🍁「ふら和ぁRoom 10月号」~美しい秋色のあなたへ~

表紙(決定)

 《もっと楽しく、美しく、そして明日へ》をテーマに、より多くの女性の皆さんの心身の美しさ、ライフスタイル、ライフワーク等に役立つ情報を発信していく「ふら和ぁRoom」💐
 猛暑の夏を乗り越えたと思ったら、もう秋がやって来ました🍁。食欲、スポーツ、芸術、趣味・・・さまざまな秋を満喫していきたいですね🎑。
 この「ふら和ぁRoom 10月号」で、“こころ”も“からだ”もたくさん充電して、明るく、楽しく、元気いっぱいでいきましょう😃 では、今月のステキなメニューです。 

☆ユリーのおいしいレストラン
☆masamiのつぶやき
☆みんな頑張っているんだね~認めて、ほめて、感謝するエピソード(第18回)
☆シュリーのディープなこころ旅「東寺と令和の弘法さん」
☆ズバリ!開運~あなたの運勢(10月)

イラスト22

🍄 きのこの炊き込みご飯 🍄

ユリ―①

 秋の味覚“きのこ”を使った炊き込みご飯です。種類はなんでもOK!きのこの旨味がでるので味付けはめんつゆとお砂糖で簡単に☆上にのせる小ねぎは大葉や白ごまでも美味しく食べられます♪

~材 料~
 米2合
〈A〉
 舞茸1パック
 しめじ1/2パック
 人参1/2本
 油揚げ1枚

〈B〉
 めんつゆ100ml
 水100ml
 砂糖小さじ2

(飾りつけ)
 小ねぎ 適量

~作り方~

[準 備]
 ・米は研いでおく
 ・きのこ、人参、油揚げ、小ねぎは食べやすい大きさに切っておく

 ①AとBを鍋で煮る
 ②あら熱をとった①の汁を炊飯器に入れる
 ③②に研いだ米を入れる
 ④炊飯器の2合の線まで水を入れる
 ⑤炊飯器に①で煮た具を入れ炊き込みモードで炊飯する
 ⑥小口ねぎを散らして完成

ユリ―③

  たくさん召し上がれ😋

💖料理のことならおまかせ、ユリ―でした💖

イラスト23

メインイラスト9

まさみのつぶやき ロゴイラスト(決定)

✨ おしゃべり最高!d=(^▽^)=b ✨

 2023年も、もう10月です🍁ついこの間「今年の運勢は〜」なんてつぶやいたと思っていたら、「来年の運勢は〜」が目に入る時期になってしまいました。
 1月、長男の「成人式」で再会したママ友たちとの新年会にはじまり、毎月のように友人たちとのお茶会やランチ会、同じく友人たちとバラ園やあやめ園、仙台城址にも遊びに行きました。
 夏は友人宅へ次男とともにお泊まり会、夏祭りでママ友と3時間もの立ち話、秋は家族でおでかけも計画中…なんか遊んでばかりの一年だったかも⁉10月 使用3
 でもワタシ、遊んでいるように見せかけて実はしっかり心のメンテナンスをしておりました🤗

 たわいもない日常の話題、昔の恋愛ネタやちょっとした愚痴。時には自分向上のための真剣なお話しだったり。とにかくしゃべった、そして笑った!とくに悩みや困りごとは、声に出すこと、打ち明けてしまうことでちょっと心がラクになって気持ちの切り替えができました。

何度も言う。
とにかくしゃべった、そして笑った!
「楽しい一年でした✨」
そんな出会いをRKでもらったのかなと今年を振り返ってみます。婦人部スタッフ、部員のみなさん、全てのみなさんに感謝を込めて。
「楽しい一年をありがとう✨」

by masami😉

メインイラスト2

【認めて、ほめて、感謝するエピソード(第18回)】 

💕 みんな頑張っているんだね 💕

 私は、2歳になったばかりの娘と主人と主人の祖母と4人暮しをしています。娘は色々なことを覚えできるようになり、常に目が離せない状態です。娘のことで毎日頭がいっぱいな私は、祖母からの何気ない一言についイラッとしてしまうことが多々あります。自分でも、ダメだなと思いつつ、そのどうしたらいいのか分からない心のモヤモヤと戦っています。メインイラスト6
 そんな私は今、教会でのお勉強会に参加させて頂いています。その中で、
「子供は親の思い通りには育たない。親の成長と子供の成長は=(イコール)で結ばれているんだよ」
と教えて頂いたことがありました。その時の私には
「そうなんだ」
ぐらいにしか考えていませんでしたが、後日主人とゆっくり話をする時間があり驚くことがありました。
 話の中で「娘を思い通りに育てていきたいの?」と、主人から言われたのです。私は“はっ”となり、今までの自分の行動を振り返りました。色々なことが重なり、娘にはつい私の言うことを聞くように言ってしまっていました。ただ、その時の私にはきっとそれが精一杯で、主人に言ってもらえるまでは気づきもしませんでした。普段はそのようなことを口にしない主人なので、きっと勇気を持って私に伝えてくれたのだと思います。

 娘も毎日頑張って沢山のことを覚えている。
 主人が元気で働いてくれているから家族は生活出来ている。
 祖母は孫の嫁に気を遣いながらも、ひ孫と遊んでくれている。
 私も毎日頑張っている。

 そう考えられるようになりました。
 主人には(気づかせてくれて、ありがとう)と思えたし、娘には(ママの思い通りにさせてしまっていて、ごめんね)と思っています。
 これからは家族みんなで少しずつ成長していけたらいいなと思っています。

メインイラスト12

 おはよう。こんにちは。こんばんは。
 初めまして、自称23歳、一人旅とお酒が大好きなシュリーです(^▽^)/。
 今回から、Emaさんからバトンを受けて、皆さんをディープな旅の世界へご案内いたします。一点集中、国内の一つのスポットに焦点をあて、そこにまつわるエピソードを紹介していきます。
 では、「ふら和ぁ航空」第1便に乗って出発~!(そうそう、皆さん、道中のお弁当、お菓子、飲み物は買いましたか?)

🙏 東寺と令和の“弘法さん” 🙏

 第1回は、世界的な観光地として知られる「京都」。その中でも、弘法さんと慣れ親しまれている弘法大師空海さん所縁(ゆかり)の「東寺」(世界遺産)をご紹介します。
 京都に行かれた方は駅のホームからもご覧になったかもしれませんが、古都のランドマークタワー、約55メートルで、木造建築では日本一高い五重塔が有名です。「東寺」は正式には「教王護国寺」といい、796年に桓武天皇(かんむてんのう)によって造られ、その後、823年に弘法大師空海さんが賜りました。

 江戸時代頃から「大師は弘法にとられ」といった言葉もあるように、大師号や禅師号を賜られたお坊さん方はたくさんいますが、「お大師さん」のひと言で通じるのは弘法大師空海さんだけと言われるほどの日本史のスーパースターの一人です。

DSCN6431

「南大門」と東寺さまを表す石碑

 さて、南大門という大きな総門をくぐると(ぺこっ、一礼)これまた大きな金堂(こんどう、国宝)が眼に飛び込んできます。金堂はお寺の中心、お堂には「薬師如来」さまがご安置されています。お薬師さまは、人々が抱えるすべての「病い」や「病気」を治してくださるという、とっても有り難い仏さまです。

DSCN6433

東寺さま「金堂」

 (家族も、この人も、あの人も、そして私も、健康で、元気に過ごせますように)
 薬師さまにしっかりとお祈りして、次はその後ろに建つ「講堂」へと向かいます。その「講堂」こそが、弘法さんの深い、深い宇宙観が、なんと21体の仏像(本尊は大日如来で、そのほとんどが国宝です)で表現されています。弘法さんが開かれたお悟りを、実際に眼で見える形で表わした「立体曼荼羅(りったいまんだら)」といわれ、いわば宇宙の深遠なる真理が3Dの世界で拝観できる、まさにパワースポット中のパワースポット。
 シェリーも、初めてこの「立体曼荼羅」を見た時、そのパワー(気)に圧倒され、鳥肌が立ち、その後、その仏さまの世界に吸い込まれ、宇宙に広がっていく自分を感じました。

IMG_0186

東寺さま「講堂」

 その講堂を拝観したあと、シェリーの頭に一つの“はてな?”が湧いてきました。
「金堂は本堂でお寺の中心。そこにはお薬師さんがご安置されている。でも、お弟子さん方に教えを説かれる、いわば学校の教室にあたる講堂には、弘法さんの教えの本当の、本当のご本尊である大日如来さんがお祀りされている。では、平安時代から1200年にわたって、お寺の中心の本堂のご本尊は、何でお薬師さんなんだろう?」
 この疑問を解決すべく好奇心旺盛、行動派のシェリーは、東寺のお坊さまに突撃取材を敢行。寺務所でご対応してくださったお坊さまが、私の愚かな疑問に優しく応えてくれました。
「病気や、飢えといった実際の人生の苦しみを救ってほしい方にとって、すべての病いを救ってくださるお薬師さんはとっても有り難い存在でした。本堂にいらっしゃるお薬師さまは、その人生苦を救ってくださる、いわば庶民の救世主。そして、その後ろの講堂で、大日如来を本尊に宇宙の真理がしっかりと説かれ、お弟子さんたちに受け継がれていくのです。実は、お経さんにはお薬師さんと大日如来さんは一つ、と説かれているんですよ」
 シェリーは大納得!!東寺のディープな世界を教えて頂きました。

IMG_0181

東寺さま境内

 東寺さんの近くにお宿をとったシェリーは、夕方5時になると〈東寺の近くにある「かえる」の食堂〉という意味を持った「洋風居酒屋」に直行です。京都に行くと必ずお夕食を頂く「Myお食事処」。
 カウンターが6席。4人がけのテーブル席が3つという小さなお店ですが、お若いマスターが一人ですべてを切り盛り。どんなに混んでいても50種類を超えるお料理を、すべて5分も待たせず、すべて手料理で食べさせてくれる、超人マスターです。
 大好きなビールに、揚げたてのお好み「串揚げ」。そして、マスターが十年をかけて開発したおだしを使った「だし巻き卵」。近江牛の「さいころステーキ」。
(う~ん、美味い!!最高で~す)
 そう心で叫んだとき、一人のおばあちゃんがカウンターの私の隣に座りました。
 超人マスターに、
「いつもの、お願いしますね」
というと、なんと大きなワイングラスになみなみつがれた赤ワイン。そして、おまかせ「天婦羅の盛り合わせ」、そして小葱がたっぷりのった「合鴨ロース」が出てくるではありませんか。
 ニコニコ美味しそうに召し上がるおばあちゃんを横目で見ながら、しばらくしてここでも好奇心旺盛のシェリーは、
「おばあちゃん、ワインが大好きなんですね」
と声をかけると、
「ワインは飲みすぎないよう一杯だけ。ここのマスターの料理は美味しいから、毎日、夕御飯はここなの」
 お話を聞かせてもらうと、お住まいは東寺さんのすぐ近く。年齢は80代後半でお一人暮らし。ご主人が30代前半で筋ジストロフィー症になり、ご主人さんが亡くなられるまで30年間お世話をされ、施設の食堂のまかないの仕事をされながら、3人のお子さんを育て、今は東京や各地に住むお孫さん、ひ孫さんの成長を楽しみに生活しているということでした。
 そんなお話を聞かせてもらっていると、おばあちゃんが、
「ところで、あなたはどこから来たの」

「はい、仙台からです」

「仙台から!私も行ったわよ。東日本大震災のとき。ニュースをテレビで見て、“少しでもお役にたちたい”って、いてもたってもいられなくなって、貯金通帳と2、3日分の着替えを持って、3日後に仙台に飛んでいったのよ」

「本当ですか!?」

「嘘つかないわよ。阪神淡路のときもボランティアで行かせてもらったし、新潟県の中越地震のときも行ったのよ。仙台のときは、どうしても被災地に入れなかったから、宮城県の許可がおりた市町村を巡って、3ヵ月間、ボランティアをさせてもらったの。もともと施設で何十人という食事を、毎日一人で作ってきたから、“炊き出しは私にまかせて”って感じ」

「ボランティアで宮城県まで来てくださっていたのですね。おばあちゃん、有り難うございました」

「何を言ってるの、この歳になるまでたくさんの人に助けてもらってきたから、ご恩返し。ボランティアにいくたびに、持って行った貯金通帳が0になってて、子どもたちにその都度叱られたけど、行きたくなっちゃうのよ」

「おばあちゃん、すごい、本当にすごい!!まさに令和の“弘法さん”ですね」

「私が令和の“弘法さん”?なんか、嬉しいね」

「おばあちゃん、90歳近くになっても、こうしてお元気でいられる秘訣を聞かせてください」

「元気の秘訣?それはね、簡単よ。いつも大きな声で笑って、お食事を美味しく、感謝で頂いて、ほんのちょっとでも人さまにご恩返ししていくことかな(笑)。あれ9時だね。もう寝なくちゃ。シェリーさんも楽しい旅をして、仙台に気をつけて帰ってね」

「はい、おばあちゃん、また会いましょう。おやすみなさい」

 おばあちゃんを、出口までお見送りしたシェリーは、心が本当に、本当に温かくなりました。

(令和の弘法おばあちゃん、ありがとう) 

PXL_20230911_074451004~2

東寺さま御朱印「弘法大師」

御朱印 決定2

東寺さま御朱印「愛染明王」

*東 寺
〈所在地〉京都府京都市南区九条町1
〈交通〉JR京都駅より徒歩17分、または近鉄東寺駅より徒歩5分

IMG_0190

東寺さま境内より五重塔をのぞむ

  ※次回は、「奈良」のディープな旅をご紹介します。

メインイラスト7

✨✨「ズバリ!開運~あなたの運勢」✨✨

 今年も10月は「神無月」とも呼ばれますが、逆に神仏を敬い運気をアップさせていきましょう。では各星を鑑ていきましょうp(^-^)q

【一白水星 大吉】
 今月は忙しくなりますが、願いが叶う佳い月。目上の人を大切にしていきましょう。

【二黒土星 吉】
 悦びや良縁に出会うチャンス。人さまの面倒をみて、さらなる飛躍を。

【三碧木星 末吉】
  変化はチャンス。その好機を生かせるよう自己啓発を怠らずに。

【四緑木星 小吉】
  見栄体裁にとらわれず、「思いやり」の実践を続けてgood。

【五黄土星 小吉】
 正しい信念を胸に、謙虚な姿勢で行動して運気を高めていきましょう。

【六白金星 吉】
 勤労と奉仕の心を大切にして、運気を上昇させていきましょう。

【七赤金星 大吉】
 自らの光と温かさで周囲を包み込む、大きな心で物事を進めていきましょう。  

【八白土星 吉】
 正直、信用を大切にして、周囲からの信頼を得られるような行動がgoodです。

【九紫火星 中吉】
 今年の今までの自分の決算のつもりで、今月はすべてに感謝していきましょう。

***** ***** ***** 

 10月もお元気でお過ごしください。皆さまのお幸せを祈念しております。

「姓名・九星」鑑定士 H.E(仙台教会会員)

メインイラスト3

 ※この「ふら和ぁRoom ~もっと楽しく、美しく、そして明日へ~」の記事は、仙台教会婦人部ミニコミ誌「ふら和ぁ」(隔月発行)との連動企画でお届けしています。

10月 使用4

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2023.8月使用
    8月も『法華経』を所依(しょえ)の経典とする立正佼成会の中心的行法である「仏性礼拝行」について、庭野…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  2. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  3. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…

関連リンク

ページ上部へ戻る