「一食を捧げる運動」を宮城県民運動へ!!「すべての人に食料と水を」

 9月18日から20日まで、「世界宗教者平和のための祈りの集い」が、イタリア・アッシジで開催されました。その集いの中で、庭野日鑛会長が『すべての人に食料と水を』と題したスピーチを行いました。そのスピーチの中での「一食を捧げる運動」についての言葉を掲載いたします。%e4%bc%9a%e9%95%b7%e5%85%88%e7%94%9f

 本会では、四十年以上前から、「一食を捧げる運動」を続けています。
 これは、一日三回の食事の中で、月に何回か食事を抜いて、その食費分のお金を献金し、貧困の削減、難民支援、環境保全などに役立てようとするものです。これまでに信者から寄せられた浄財は、累計で百四十億円を超え、八百五十以上の団体や組織に寄託されています。
「一食を捧げる運動」は、いつでも、どこでも、だれでもが、いつまでもできる運動です。この「いつまでも」ということが肝心であります。継続することによって、相手を思いやる心を、忘れることなく持ち続けることができからです。もちろん「献金」も重要ですが、「一食を捧げる運動」を通して、神仏の心に近づかせて頂いていることに、大きな意味があるのではないかと思います。
 人間は、誰もが「貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」―つまり貪り、怒り、愚かさなどに代表される煩悩をそなえています。しかし同時に、慈悲の心、愛の心も宿しています。「一食を捧げる運動」によって、自らも空腹感を味わい、遠い国々でひもじい思いをしている人々に思いを馳せる時、苦しみ、悲しみを分かち合い、寄り添おうという気持ちが、自ずと湧いてきます。
「援助する側」「援助される側」という相対的な意識ではなく、皆が兄弟姉妹という自覚に立って、自分のできることをさせて頂く―それは、極めて当たり前のことです。
 各地で困難な状況に直面している方々は、私たちに、世の中の現実を教えてくれる、いま為すべきことを示してくれる存在です。内面に埋もれている慈悲の心、愛の心にも目覚めさせてくれます。そのような隣人によって、私たちは育てて頂いているのです。
 そして、仏教にある「自利利他円満」の言葉の如く、自も他も共に救われていくことが、人間の本当に生き方なのではないでしょうか。
「一食を捧げる運動」は、月に一度でも、一杯のコーヒー、一片のパンを抜くだけでもいい。自由で主体的な活動です。関心のある方は、ぜひ実践して頂きたいと思います。

(『佼成新聞』2016年11月13日号より抜粋)

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%b7%e3%82%b8

イタリア・アッシジでの「世界宗教者平和のための祈りの集い」

160920_0580_0058-768x512

閉会式は、聖フランシスコ大聖堂で行われ、世界の宗教指導者が平和の祈りを捧げた。

 

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…

一食を捧げる

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  3. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…

関連リンク

ページ上部へ戻る