💎 庭野日敬開祖「一日一言」~毎日のことば~(令和5年10月)

2021-55

 10月も『法華経』を所依(しょえ)の経典とする立正佼成会の本尊である「久遠の本仏さま(本仏釈尊)」について、庭野開祖のおことばを「一日一言」の形式でご紹介します。

【10月31日 仏性の本質】
 仏性というもののギリギリの本質は、宇宙の究極の実在であります。人間を含む万物の根源である大生命であります。(『庭野日敬法話選集』より)

【10月30日 ともに働いてくださっている】
 自分のこれまでをふり返って、特別な苦労や、とりわけ大変なことがあったとは思わない。神仏は、どこにおられるかではなくて、働きであろう。私たちが利他のために働くならば、そこに神仏は必ずおられて、ともに働いてくださるのがはっきりと信じられるようになるのである。私はそう信じて、これまで歩んできた。(『この道』より)

【10月29日 すべての人に仏性礼拝】
 人間関係の出発点は、相手も自分と同じ喜びや悲しみ、願いを持って生きているのを知ることです。法華経の常不軽菩薩の仏性礼拝行も、それを心に刻みつける行といえましょう。コンピューター化が進めば進むほど、すべての人に仏性礼拝が欠かせないものになってくると思うのです。(『開祖随感』より)

【10月28日 本仏の姿、説法】
 本仏を信じてその教えを実践しようとする人は、見聞すること経験することのすべての中に、本仏の姿を見、その説法を聞くことができるのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【10月27日 人生にむだはない】
 苦しみにぶつかったときに、「仏さまが、この苦しみを通して同じ苦しみにある人たちを救う力を与えてくださるのだ」と受け止められるようになると、力が内からわき上がってきます。その力が道を開いていくのです。
「無用の用こそ大切」といいます。人生でぶつかるさまざまな苦しみ、むだな回り道と思えることも、すべて将来に生きていくのです。(『開祖随感』より)

【10月26日 花開く時 蝶来(きた)り】
 良寛さんの漢詩に「花開く時蝶来り、蝶来る時花開く」と読む対句があります。自然のありのままの姿を見れば、花のいのちと蝶のいのちは互いに呼びかけ合って、一つに通い合っているのです。
 仏さまと私たちの関係も、これと同じことでしょう。仏さまは常に私たちに大慈悲心をそそいでくださっているのですが、それを知らないままに過ごす人もいます。いまの人たちは、何でも自分の意思で行動しているように思いがちですが、じつは、仏さまの大きな力にうながされているのです。(『我汝を軽しめず』より)

【10月25日 法華経を行ずるには】
 法華経を行ずるには、久遠実成の本仏が自分に生きていなければだめです。自分のやっていることは、本仏がさせてくださっているのだ。本仏は私を生かしてくださっている。生かされている以上、本仏の本願にかなったことをさせてもらわなくてはならない―そういう気持ち、自信が大切なのです。(『庭野日敬法話選集』より)

【10月24日 仏さまはけっして見放さない】
 過去も現在も未来も、仏さまは一貫して、わたしたちのそばについていてくださるとのことです。仏さまは「常に此(ここ)に住して法を説く」とおっしゃっているのです。仏さまから見放されたような気持ちになる人もいるでしょうが、仏さまは、けっしてわたしたちを見放すことはないのです。(『笑顔のさきに「常住此説法」』より)

【10月23日 お任せ】
 天に任せる、神に任せる、仏に任せる…といえば、現代の人は、「自分以外のものに任せるとは卑怯な態度ではないのか。無責任ではないのか」といいたがります。(中略)なにも自分以外の相対的な存在に任せるのではありません。この宇宙をつくり、この宇宙を動かしている絶対な生命・絶対な理法に任せるのならば、自分自身もその生命・その理法のなかにいるのですから、けっして他のなにものかに任せているのではないのです。(『人間への復帰』より)

dc111588

【10月22日 修 行】
 修行には、“善いことを、心をこめて、繰り返す”という三要素が絶対に必要で、その一つでも欠けたら修行とはいえません。(中略)
 そうしていると、必ず「自分は仏さまの大いなるいのちに生かされているのだ」という信念が、次第次第に心に定着していきます。それでもまだアヤフヤだと感ずる人は、事あるごとに、おりに触れて「自分は仏さまの大いなるいのちに生かされているのだ」と心の中に唱えなさい。一日に十遍でも、百遍でも、思い出すごとに唱えるのです。(『躍進』より)

【10月21日 衆生本来仏なり】
 「衆生本来仏なり」、私たちはみな仏さまの子ども同士です。そのことを本当に自覚できると、毎日がガラリと変わってしまうのです。
 仏である自分が我を出して、欲ばったり、怠けたり、愚痴をこぼしたり、人を恨んだりしてはいられません。「なにか、人さまに喜んでもらえることをさせてもらわなくては」という心が、ふつふつとわいてきます。(『開祖随感』より)

【10月20日 生かされている悦び】
 生かされている悦びと感謝は、共に生かされている人間仲間と、すべての生物・無生物に向けられねばなりません。多くの人がこの悦びと感謝に徹してこそ、人間社会に真の平和がもたらされるのです。たんなる理論や主張だけでは、とうてい平和などやってくるものではありません。また、多くの人がこの悦びと感謝に徹してこそ、人間と自然との共存関係も回復できるのです。(『佼成』より)

【10月19日 いつも、いらっしゃる】
 『経典』に「常に此(ここ)に住して法を説く」というお言葉があります。仏さまは「私は、仏の悟りを得てからずっと真理の教えを説いて無数の人を仏道に導いてきた。私は、いつもこの世界で法を説き続けているのだよ」とおっしゃられているのです。この仏さまのお言葉を信じるところから信仰は出発します。(『開祖随感』より)

【10月18日 「救い」とは】
 救いというものは、われわれと、いついかなるときでも共にいてくださる久遠実成の本仏を自覚するところにこそあるのです。自分はその本仏に生かされているのだということを、心の底から確かに悟るところにあるのです。
 その確固たる自覚ができてこそ、はじめてほんとうの心の安らぎが得られる。と同時に、いうことなすことがひとりでに本仏のみ心と一致してくる。そこに周囲との調和も生まれる。その調和の世界がだんだん周囲へおしひろがっていくにつれて、そこの所が寂光土(理想社会)になっていくわけです。(『法華経の新しい解釈』より)

【10月17日 すべての出発点】
 仏教のほんとうの生命(いのち)というのは何かといえば、「一切衆生悉有仏性(すべての衆生に、仏性がある)」ということを、しん底から悟ることにほかなりません。すべては、そこから出発するのです。(『法華経の新しい解釈』より)

【10月16日 最も有り難い教え】
 「久遠実成(くおんじつじょう)の本仏は常にこの宇宙に満ち満ちておられ、すべての存在はその分身であるから、どんな不幸に陥(おちい)っている人でも、自分は仏の子である。久遠の本仏に生かされているのだ、ということを思い出しさえすれば、仏の生かす力はよどみなくその人の心身に流れ込み、必ず幸せを得ることができるのだ」という真実を、ご成道四十余年にして初めてお説きになったのです。ここが、法華経の最も有り難いところです。
 この真実は、普通の人間にとってはこの上もない救いです。「仏さまに生かされている」と強く、深く信じただけで、何とも言えぬ大安心が胸を満たし、生きる勇気が猛然と湧き上がってくるからです。(『佼成』より)

【10月15日 理想の境地に向かって】
 真理はひとつであり、本仏はいつでも、どこにでもおられます。われわれすべての人間がその真理を悟り、行じ、そして久遠の本仏と一体であるという実感をまざまざと得ることができるならば、まさに宇宙全体がひとつの仏国土となるのです。その理想の境地にむかって、一歩一歩着実にすすんでゆきたいものです。(『新釈法華三部経』より)

【10月14日 仏性も無限】
 仏の寿命が無限であるということは、とりもなおさずわれわれの本質である仏性が無限であるということにほかなりません。ですから、仏の寿命の無限を知ることによって、われわれは自分たちの仏性の無限を知ることができて、かぎりない希望と、光明と、勇気とを得ることができるのです。(『法華経の新しい解釈』より)

【10月13日 絶対、無限の存在】
 われわれが離れようとしても離れられないもの、われわれを生かしてくださる大本の法・根源の法が、仏さまなのですから、仏さまこそ絶対であり、無限なのです。絶対であり、無限であればこそ、全身全霊を投げだして信じ、頼りにし、お任せすることができるのです。このことを、しっかりとわきまえていなければなりません。『新釈法華三部経』より)

【10月12日 仏さまのみ心にかなうように】
 現実の問題として、この〈仏さまのみ心にかなう〉ということは、ひじょうにたいせつな日常生活の規範だとおもいます。(中略)
 仏とはつまり天地の真理ですから、仏さまのみ心にかなうということは、天地の真理に合致するということです。ですから、まちがいのあるはずがないのです。まちがいのありようがないのです。(『新釈法華三部経』より)

【10月11日 「信」の力の偉大さ】
 信仰というのは理屈ではありません。心と実践の問題です。純粋な心で仏さまの大慈悲へ直入してしまうことです。そうしますと、その瞬間に宇宙の大生命ともいうべき本仏さまと溶け合い一体となる心境になれます。まことに「信」は三千大千世界に匹敵するほどの値打ちがあるのです。(『佼成新聞』より)

【10月10日 人類史上初の大発見】
 菩提樹の下でいわゆる仏の悟りをひらかれたとき、思わずこうつぶやかれたと伝えられています。「奇なるかな。奇なるかな。一切衆生ことごとくみな如来の徳相を具有す。ただ、妄想・執着あるを以ての故に証得せず」。
 不思議だ。不思議だ。一切衆生はみんな仏と同じ徳を具えているではないか…という驚くべき発見、言い換えれば、すべての人間には仏となりうる本質(仏性)が具わっているのだ…という、これまでの人類だれひとり経験したことのない一大発見だったのです。(『佼成新聞』より) 

【10月9日 人間の目標】
 人間の向上の究極の目標はなんでしょうか?仏の境地です。その境地は、われわれ凡夫にとっては、遠い遠いかなたにあって、とうていゆきつけそうにはおもわれません。それでいいのです。ゆきつけそうにない境地であればこそ、それをめざしてはるかな旅をつづけることができるのです。どんなに遠くても、ゆくてに光り輝く世界があるのですから、一歩一歩に希望があるのです。一足一足に勇気が湧くのです。(『新釈法華三部経』より)

【10月8日 仏を見る】
 衆生がほんとうに仏の教えを信じて煩悩を除き去ってしまえば、たちまち仏が見えるということです。見失っていた仏が心の中によみがえってくるのです。そうして、いつでも仏のみもとにいることができるのです。この「見」という一字は、特に大切です。(中略)
 われわれが仏の教えを心から信仰すれば、ひとりでに仏さまが見えてくるのです。なにも仏さまの姿が見えてくるのではない。仏さまが自分といっしょにいてくださることが自覚されてくるのです。(『法華経の新しい解釈』より)

【10月7日 拝み合う世界】
 法華経には、この世のすべての存在は宇宙の大生命の現われであるがゆえに、いかなる微(かす)かなものにも仏の“いのち”が遍満しているのだ、と説かれています。どんなにつまらぬように見える人にも、物にも、仏のいのちが籠(こも)っており、存在する使命があればこそ存在せしめられているのだ、というのです。
 このことが真底からわかれば、どんな人をも、どんな物をも、尊重せずにはいられなくなるでしょう。拝まずにはいられなくなるでしょう。こうして人と人とが拝み合い、人が物を尊重して粗末にしないところに、人と人との和が生じ、人と物との間も調い、そこに心の安らぎと世の幸せが生まれてくるのです。これが仏法のめざす理想の境地なのです。(『躍進』より)

【10月6日 仏さまのお手配とは】
 現在のわれわれは仏さまのお声を直接聞くことはできません。しかし、人の説法を聞いたり、いい本を読んだり、他の人の行いなどを見ていて、「なるほど、そうか」と気づくものがあって、それが生き方の方向転換になることはしばしばありますね。また、自分自身、これまでたどってきた道を振り返ってみて「これでいいのか」と気づいて、よりよい生き方を模索することもあります。
 信仰をしていくうえでは、そういう「気づき」が大切なんですよ。それが仏さまの「お手配」にほかならないんです。(『躍進』より)

【10月5日 あなたが仏さまのことを思えば】
 「衆生 仏を憶念(おくねん)すれば、仏 衆生を億念す」
という言葉があります。
 あなたが仏さまのことを思えば、間髪を入れず、仏さまはあなたのことを思ってくださるのだ‥‥というのです。
 仏と衆生との交流にはなんらさえぎるものはない。思えば、思われる。念ずれば、念ぜられる。祈れば、救われる。美しくも、尊い信仰の妙境です。(『佼成』より)

【10月4日 開祖さま入寂会 「陰」をも信じる】
 「陰」というのは、目に見えないはたらきのことで、つまりは目に見えない仏さまのお手配を信じることです。火のないところに煙は立たないように、実体のないところに陰は生じません。信仰をもたない人は現実に目に見えるものしか信じないでしょうが、信仰者は目に見えない神仏を信じますから、その「陰」をも信じるのです。目に見えぬ神仏に護(まも)られているという実感を得て、大安心の境地に安住することができるのです。(『躍進』より)

【10月3日 仏教でいう慈悲とは】
 自分自身が久遠実成の仏さまに生かされているという真実を心の底からつかむことができれば、他のすべての人も自分と同じであり、同胞、兄弟姉妹であることが実感できる。みんなが同じいのちにつながっている、という一体感を覚えるようになる。したがって、すべての人に対する平等な、深い愛情が生じてくる。仏教でいう慈悲というのは、このような愛情のことなんです。(『躍進』より)

【10月2日 法華経の功德の大本(おおもと)とは】
 法華経の中にさまざまなに示されている功徳の大本は何かといいますと、それは「仏の命が永遠であること、仏さまはどんな場所にもおられ、見守られ、ご守護くださっていることをハッキリと知ることから生まれるのだ」とお釈迦さまは約束してくださっているのです。その仏さまを見られる心、それが「質直(しちじき)にして柔輭(にゅうなん)な心」であると、如来寿量品に示されています。清らかで素直な心です。貪欲に引きずられるのではなく、人さまのために自分をささげる心です。(『躍進』より)

【10月1日 幸せになる第一条件】
 地球が出来てから六十億年も経っているんですが、その長い長い年月の中で、いまこうして同じ時期に生まれ合わせている人類みんなは、考えられぬほどの深い因縁につながっているわけです。「一期一会」どころか、「六十億年一会」なんです。有り難い出会いなんです。それなのに、その人間同士が苦しめ合ったり、殺し合ったりするなんで、こんな愚かなことがあるでしょうか。
 わたしどもが幸せになる根本原理は、そこのところにあると思います。お釈迦さまのお言葉にも「いまの生命(いのち)あるは有り難し」とあります。この「有り難い」と思う心、これが幸せになる第一条件です。(『躍進』より)

dc1123100

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま(2023.11 HP)
    11月は庭野開祖の誕生月です(生誕日15日)。庭野開祖が帰依した『法華経』に基づく「久遠のご本仏さま…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  2. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  3. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…

関連リンク

ページ上部へ戻る