🌳「ふら和ぁRoom 6月号」~深緑は、心癒されます~🥰

表題ロゴ

アイキャッチ画像(決定)

ハナトピア岩沼(宮城県岩沼市) 写真はイメージです

 《もっと楽しく、美しく、そして明日へ》をテーマに、より多くの女性の皆さんの心身の美しさ、ライフスタイル、ライフワーク等に役立つ情報を発信していく「ふら和ぁRoom」💐
 6月は、木々の緑も深さが増して、私たちの目を癒してくれます🌳そして、この「ふら和ぁRoom 6月号」で、“こころ”も“からだ”もたくさん癒してくださいね😃
 では、今月のステキなメニューです。

☆さゆちゃんの気ままにスイーツ Part19【ひんやりつるんフルーツ牛乳寒天】
☆Emaのわくわくtour【北海道、花と自然の癒やし旅】
☆Emaのわくわくtour番外編【桜にこめた思い】
☆認めてほめて感謝する エピソード(第16回)「私の宝もの・・・それは4人の息子たちです。」
☆まさみのつぶやき
☆ ズバリ開運あなたの運勢

🍓🍊さゆちゃんの気ままにスイーツ🍌🥝

Part19

1

✨牛乳パックで簡単!ひんやり、つるん✨

フルーツ牛乳寒天

 みなさま、こんにちは(o^―^o) お元気でいらっしゃいますか?
 3年余り続いたコロナ禍も、季節性インフルエンザと同じ5類に移行され、少しずつですが私たちの生活も心に落ち着きを取り戻してきているように感じます😊世界中のみなさまにとっても、心安らぐ時間が増えますように。。💐
 さて、日本には季節を感じる四季がありますね🙂✨私は食いしん坊なので、一年中、季節の旬な食べ物にワクワクしていますが、みなさんはどの季節が一番好きですか❓
 6月に入り、むしっと暑くも寒くもなる梅雨の季節がやってきますね😣6月の気ままにスイーツは、ちょっと食欲がない時にでもささっと作れちゃう、牛乳パックを使った『フルーツ牛乳寒天』をご紹介します✨
 特別な型はなくても、牛乳パックがあれば、お好みの果物を沢山入れて作れちゃいます。ちょっと贅沢な寒天をご褒美スイーツに召し上がれ✨✨

4

牛乳パックのまま持ち運びも簡単!ちょっとしたお呼ばれの際やカットしてお土産にも喜ばれますよ v(^▽^)

〈材 料〉
◎1ℓの牛乳パック  一本
◎牛乳       400ml(200mlと200mlにわけておく)
◎水        200ml
◎粉寒天      6g
◎砂糖       60g
◎練乳       30g
◎好みのフルーツ  400g
※今回はいちご5粒、バナナ1本、ブルーベリー10粒、みかん缶詰一つ、フルーツ缶使用しました。キウイなど、緑が入っても彩りが綺麗です☆

〈下準備〉
❶全てのフルーツを同じ大きさに角切りしておく。

〈作り方〉
①鍋に牛乳200mlと、水を200ml、粉寒天を入れ、中火にかけて、よく混ぜる。
②鍋の周りが沸々と泡立ってきたら、寒天の場合は沸騰している状態なので、火を弱火にし、更に2分ぐらいヘラでかき混ぜながら煮る。
③火を止めて、砂糖、練乳を加え、良く混ぜ溶かす。
④残りの牛乳200mlと刻んだフルーツを入れて、混ぜ合わせる。
⑤口を広げた牛乳パックに流し入れる。

※寒天は常温でも固まってくるので、フルーツが均等に固まるように、寒天液を入れたらスプーンなどで、底から何度かかき混ぜる。この時、空気が入らないように気をつけて☆

⑥牛乳パックの口を閉じ、洗濯バサミなどで止めて、冷蔵庫でしっかり冷やし固める。
⑦固まったら、牛乳パックからつるんと出して、好みの大きさに切って召し上がれ✨😋

(出にくい場合は、少量の水をパックの隙間に流しいれると出しやすいです⭐︎)

5

決定画像1

🍰スィーツ大好き、加藤沙祐里でした。次回もお楽しみに⭐

64-3

イラスト ツアー

🌼 北海道、花と自然の癒やし旅 🌄

 ゴールデンウィークも終わり、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は、連休中に東京都内へ帰省がてら遊びに行きました。仙台も同様ですが、海外からの観光客が増えていて驚きました。ようやくコロナ禍前の風景を見た気がします。数年ぶりに旅行へ行く方も多いのでしょう。活気溢れる風景が戻って、また気軽に旅行へ行ける日々がようやく来たなと嬉しく感じます。
 さて、今回はこれからいよいよベストシーズンに入る北海道をご紹介します。北海道と言えば、美味しい食べ物ばかりが浮かんでしまいますが、これからは花のベストシーズンです。札幌や函館などの観光地も素晴らしいですが、少し足をのばして花の名所に訪れてみてはいかがでしょうか。

DSC_0042

富良野のお花畑(その1)

555

富良野のお花畑(その2)

556

富良野のお花畑(その3)

 北海道の夏の花と言えば、ラベンダーです。ラベンダーの名所といえば、富良野にあるファーム富田が代表的な花畑です。一面の壮大なラベンダー畑がどこまでも続き、紫色の花の絨毯のようです。ラベンダー以外にも何十種類もの四季折々の鮮やかな花畑が観光客を出迎えます。7月くらいから見頃のピークを迎えます。どこまでも続く富良野の美しい景色を見ると、北海道に来たなあと思います。

dc082935

美瑛(その1)

dc1116179

美瑛(その2)

557

美瑛(その3)

 また、美瑛にある四季彩の丘も富良野と一緒に立ち寄りたい花の名所です。多数の花畑がパッチワークのように一面に咲き誇ります。丘になっているので展望が素晴らしく、7ヘクタールもの広さです。ノロッコ号に乗って、ゆっくりと花畑を楽しむのがおすすめですよ。

 大雪、富良野、十勝を結ぶ街道に8つのガーデンがある北海道ガーデン街道も人気です。富良野であれば、風のガーデンです。テレビドラマの舞台となった庭です。その他、上野ファーム、十勝ヒルズなど個性的なガーデンをめぐるのも楽しいですね。

 利尻、礼文島も美しい花々が咲き誇る離島で大人気です。稚内からフェリーで移動になります。島内は、高山植物が咲き誇ります。オタトマリ沼、姫沼、桃岩展望台など歩きながら楽しみます。聞き慣れない場所かもしれませんが、日本には魅力的な島々がたくさんあります。見たことのない風景や自然を見てみたいという方達に島旅が人気です。地元の豊かな自然や食事を楽しみ、島だからこそ味わえるとっておきの時間があります。
 花を目的に旅する北海道はいかがでしょうか。花を見ながら、疲れたらおいしいソフトクリームを食べると本当に最高です。花と自然に癒される旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

旅ならおまかせ、by Ema でした🚞

558

北海道 寸景 函館「五稜郭」

dc082957

北海道 寸景 旭山動物園(旭川市)

DSC_0201

北海道 寸景 知床「ゴジラ岩」

DSC_0464

北海道 寸景 「摩周湖」

EMA 決定

Emaのわくわくtour番外編

💕『感謝を伝える』わくわく旅 💕

 2月にEma さんが紹介してくださった静岡旅に、安藤が実際にでかけてみました★4月号からの続きの旅行記です。

【第2回】🌸 桜にこめた思い 🌸
 2日目。
 2日目は静岡の清水教会をめざします。昨夜の雨もあがり、この日は太陽の光がさんさんとふり注いでいました。前日着ていたコートもいらないくらいあたたかかったです。
 清水教会に着くと、佐野さんが迎えてくださいました。駐車場で、桜の木を準備してくださっていたのですぐにわかりました。白い軽トラには桜の苗も準備してくださっていました。

111

112

 清水教会にお参りさせていただき、佐野さんからお話しをうかがうことができました。
 12年前の東日本大震災のあと、仙台に復興ボランティアで来てくださった佐野さんは、その後毎年河津桜を送り続けてくださっています。仙台だけではなく、釜石、石巻と東北のわたしたちのことを見守り続けてくださっていました。
 震災前、佐野さんは食品加工メーカーにお勤めで、仕事上、石巻にも年4~5回は通われていました。東北に工場があったため、震災後の情報もすぐに入ってきたそうです。水、マスクなど足りないものを積み、5月に一度、7月にもう一度と、二回ほど仙台教会に訪れてくださり、復興ボランティア活動に参加してくださいました。5月に来た時には、道路もまだ不通だったため、新潟経路で長時間かけ、訪れてくださいました。
 ボランティアの内容はおもに個人のお宅の泥かき。一時間、二時間、泥で汚れた壁や庭はふいてもふいても綺麗にはならなかったそうです。70歳手前で参加され、自分たちにいったいなにができるだろう、そう思ったけれど、行動せずにはいられなかった。
「僕にできることはたいしたことはできない。けれど、少しでも、どなたかの力になれればと思って参加した」
と目をうるませながらおっしゃってくださいました。
 汚れた壁は綺麗にならなくても、そのひたすら一心に綺麗にしてくださるお姿は、どれほどまわりに勇気をくださっただろうと、胸がいっぱいになりました。
 遠い静岡の地から、こうして自分の家族を思うように行動してくださるお姿から、人は力があるとか、時間があるからとか、そういった条件ではなく、誰かを思う気持ちが原動力になるのだと教えていただきました。

 桜を選んだ理由についても伺いました。以前、石巻でご供養をしているときに、桜が咲く中、雪が降っていたそうです。冬と春が同居する不思議な景色を目の当たりにしたとき、「これだ!!」と思いつかれたそうです。ご供養をされる中『雪』、『桜』という縁で、「桜」を送ろう!と思いつかれたなんて、、、佐野さんのお心には、いつも東北のひとたちがいらっしゃったのだと感じました。
 こうして、13回忌をお迎えする今年、佐野さんとお会いできたのもおはからいでした。佐野さんや多くの方々に思いをいただいてきたのだと心があたたかくなりました。今年も、仙台教会の玄関には佐野さんが送ってくださった河津桜が飾られています。

113

114

 その日の夜は東京の妹の家を訪ねて、夕飯をご馳走になりました。美味しい手料理をたくさん準備してくれていて、どれもが美味しく、ここでもまた、人を喜ばせたいというあたたかな気持ちをいただいてきました。
 この日のお宿は東京都杉並区にある立正佼成会団参会館。入館時間の22時に間に合うぎりぎりまで妹宅で話し込み、妹は車を置いた駐車場まで一緒に走って見送ってくれました。私が車の助手席に乗り、窓を開けるまで、ずっと早口でしゃべっていた妹。なかなか会えない分、1分1秒も惜しい大切な時間でした。コロナ禍で、『人と出会う』ことがどれほど貴重で私にとってたくさんの力をいただけることなのかを痛感しました。

(続く)

【認めてほめて感謝するエピソード 第16回】

 私の宝もの・・・それは4人の息子たちです。

私には、高校1年生の子どもを筆頭に、中学校3年生、小学校6年生、小学校2年生の4人の息子がいます。同じ親から生まれてきたのに、4人とも性格や好きなもの、嫌いなものが全然違います。男の子4人の子育てはとても大変で、4人が幼い時は記憶にないくらい、無我夢中で子育てをしてきました。とくにお風呂に入れる時が大変で、自分のことはかまう余裕もなく、髪を振り乱しながら怒ってばかりの日々でした。64-2

 以前、長男と私が口論になったことがありました。その時、私は怒りに任せ、手を出してしまいました。今まで何も言わなかった長男が口を開きました。
「手を出した方が負けだから」
と。長男の言葉にハッとして涙が出ました。
 それからは、静観するよう心がけるようになりました。

 4人兄弟の中で、三男は癇癪(かんしゃく)持ちで、時々あばれることがあります。一度癇癪を起こすと気持ちを爆発させ、なかなか落ち着きません。そんな時は私の方がイライラがつのり、泣きたい気持ちになります。
 でも、長男のことがあってから、気持ちを落ち着かせるために一人になったり、後ろで手を握ったり、怒鳴らず、落ち着いて話を聞くように努めるようになりました。64-1

 こういう私の姿を見ているからか、長男は、三男が癇癪を起こすと、諭すように話してくれたり、オレに当たればいいと庇(かば)ってくれるようになりました。暴れた時は、長男と次男が押さえてくれます。私は一方的に三男を抑えようとしますが、長男、次男は三男に優しく接し、三男に寄り添う姿を見せてくれます。この子たちはすごいな、と息子たちの優しい姿に感心しています。
 長男や次男となんでも言い合える関係になったのも、それからだと私は思っています。

 三男の癇癪は現在進行形です。でもそのことがあって、兄弟の絆、親子の絆が深くなったように思います。三男の気持ちに、なかなか応えられない私ですが、気持ちに起伏がありながらも、今は、呼ばれたら、ハイの返事を私は今、実践中です。

(T)63-2

まさみのつぶやき ロゴイラスト(決定)カラッとフワッとスッキリと

 今年もまたやってきました「梅雨」☔️梅雨といえばやはり洗たく物問題でしょうか。乾きが悪い、干す場所が、ちょっとニオうかも⁈などなど頭を悩ますことばかり。

63-3 我が家は365日部屋干しなので、常に乾かし方には気をつけているのですが、この季節は特に気を配ります。除湿機をかけたり、扇風機をあてたり、乾燥機も使ってみたりと文明の利器に頼りまくっておりました。
 このところの電気料金の高騰で、電化製品を使うことに少しばかりの罪悪感を覚えつつ、やっぱり乾かない洗たく物に向けて🌀団扇をあおいでみたりするわけで…。
 CMを見ていても、除菌に消臭にニオわせないに香りづけにとさまざまな洗剤等があって、新しもの好きのワタシはCMに踊らされてすぐに試してみちゃうのです🎶効果はいかに!?
 みなさんからのオススメ洗剤情報もお待ちしています📩

 生きるには欠かせない「雨」ですけど、カラッと乾いた、フワッと香る、スッキリとしたお洗たくができる季節が待ち遠しいですね🌅

63-1✨✨「ズバリ!開運~あなたの運勢」✨✨

 さまざまなベストセラーとなっている「占い」などの本や、人気のユーチューブを拝見すると、開運の秘訣は3つのようです。「自分を愛する」、「生かされていることに感謝」、そして「少しでも人さまのために」ということ。まさに、庭野開祖のお言葉どおりです。では、6月の運勢を鑑ていきましょう!(o^―^o)ニコ

【一白水星 吉】
 謙虚な心、裏方にまわっての奉仕の実践がますます運気を高めます。

【二黒土星 大吉】
 自己表現をして、善いことに向けて積極的に行動していきましょう。

【三碧木星 中吉】
 物事が整い、調和が生まれます。思わぬ出来事があっても信心を忘れずに。 

【四緑木星 中吉】
  今までの努力の結果が現れます。結果に感謝をしていくことでgoodです。

【五黄土星 大吉】
 忙しい中にも充実した日々を送れます。神仏への感謝を忘れずに。

【六白金星 吉】
 良縁に恵まれます。家族や人さまに施す心を大切にしましょう。

【七赤金星 末吉】
 変化を望みがちな月です。目上の人の助言を受けて行動しましょう。  

【八白土星 中吉】
 脚光を浴びるときですが、神仏への感謝の心、謙虚な姿勢を忘れずに。

【九紫火星 末吉】
 確固たる信仰心のもと、自らの心を浄め、家庭を大切にしていきましょう。

***** ***** ***** 

  6月のキーワードは、“正直、信頼、調和”です。皆さまのお幸せを祈念しております。

「姓名・九星」鑑定士 H.E(仙台教会会員)表題イラスト 決定

※この「ふら和ぁRoom ~もっと楽しく、美しく、そして明日へ~」の記事は、仙台教会婦人部ミニコミ誌「ふら和ぁ」(隔月発行)との連動企画でお届けしています。

64-4

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. ホームページ使用決定
    4月は、仏教の開祖でいらっしゃるお釈迦さまの「降誕会」(8日)を迎えます。今月はそのお釈迦さまに関す…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  2. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  3. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…

関連リンク

ページ上部へ戻る