💎 庭野日敬開祖「一日一言」~毎日のことば~(令和4年12月)

DSC_0002

世界の宗教者と平和に向けて対話する庭野開祖

令和四年も「師走」を迎えました。今月も庭野開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます。今月は「庭野開祖の信仰と平和観」がテーマです。

【12月31日 大晦日 菩薩行とは】
 菩薩行とはー、
  現実の生活から離れることなく、
  この汚濁に満ちた世界に生きながら、
  自分にも他のすべての人にも、
  必ず内在している仏性を発見し、発掘し、
  その実相を見つめることによって、
  みずからも真実に目ざめるとともに、
  他のすべての人も同じ境地に達するように手を差し伸べ、
  この世に理想社会を現出させてよう。

 このような大目的のために行ずる、すべての行為を菩薩行と言います。これこそが最も基本的な平和活動である、と私は確信しているのです。(『平和への道』)

【12月30日 一年の計、十年の計、終身の計】
 古人は「一年の計は穀を樹(う)うるに如(し)くは莫(な)し。十年の計は木を樹(う)うるに如(し)くは莫(な)し。終身の計は人を樹(う)うるに如(し)くは莫(な)し」という言葉を遺しています。まず生きるためには穀がなにより大切です。次に治水や住居のために樹を植える大切さも分かります。そして一生の大事業は人を育て、徳を積んでこそ成し遂げられます。これは今日でも不易(ふえき)の心得でありましょう。私たちも、心の中の貪り、怒り、愚痴(ぐち)の雑草を抜き取り、人材を育て、功徳の種子を人びとの心にまくことを心がけたいものです。(『開祖随感』より)

【12月29日 ありがたい、ありがたい】
 なんでも善い面だけを見ようとする人は、人間がどんどん大きくなっていって、それで、まわりの人まで豊かな気持ちにしてしまいます。それに対して悪い面ばかりを見てしまう人は、まわりから学ぼうとする気持ちがまるでありません。ですから心がどんどんやせていく一方で、当然、周囲の人を豊かな気持ちになどできるわけがないのです。
 いつでも、どんなことに対しても、「ありがたい、ありがたい」と心の底から言っている人のそばにいると、こちらもいつのまにかありがたくなってくるのです。(『開祖随感』より)

【12月28日 自分は志願して生まれてきた】
「自分は志願してこの世に生まれたのだ!頼まれて生まれてきたのでも、無目的に生れてきたのでもない」という、このことをハッキリと知れば、生きる目的がビシッと定まってきます。精神的姿勢がシャンとしてくるのです。(『躍進』昭和53年7月号より)

【12月27日 蓮華の水に在るが如く】
 会員の皆さん、まずあなた自身が立派な信仰者となることです。そして、家庭に、職場に、地域社会に、あなたがいる場所において、あたかも、「蓮華の水に在るが如く」美しい輝きと香りを放つ人物となることです。あなた自身が世間を照らす燈火(ともしび)となることです。(『佼成』昭和45年3月号より)

【12月26日 宗教協力】
 この法華経の教えにのっとれば、宗教・宗派が異なって、たがいに協力しあって、すべての人を仏の境地、真の救いに導くために力をあわせる宗教協力ができないはずがない。それこそが宗教の大道である、というのが私のゆぎない信念であった。(『この道』より)

【12月25日 和の心】
 お釈迦さまの教えによると、この世の中のことは、すべてお互いに寄り合い、助け合いの縁につながるものであるということなのです。私ども仏教徒は、お釈迦さまのこのような教えを信じ、人と争わない和の心を保ち、決して、一方に偏した考え方をしあにように、みずから戒めているのです。聖徳太子の有名な十七条の憲法の冒頭にも“和を以て貴しと為し 忤(さから)うことなきを宗となす”とあることは、皆さんもよくご承知のとおりです。(『佼成』昭和35年8月号より)

【12月24日 平和への思い】
 芭蕉の句に「春立や新年ふるき米五升」というのがあります。「貧しい暮らしの新年だけれども、瓢(ふくべ)の中には旧年、人が入れてくれた米が五升もつまっている」という、安らかで豊かな気持ちです。「五升しかない」というのと、「五升もある」と考えるのとでは、あるのは同じ五升でも、心持ちとしては天地ほどの違いがあります。(『佼成』昭和47年1月号より)

【12月23日 常不軽菩薩のように】
 現在の会員の皆さんは、理念の上ではより広大な世界平和の先兵としての自覚を持っておられますが、行動の上ではどうか初心に立ち返って常不軽菩薩のよう忍耐強い無償の行為に徹しきっていただきたいのであります。
 そのような行為によって、ほんとうの仏教精神をひとりでも多くの人に知らせ、味わってもらえるように努力していただきたいと思います。(『躍進』昭和46年1月号より)

【12月22日 私どもが目ざす家庭】
 仏教の究極の目的は、全人類を幸せにし、全世界を平和境と化するところにあるわけですが、そのためには、まず、人の心から変えていくことが大事であります。それゆえ、何よりも第一に、自分自身の人格の向上に努めると同時に、自分の家庭を立派な、平和な家庭にするように、努力していくことであります。家庭は、社会の一番の小さなヒナ型であります。私どもが目ざす家庭は、仏教の真理に基づく、和合と光明の小世界であります。(『心に種をまく』)

【12月21日 立正佼成会の最終目標】
「立正佼成会の最終目標とする所は何ですか」……よく外部の人からこういう質問をされます。それに対して、私は躊躇なく「この世を寂光土(じゃっこうど)にすることです」と答えます。しかし、寂光土という仏教語は、わかる人にはわかるのですが、ともすれば、誤解を招くおそれもありますので、その代わり「完全な平和の世界」という言葉を使うこともあります。(『躍進』昭和44年12月号)

【12月20日 私の世界平和への取り組み】
 自分独りが救われるか救われないかといった狭い問題領域を超えて、仏さまの教えに率先して身を捧げていこう、という大慈悲心を持った人々の集まりを、この社会の中につくりあげていったなら、世界平和は一遍に訪れることになるわけです。
 このような次第で、私は世界平和という問題に取り組んでいるのであります。(『求道』昭和46年2月)

【12月19日 苦諦に込められた真実】
 宇宙の根源の大生命、すなわち仏は完全な存在です。しかし、それが目に見える現象となって顕現する場合は、不完全な相(すがた)をとります。なぜならば、現象は実相そのものではなく、仮の相だからです。われわれ人間も、人間が造っている社会も、仮の相だから不完全です。したがって、常に苦痛に満ちています。お釈迦さまが説かれた苦諦も、その真実を喝破(かっぱ)されているわけです。(『佼成』増刊号 昭和49年7月号)
【12月18日 すべてを生かして】
 今こそ、われわれは「人間だけが幸福になればいい……」という視野の狭い、目先だけの、自分かってな考え方をやめて、「大自然とともに生きる」「すべてを生かして自分も生きる」という法華経の精神に立ち返らなければなりません。まことに急を要する一大事なのです。(『平和への道』より)

【12月17日 仏性開顕とは】
 仏性を開顕するとはどんなことでしょうか。これまでに私はいろいろさまざまな説き方をしてきましたが、ここで、ズバリその究極を言いましょう。それは、「生まれ変わる」ということです。もちろん、この場合の生まれ変わりとは、心の生まれ変わりのことです。回心(えしん)です。つまり「永遠のいのちに生きる自覚を得る」ということです。(『佼成』昭和50年5月号より)

【12月16日 調和と進歩】
 現実の世の中を眺めてみますと、理想的な調和は、ある場所の、ある人達の、ある時期には見ることができるのですが、地球上全体の人間が常にこのような理想的な調和をつくり出すことは、ほとんど不可能のように思われます。どこを見ても破調だらけのように見えます。ところが、考え方によっては、この破調が実は進歩の道程だと言うことができるのです。(中略)
 多数の人が遅々たる歩みをしているとき、あるいは逆行の歩みをしているとき、ある少数の人達が、きわだってすぐれた働きをすれば、全体との調和が一時破れます。そのようなとき、多数の人達を引き上げることによって、より高い調和へ持っていけば、それが進歩というものになります。
 このように、〈低い調和→より高いものの出現による調和の破れ→全体の向上による新しい調和〉という運動を繰り返していくところに、人類の進歩があります。(『仏教のいのち法華経』より)

【12月15日 お釈迦さまはなぜお生まれになったのか】
 〈どうにもならなくなったら、道が開ける。絶対必要なものは、必ず生ずる〉、これが宇宙の法則です。お釈迦さまの出世・成道も、その法則によって実現したわけです。お釈迦さまがこの世にお生まれになったのは、決して偶然ではありません。全人類がそれを必要としたために、宇宙法がそこに出現させたのです。言い換えれば、宇宙の大生命が人間の姿をとって出現したのです。(『新釈法華三部経』より)

【12月14日 ほんとうの安らぎ】
 人間が求めるほんとうの安らぎとは、どんなものでしょうか。それは、動きの中にある調和であります。ある人の創造のはたらきが、周りの人々の創造のはたらきとの間に醸し出すハーモニーであり、ちょうどオーケストラのよさにたとえることができましょう。幾つかの楽器が、音色の違った、高低の違った、また強弱の違った音を同時に出して、それがピタリと調和している時、、それを聞く者は言うに言われぬ快さを覚えます。あの調和の快さのようなものが、人間の求める真の安らぎです。(『仏教のいのち法華経』より)

【12月13日 日本人の真の生きがい】
 私は、日本および日本人の真の生きがいは世界平和のために尽くすところにあると確信しています。では、具体的に、どんなことをすればいいのでしょうか?
 人それぞれの立ち場でやることが違ってくるのはもちろんですが、最高・最深の平和の教えである法華経を信奉するわれわれとしては、まず第一に、この教えをできるかぎり多くの人に知ってもらうことです。
 そうすることによって、ほんとうに救われた人、すなわち「平和の人」を日本中に充満させることです。(『躍進』昭和47年1月号より)

【12月12日 平等大慧(びょうどうだいえ)】
 宗教は、人間の視野を、小さな自己中心の世界から全人類的な世界へ広げさせるものです。もっと厳密にいえば、宇宙全体へ広げさせます。法華経の説法会(せっぽうえ)に、天上の神々から地に潜む竜神まで、三千大千世界の生きとし生けるものが参集した、とありますが、これは全宇宙的なものの考え方の象徴にほかなりません。法華経の信奉者である皆さんは、宇宙船にこそ乗らないけれども、宇宙的視野から地球をながめ、人類を見ることができるのです。それがすなわち平等大慧にほかならないのであります。(『佼成』昭和45年12月号)

【12月11日 全宗教の本質は一つ】
 立正佼成会が所依の経典としている法華経というものは、最高最尊の経典であると言われておりますが、それは他の一切経が劣るものであるとして無視せよ、という教えではないのです。それは一切経の根本義は一つであるという見地に立つものであり、諸経に説かれた仏さまの教えを真に生かすものであるというところに、法華経の価値があるのです。
 この法華経を理解すれば、仏教にとどまらず、全宗教はその本質において一つであり、一つに帰するのがほんとうであるという確信に到達するはずです。(『佼成』昭和39年6月号より)

【12月10日 真の意味の一仏乗】
 われわれはどこまでも仏法という大きなものさしで世の中を見、立て直していこうとしているのです。また、仏法そのものをも小乗とか、大乗とか、仏説とか、非仏説とか言うような、小さなものさしで分別するものでもありません。もっとおおらかに現実に世の浄化・向上に役立つ教えであるならば、大乗・小乗にかかわらず、あるいは他教の教えであろうと、その他の賢人・聖人の言説であろうと、ドシドシそれを用います。それが真の意味の一仏乗であると信じるからであります。(『躍進』昭和41年6月号より)

【12月9日 お役とは】
「お役」の役は役員の役でありますが、“益(やく)とは成仏”の益は成仏することが一番のご利益だという意味の“益(やく)”であります。この“益”とは、大利という字を省略してありますが、仏教を行ずる者の到達点としての最後の大利益(だいりやく)、最大の功徳であります。このような意味からすれば「お役を果たすことによって成仏に近づく」ということがありうるわけです。そこで、皆さんはよく「役とは成仏」という言葉を使いたがりますが、これには「益とは成仏」という大きな意味が込められているので、本来は“益”と書くのが正しいのです。このような意味がちゃんとわかって、成仏の大利益がいただけるよう“役”に励むということであれば結構なことだと思います。(『庭野日敬法話選集』より)

【12月8日 釈尊成道会 本来の人間性をありのままに】
 お釈迦さまは、決して欲望そのものを否定してはいらっしゃいません。欲望は本能であり、善悪の対象となる以前のものであるとされ、その本能が人間の心に働きかけ、心がそれにつきあげられて、過度な動きをするようになったとき、初めて苦や悩みや不幸の原因となる……と説かれているのです。
 その過度な動きを、貪欲・渇愛といった言葉で表現され、「人間は自分の欲望が貪欲・渇愛にまで暴走してしまわぬよう、ほどよく調御(ちょうぎょ)しなければならぬ」と教えられているのであって、本能である欲望まで否定せよ、とはおっしゃっていないのです。ですから、仏教は決して人間性無視の教えではなく、むしろ、本来の人間性をありのままに、正しく保つための教えであると断じていいと思います。(『躍進』昭和42年9月号より)

【12月7日 法華経の平和思想】
 私の一生を決定したのは、青年時代に法華経に遇い得たことでありました。前半生において、私は法華経信仰の普及に明け暮れました。後半生に至って、その活動に社会性の色を濃くし、世界的なひろがりを加えるようになりました。
 会員の皆さんの中には、近年、私が平和運動に本腰を入れるようになったことに、ある戸惑いをおぼえている人があるかもしれません。そういう人達のために、ぜひ一言したいことは、法華経こそは世界平和・人類救済の教えであって、私が前半生に布教に専念したのも、後半生に平和活動に献身するようになったのも、意義において、ぜんぜん変わるところはなく、法華経行者として当然の成り行きであるということです。(『平和への道』より)

【12月6日 「空」と「久遠実成の本仏」】
 〈空〉というのは、「宇宙の万物万象をつくっている、ただ一つの実在」であって、科学的に言えば、「すべての現象をつくり現わす根元のエネルギー」であり、宗教的に言えば、「宇宙の万物を貫く大生命(久遠実成の本仏)」です。(中略)
 すべてのものの本体が一つである、ということになれば、見かけは別々な存在としか思えない地球上三十数億の人間が、その実相においては一体の存在だ、ということが考えられませんか……。当然そういうことになるでしょう。
 そして、そのことを心の底から悟ることができたら、「人間は、みんな兄弟姉妹なのだ」という友愛の感情がシミジミとわいてきて、ともに手を握り合い、肩を組み合っていこう、という思いで、胸の中が、何とも言えぬ温かさと明るさに充ち満ちてくるのを覚えることでしょう。(『平和への道』より) 

【12月5日 自分の生命とは】
 私たち信仰者は、自分の生命は自分だけのものという考えでなく、有情(うじょう)のもの一切の生命にも通ずるものであると感じなくてはなりません。言葉を換えているならば、路傍の草木にも生命を感じ、それに対して深い恩を感ずるのです。これは万物に対する報恩感謝の気持ちであり、しかも、その報恩感謝が、私どもの日々の生活のうちに、自然に現われて行為に示されてこそ、正しい信仰、正しい宗教の意義があると思います。(『佼成新聞』昭和44年より)

【12月4日 信仰の第一】
 信仰の第一は、どんな場合でも、どんなことが起こっても、円満な相をぐずさない、どのようなことをしむけられても争いを起こさないという、大きな包容力をもった心がまえがたいせつなのです。(中略)
 また、近所の人たちに対しても、いつもニコニコと腹の底から温かい笑顔で接するようにして「あの人がこんなに変わった」といわれるようになれば、立正佼成会の教えというものを、口で話さなくても、自然にわかっていただけるのです。(『佼成新聞』昭和50年より)

【12月3日 恩師・新井助信先生】
 新井助信先生という先生、この先生に出会わなかったら、私はおそらく宗教者にならなかったろうと思います。この新井先生は霊友会の支部長だった人ですが、いろいろ信仰遍歴をした私が、新井先生の法華経の講義を聞いたとき、夢からさめたように心の目が開かれたのです。こんなすばらしい教えがこの世にあったのか、これこそ私が求めていたものだ、と飛び上がらんばかりに歓喜しました。そこで、この法華経を、どうしても多くの人に伝えなけばと決心して、真剣に布教を始めたのです。ですから、新井先生にお会いしなかったら、私は、平凡な漬物屋かなにかで、一生を送ったと思います。(『佼成新聞』昭和44年より)

【12月2日 菩薩行にささげて】
 《法華経》に触れて、私は目がハッキリしてきた。心がしんそこから勇み立ってきた。いままでは、人助けといっても面白半分にやっていたのだが、もはや真剣にならざるをえなかった。
 人を救い、世の中に奉仕する〈菩薩行〉の実践こそ仏道の神髄であるという教えも、在家のまま救い救われるというゆき方も、私の気持にピッタリだった。もはや、商売にも精を出し、その余暇にお導きをするという生温(なまぬる)さでは、内から湧き上がってくる勇猛心が承知しなくなった。(『無限への旅』より)

【12月1日 法華経との出会い】
 
修験道の加持祈祷でもは百発百中ではない。治らない人もいる。たとえ病気は治っても、その人の深い悩み、心の傷といったものは治らない。しかも、やっている本人にもわけのわからない〈霊能〉というものが、どうしても納得できない。どこかに、人間という人間一人残らず救えるような法則はないものだろうか。
 私は、つねに漠然とそういうものを求めていたのであった。ところが、《法華経》の講義を聞き進んでゆくと、これこそまさしく自分が求めていたものだということがはっきりしてきた。どこをどう突いてみても、兎(う)の毛ほどの隙(すき)もない。しかも広大無辺、世界じゅうの人間を一人残らず救いとる完全無欠の網である。まったく大きな驚きだった。切れば血の出るような新鮮な感動だった。(『庭野日敬自伝』より)

*昭和10年、庭野開祖29歳。生涯の恩師となった霊友会の新井助信先生から法華経の講義を受ける。

DSCF3736

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま(2023.11 HP)
    11月は庭野開祖の誕生月です(生誕日15日)。庭野開祖が帰依した『法華経』に基づく「久遠のご本仏さま…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  2. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  3. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…

関連リンク

ページ上部へ戻る