〈抜苦与楽〉の四文字に尽きます。苦をなくしてあげると同時に楽をあたえてあげる。この二つのことが、仏教徒として一番たいせつであって、人さまを導くことも抜苦与楽の菩薩行にほかならないのであります。(『庭野日敬法話選集』より) 

【11月19日 仏教徒とは】
 仏さまのお言葉に、「三界は 皆是(こ)れ我が有(う)なり 其(そ)の中の衆生は 悉(ことごと)く是(こ)れ吾が子なり」とありますように、三界はすべて仏さまのものであり、草木から虫けらに至るまですべていのちをいただいているのです。その大調和の中に、私どもは素晴らしい毎日を送らせていただいている、というのが仏教徒の考え方であります。(『庭野日敬法話選集』より) 

【11月18日 すべては因縁によって】
 私ども仏教徒は、生きていること自体、仏さまのいのちをいただいて、一つの仏果を頂戴しているという考え方でおります。すべては因縁によって結ばれているのです。その因縁をお互いに大切にしなければならないということです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月17日 人類はみな一つ】 
 私達人間は、「一切衆生悉有仏性」とお釈迦さまが言われたように、すべての人が仏性を持っているのですから、だれの心の色も変わりはないわけです。この根本理から、“人類はみな一つ”という言葉が出てくるのです。そう考えると、だれもが、これはお互い同士、調和していかなければならないんだな、と気づくはずです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月16日 仏法はむずかしくない】
 むずかしくないんだよ。むずかしくしていくから、むずかしいんでね。本当に、自分の良心に問うてみて、恥ずかしくないことをいつでもやっていれば、それが仏法なんだよ。みんな仏性をもってるんだから。良心を持ってるんだから(『庭野日敬法話選集』より)

【11月15日 庭野開祖生誕日 常に此に住して法を説く】
 本仏の実在を素直に信じ、柔輭(にゅうなん)な心になり、一心に本仏を恋慕渇仰して身命を惜しまず、教えのごとく実践すれば、いつでも本仏は姿を現して法を説いてくださいます。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月14日 下がる心】
 立正佼成会で、〈下がる心〉ということを言いますのも、人さまを軽く見ることをしないで、自分の方から下がる心を持とうというわけです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月13日 あいさつ】
 私ともが「おはようございます」「ご苦労さまです」「日々有り難うございます」と言葉をかわすときお互いに合掌し合っておりますのも、だれもが内心に持っている仏性を完全に磨き出すためであります。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月12日 お当番修行】
 掃除ひとつにしましても、お当番の人は、ここは皆さんが心のさびを落としにくる道場だから、ということできれいにする。そのさびをいつもみんなで取り続けていこう、と心がけ合うわけです。これが修行の一番たいせつなところです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月11日 自覚 覚他】
 悟りを得た人は、自分で自覚するだけではなく、その目覚めをほかの人々に伝えてこそ“真の自覚”であります。お釈迦さまもそのために五十年間にわたって説法を続けられ、実践を重ねられました。(『庭野日敬法話選集』より) 

【11月10日 お導き】
 お導きほど功徳のあるものはありません。お導きとは、仏さまの分身をつくることなのです。み教えによて救われた自分から、またひとり、またひとりと、人々の心の中にある仏性を発現して、「自分は仏の子である」と自覚した人をふやしていくのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月9日 転法輪】
 仏教では教えを説き弘めるということを“転法輪”と言いますが、法座はその転法輪の最も象徴的な場です。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月8日 すべてはわが子】
 一切衆生は本仏のいとし子です。

【11月7日 仏性礼拝】
 相手の人格を礼拝する心になったときはじめて、あなたの法を説く言葉がそのまま仏さまの言葉として相手の心に染み込んでいくのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月6日 信ずること】
 真理が本当に理解でき、教えが真底から会得できてこそ、はじめて揺るぎない〈信〉が生まれるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月5日 求道】
 道を求めてやまない……その心意気で精進していけば、知らず知らずのうちに『法華経』のありがたさがわかってくるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月4日 信心】
 仏教でいう信仰は、ただ信ずるというのではなく、真理にめざめて信ずるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月3日 転迷開悟】
 その場その場において、真剣にものごとを見、考え、全力を注いでぶつかってゆきますと、いつかは真理がパッと見えてくるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【11月2日 六つの誓い】
 一、これかは、けっしてうそをつくまい。
一、力いっぱい働こう。
一、人のいやがることでも進んでやる。
一、他人と争わず、ひどい目に遭っても、神仏のおぼしめしと思って辛抱する。
一、人が見ていようといまいと、陰日向なく働く。
一、つまらない仕事も、引き受けた以上は最善を尽くす。
(庭野開祖が十七歳の時、初めて上京する際の夜行列車での誓い。『躍進』より)

【11月1日 大恩】
 人間が生きているということは、大恩なのです。たくさんの恩を受けて生かさせているのです。(『庭野日敬法話選集』より)

曼荼羅華

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022 10 使用
    今月も庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます。今…
  2. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  3. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…

一食を捧げる

  1. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  2. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  3. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…

関連リンク

ページ上部へ戻る