⭐2021年2月の運勢~仙台教会婦人部ミニコミ誌『ふら和ぁ』ネット版~

2021-02-01 (1) 「九星」の暦の上では2月3日立春から「六白金星の年」となり、新しい年回りを迎えます。自分の持ち味を発揮して、一年のスタートダッシュといきましょう。

一白水星《末吉》
 今月は、今年一年をどのように過ごしていくか、夢をたくさん持って、その計画・準備をしっかりしていきましょう。ホップ・ステップ・ジャンプの「ホップ」の月です。 

二黒土星《末吉》
 今月は、ボランティアなど奉仕活動をすると、さらに運気向上につながります。また、なるべく表に立たず、ものごとを見極めて陰の努力がグッドです。 

三碧木性《大吉》
 何ごとにも明るく、楽しく、元気にいきましょう。その心がけが物事を進展させてくれます。自分のしたいことにチャレンジOK。感謝の気持ちを忘れなければ鬼に金棒です。 

四緑木星《大吉》
 周囲が自然と整っていきます。自ら迷うことなく、自分、家族、友人を信じて、物事を進めていきましょう。その時に相手を思う“温かい心”があれば、さらに運気はアップ。 

五黄土星《中吉》
 善いことも、悪いことも自分の責任と受け止めることで、周りの信頼が得られ、注目される月となります。また、いろいろな人と繋がりを持つことで影響力がアップします。 

六白金星《吉》
 忙しい月になりますが、その分、成果が期待できる月回りです。より多くの成果を得るための秘訣は、神さま、仏さま、目上の人といった存在を大切にすることです。 

七赤金星《吉》
 悦びの多い月となります。良縁にも恵まれますので、善き人間関係を築いていきましょう。浪費を慎んで、少しでも人さまのために金銭を使えば、さらに運気はアップします。 

八白土星《小吉》
 新しいことを始めてみたくなる月回りですが、今月はものごとを継続するか、新規にするかをしっかりと見極めることが大切。また、ご先祖さまや親を大切にしてください。 

九紫火星《中吉》
 注目を浴びる月回りですが、それに慢心せず、神さま、仏さまを大切にしていきましょう。また、ラインやメールを活用して、相手を思う文章があなた自身に幸運を呼びます。 

※ご質問等、さらに知りたいことがある方は、質問内容を具体的にお書き頂き、下記のメールアドレスまでお送りください。お返事をさせて頂きます。(なお、ご返信に2~3日のお時間を頂くことがありますことを、予めご了承ください)
〇仙台教会HP編集担当 koseisendai@gmail.com

dc091015

※この記事は、婦人部ミニコミ誌「ふら和ぁ」(隔月発行)との連動企画として掲載しております。

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 脇祖さま 決定
    今月は、庭野日敬開祖と共に、立正佼成会を創立された長沼妙佼(ながぬまみょうこう)脇祖(わきそ)の「脇…
  2. 第2回 キャッチ画像(決定)
    宮城県気仙沼市で、市全体の観光戦略を推進していくことを目的として設立された「一般社団法人 気仙沼地域…
  3. 2021 08 01 使用お写真
    立正佼成会を創立した庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介し…

一食を捧げる

  1. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  2. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  3. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…

関連リンク

ページ上部へ戻る