🕊「仙台教会韓国平和友好使節団」に参加して  近藤雅則(仙台教会長)

文議長 白議員と(決定)

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長(写真中央)との記念写真(向かって左側が白眞勲参議院議員、向かって右側が近藤雅則仙台教会長)

 2020年1月3日から6日まで、仙台教会において「韓国平和友好使節団」を派遣しました。参加者は約30名の会員。訪問の目的の第一は、戦後最悪と言われる日韓関係を改善できるよう、民間レベルでの交流を微力であっても促進するためでした。そのために国会議事堂を訪問し、韓国の国会議員と面会することを願っていました。
 もう一つの目的は、日韓の過去の暗い歴史を目撃し、韓国の人たちが感じている苦しみや悲しみをわずかでも実感するために、「西大門刑務所歴史館」を見学させていただくことでした。

文議長と(決定)

文喜相国会議長と近藤雅則教会長

 3日夕刻、韓国の国会議事堂を訪問させていただきました。ある法案について与野党が紛糾している真っただ中で、最後の最後まで訪問が実現できるかどうか危ぶまれていました。しかし、白眞勲参議院議員の尽力が絶大で、何とか議事堂を訪問することができました。
 当初、たとえ一人でも韓国国民を代表する国会議員の方と面会できたらと願っていました。そうすると、思いもよらず文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が出てこられ、面会することができたのです。この日、文議長は体調をこわされていたようでしたが、私たちが到着する時間にそなえ、点滴をうちながら待ち構えてくださった形でした。短い時間ではありましたが、記念撮影に応じ、一人一人と握手して大歓迎をしてくださいました。
 日本の報道では、「天皇陛下が謝罪すれば日韓関係が改善する・・・」というような発言し、大きな波紋を呼んだ方でしたが、実際お会いしてみると、実に気さくで、器の大きい人だと感じました。日韓の関係改善を真剣に願っておられるのだと感じました。
 文議長が退席された後も、Lee.Kye Sumng(Senior Secretary for Political Affairs)が丁寧に対応くださいました。応接室でお茶をだしてくださり、各自に記念品まで頂戴いたしました。
 何の権限もなく、一民間人である私たちをなぜここまで歓迎してくださるのか、正直不思議に感じるほどでした。さまざまな要因が考えられますが、日韓関係改善を願う私たちの思いが真剣であったことが一つ考えられます。そして、わずかでも日韓の架け橋になりたいという私たちの願いが、神仏の願いにかなっていた証ではないかと感じました。 4日午後、「西大門刑務所歴史館」を見学しました。日本が植民地時代にどのような野蛮な行為を行ってきたのか。このことが今日の日韓の関係に深く影響していると思われました。
 私たちは、相当覚悟し、緊張感をもって中に入りました。中には目を覆いたくなるような残酷な場面もありました。しかし、過去に見学した経験のある人の話では、以前はもっと残酷な内容であったようで、韓国の方で配慮し、内容を見直されたのではないかとのことでした。人間が人間に対してここまで残酷になれるのか、こうした歴史的出来事に対し、私たちは目をそらしてはならないと感じました。
 現地ガイドをつめてくださった李さんは、一生懸命私たちをサポートしてくださいました。今回の参加者全員が彼女に対して好感を持ったと思います。彼女をはじめ、今回出遭った韓国の人たちは、みな親切で、気さくでした。日本人に対し、嫌悪観を表してくる人はいませんでした。
 私は、これまで韓国や韓国の人に対しての偏見やマイナスな先入観を抱いていたことも事実です。それが今回韓国に行き、実際に交流してみて、そうした偏見や先入観がいかにちっぽけで、愚かなことかを痛感しました。
 
最後に、韓国が平和でありますように、韓国の人々が幸福でありますように念じたいと思います。

合 掌

 令和二年一月十五日

立正佼成会仙台教会
仙台教会長 近藤雅則

西大門刑務所歴史館での祈り(決定)

「西大門刑務所歴史館」において慰霊の祈りを捧げ、平和への誓いをあらたにしました。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま 9月 メイン写真
    立正佼成会を創立した庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介し…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. HP 決定1(キャッチ画像)
    2月15日、立正佼成会仙台教会にて「市民講演会」(主催:仙台教会「あおばの会」)が開催されました。講…

一食を捧げる

  1. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  2. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  3. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…

関連リンク

ページ上部へ戻る