「ダメ。ゼッタイ。」 〜薬物乱用の現状と啓発活動の大切さ 2~ 深澤 逞(大崎地区薬物乱用防止指導員協議会 会長)

薬物乱用の根絶に向けての取り組みを長年にわたり続けていらっしゃる、深澤 逞先生(大崎地区薬物乱用防止指導員協議会会長、薬剤師、有限会社 健康堂薬局会長)から、薬物についての基礎的な知識と乱用の怖ろしさ、そして薬物乱用防止に向けての啓発活動についてお話を頂戴しました。今月はその第2回です。

深澤先生 HP用

深澤 逞先生

◇薬物乱用の要因とは?
 では、今なぜ薬物乱用がまた流行しているのか?その要因として、私は《社会背景の変化》にあると思っています。若年層を中心に私は以下の点を大きな社会背景の変化と受け止めています。

○薬物乱用の危険性に対する認識の欠如
・規制薬物への警戒感が低下し、薬物犯罪に対する規範意識の薄弱化。
・「他人に迷惑をかけていないので、使うかどうかは本人の自由である」といった誤った考え方の浸透。
・薬物の持つ依存性によって自分の意志でやめられなくなり、精神的、肉体的に大きな障害を受けるという事実。
・乱用の弊害が凶暴な犯罪や社会的な悲劇につながることが多い。

○薬物乱用への抵抗感の低下
・薬物に対する基礎的知識の欠如
・使用方法の簡便化(例:注射から吸引へ)
・薬物の俗称、パッケージ等の流行(名称や形態のファッション化)

○薬物の入手の容易化
・スマホ、インターネットの普及による、宅配便による入手
・情報伝達技術(IT革命)の著しい進歩(例:SNSによる情報入手)
・密売価格の低下
・一部の外国人による無差別な密売

 こういった社会背景の変化から、現在、薬物乱用の流行が起きていると思われます。

◇薬物乱用の怖ろしさ
 覚せい剤や麻薬といったものを、なぜ使ってしまうのでしょうか?私たち人間の心身はとても強い反面、また弱さも抱えています。特に青少年は素直ですから、次のような誘いについ手が出てしまいます。
 *やせられるよ、肌がキレイになるよ
*クスリでちょっと遊ぼうよ、面白いクスリがあるよ
*イライラがとれてスッキリするよ
*眠気が取れて勉強ができるよ
*ちょっとだけ試してみない!
*みんなやってるよ、やってないのは君だけだよ
*お金はこの次でいいよ
  ・・・・・1回だけなら大丈夫だろう?
  ・・・・・意思が強いからハマッタリはしないさ!

 そして、一度でも使用してしまうとやめられなくなり、ほぼ確実に薬物の常用、依存、乱用という反復使用の“地獄”に堕ちてしまうのです。

「ダメ。ゼッタイ。」

私たちの脳は20歳頃まで成長します。特に小学生、中学生、高校生の時期は心身共に急速に発達します。この時期に薬物の乱用をすると、脳や身体の成長が止まり、健康な社会人になることができなくなります。薬物乱用はたとえ1回でも「ダメ。ゼッタイ。」なのです。

ニワトリ

STOP !! 薬物乱用

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る