4月8日はお釈迦さまのお誕生日です~「釈尊降誕会式典」

決定1&アイキャッチ

お稚児さんの代表による「讃嘆文」奏上

「釈尊降誕会」は、釈尊(お釈迦さま)の生誕を祝う法会のことで、「成道会」、「涅槃会」とともに仏教三大行事のひとつです。釈尊は紀元前5世紀頃、北インド・カピラヴァストゥという国(現ネパール領土)のルンビニ園で、シュッドーダナ国王と、マハー・マーヤー夫人との間にお生まれになりました。
 お誕生したとき天人が香華を舞い散らせ、竜が清らかな水を降らせて産湯としたという故事にもとづき、「降誕会」では季節の花で飾った「花御堂(はなみどう)」に誕生仏を安置して、参拝者が甘茶を灌(そそ)ぎます。降誕会が「花まつり」「灌仏会(かんぶつえ)」とも呼ばれる理由がここにあります。

決定5 仙台教会でも4月8日に盛大に釈尊のお誕生をお祝いする式典が開催されました。式典では、仙台教会少年部、学生部、青年部よるご供養、奉献、お稚児さんによる「讃嘆文奏上ならびに行進」等が行われました。
 式典の中で近藤雅則教会長は、釈尊が生誕直後、四方に7歩ずつ歩み「天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と言われた故事にならい、

「私たち一人ひとり、宇宙に存在するすべてのものは、仏の〈いのち〉を具えた尊い存在です。そのかけがえのない〈いのち〉を頂いた有り難さをしっかりとかみしめ、お釈迦さまの教えをもとに、お互いが仲良く、〈いのち〉を尊重しあえる私たちになりましょう」

という主旨の言葉を述べ、仙台教会「伊達太鼓」の勇壮な奉祝演奏によって無事に閉会されました。

決定8

「伊達太鼓」の勇壮な奉祝演奏

DSCF4144

お釈迦さま、お誕生日おめでとうございます。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022 10 使用
    今月も庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます。今…
  2. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  3. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…

一食を捧げる

  1. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  2. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  3. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…

関連リンク

ページ上部へ戻る