🎄「ふら和ぁRoom」12月号~今年のクリスマスはワクワク、ドキドキ!!~🎁

メインイラスト

 2023年も早いもので、12月を迎えました。春先にはプロ野球のWBC日本代表の優勝など嬉しいことがあった反面、新たな紛争が世界で勃発するなど、悲しいニューズもありました。
 そのような中、私たちはいつも心に潤いを持って、家族や人さまに感謝して、優しさいっぱいで過ごしていきたいですね😊
 では、今月の素敵なラインナップを紹介します💐

〇 「親にしてくれて、ありがとう!!」 認めてほめて感謝するエピソード(第19回)
〇 さゆちゃんの気ままにスイーツ(Part 21)「マグカップ一つで☕️✨レンジで簡単、ショートケーキ🍰」
〇 ひだまりひろば「子育ては、ただ、ただ、真剣に v(^▽^)」
〇 シュリーのディープなこころ旅
〇 ズバリ開運あなたの運勢

「親にしてくれて、ありがとう!!」

~ 認めてほめて感謝するエピソード(第19回) ~

 私は結婚9年目にようやく待望の娘を授かりました。
 結婚当初は子どもができないことで悩むなんて思いもしませんでした。自分の努力だけではどうにもならない現実に苦しみ、周りの人の子どもを授かった等の会話に入れず、何気ない言葉に勝手に傷つき、友人・知人に会うことが苦痛になっていました。次第に笑顔が引きつるようになり、自宅に帰ると
「なぜ人の幸せを喜んであげられないのだろう。なぜ私は赤ちゃんに選んでもらえないのだろう」
と涙を流していました。2022クリスマス 5

 子宝神社、食べ物等あらゆることを試しても、授からない。そのことに固執し悩んでいる自分も情けなく思う日々でした。結婚6年目に不妊治療を始めてすぐに妊娠し「やっと」と思ったのも束の間。心拍を確認できないまま流産となりました。もう授かれないかも…と絶望し、なかなか立ち直ることができませんでした。
 それからは治療以前よりも苦しく、終わりのないトンネルの中にいるようでした。毎日教会に参拝し、誰かのお役に立てる喜びを感じている時に娘を授かりました。前駆陣痛を含めると38時間かかりましたが、長い陣痛のおかげで主人が福岡に来て立会い出産することもできました。それからの日々は娘を見るだけで幸せな気持ちをいただいています。

 私、よく頑張った!辛い治療にもよく耐えた!
 主人もいつも寄り添って支えてくれてありがとう!

 現在娘は7ヵ月になり、寝てるだけの生活は終わり、何でも「つかみたい・舐めたい・引っ張りたい」お年頃。力も強くなり、私の髪を引っ張る度に抜ける毛…。(私以外の方にしては大変だ!)と思い、引っ張られた時に噓泣きをしてみました。初めて見る母の泣く姿にビックリして固まっていました。これを機にやめてくれた…なんてことはありませんでしたが(笑)

 これから娘を育ていく中で、人生の先輩として色んなことを伝えていくスタートラインに立ったのだなぁ。その時、娘を1人の人として「認めてほめて感謝」することを忘れずに、私も一緒に成長していきたいです。

 ありさちゃん、私たちを親にしてくれてありがとう。

YUKI

2022クリスマス 2

“🍰 さゆちゃんの気ままにスイーツ🧁 ”
(Part 21)

マグカップ一つで☕️✨レンジで簡単、ショートケーキ🍰

 みなさまこんにちは(o^―^o)ニコ
 いつも日々有難うございます😊🙏今年の夏は本当に暑い日が続きましたね。
 10月に入っても、半袖で過ごせる日も多く、秋はどこへ行ってしまったのかな🍂と思うこともありましたが、庭の金木犀の花が咲き、『あぁ、今年もこの大好きな匂いを感じる事ができたんだなぁ』と一年を振り返り嬉しく思いました😉
 2023年最後の気ままにスイーツは、クリスマス🎄にもぴったり、レンジで簡単に作れる『マグカップケーキ🧁』をご紹介致します💖

2 お店屋さんのケーキ🍰はもちろん美味しいですが、今年のクリスマスは一人一個食べられる✨スポンジはレンジで簡単に作れ、いちごを使った贅沢なマグカップショートケーキは、テーブルセッティングも華やぎますし、マグカップのままプレゼントにも喜ばれます。
 果物も変えてみたり、スポンジをココア風にしたり、市販のカステラやスポンジケーキを使っても😍🙏ご家族のみなさまと、大切な人と、いつも頑張っている自分へ、ちょっと甘いものが食べたいなぁ✨という時に✨贅沢なオリジナルのマグカップケーキを作ってみてください☺️✨

【マグカップ一つで☕️✨レンジで簡単、ショートケーキ🍰】

(170mlのマグカップ2個分)

【材 料】
・スポンジ
◎卵    1個
◎砂糖   30g
◎薄力粉  30g
◎サラダ油 10g

・シロップ
◎砂糖   20g

◎水    50g
◎キルシュ 小さじ1 

・デコレーション
◎生クリーム 100ml

◎砂糖    10g
◎いちご   10個

《下準備》
シロップ作り

❶ケーキ用のカップとは別のカップにシロップの材料を全て入れて、レンジ(600W) で1分加熱し、砂糖が溶けた、冷蔵庫で冷やしておく。
(キルシュは無くても大丈夫です!)

❷マグカップにサラダ油(分量外)を塗る。
(油やバターをカップの周りに薄く塗ると、生地がきちんと膨らみ、またカップから取り出しやすくなります⭐︎)

❸スポンジ用の薄力粉をふるっておく。

❹卵を冷蔵庫から出しておき、常温に戻しておく。

❺デコレーションのいちごを3個薄切りにする。
(残りは飾り用に半分に切っても☆)

❻生クリームに砂糖を加え、泡立て器で好みの加減まで泡立てておく。

《作り方》
スポンジ作り

①ボウルに卵と砂糖を入れ、湯煎して、泡立て器またはハンドミキサーで、卵が白っぽく少しもったりするくらいまで泡立てる。

☞ポイント!~スポンジを制するにはこのしっかりとした泡立てが重要です☆泡立ちをよくするために、ひとまわり大きいボウルに①のボウルの底が付くぐらいまで60度〜70度のお湯を入れる。

②泡立てた卵液に薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ、油を入れる。

③マグカップ2つに、生地を半分ずつ流し入れ、ラップをかけて、電子レンジ(200W)で1個ずつ3分加熱する。

※生地が盛り上がり、ラップについたら加熱をやめ、一度ラップをはずし、再度ラップをかけて冷ます。

④粗熱が取れたら、マグカップから生地を取り出す。

デコレーション

①スポンジを横半分に切り、一切れをカップに戻して、作っておいたシロップを小さじ2ぐらいずつしみ込ませる。生クリーム、薄く切ったいちごを並べ、その上にもう一切れのスポンジをのせて、シロップをまた塗り、残りの生クリームや、いちごを飾って出来上がり✨✨

 クリスマス🎄バージョンでいちご🍓を使用しましたが、好みの果物やトッピングもご自由に✨
ココアバージョンの生地は、小麦粉を3g減らして、代わりにココアパウダーを入れ、一緒にふるっておくと良いです☆

3

決定1

 今年も気ままにスイーツをお届けさせて頂き、ありがとうございました🥰✨
 🎄メリークリスマス🎄
 素敵な年末年始をお過ごしくださいませ😃🙏

🍰スィーツ大好き、加藤沙祐里でした。

8

 子育ては、ただ、ただ、真剣に v(^▽^)

 私には、主人と男の子二人の息子がいます。
 私は、女系の家庭に育ったので、男の子の行動についていけず、また体も弱い上に、心も繊細で、本当に理解ができずに、日々悩み、私自身も体調を崩して、よくビダミン剤を点滴しておりました。
 教会では、家庭教育を学んでいましたが、いざ【子育て】という現場に戻ると、そんな学びは吹っ飛び、全くもって、一方的に感情的になるママでした。反省です。2022クリスマス 11

 そんな二人の息子は、小学校から大学まで野球を続け、高校では実家を離れ、寮生活をしました。
 年に数回しか会えない息子たちは、いろいろな仲間と触れ合い、また親以外の人から指導を受け、立派に成長をしていました。父母会での人間関係は、大変でしたが、子供のためなら、親はなんでもできるのだなとこの時ほど実感したことはありませんでした。
 最後は、私と主人の憧れの【甲子園】に連れて行ってもらい、本当に感激しました。あのアルプススタンドで応援したことは一生忘れないと思います。
 ついでに、子育てで辛かったことや、私のダメ母発言も全て、甲子園に置いてきました(笑)

 そんな息子たちは、26歳と24歳になり、長男は結婚して子供が産まれ、私もおばあちゃんになりました。
 こうして今、子育てを振り返ると、子供とぶつかったことも、反抗期で学校から呼び出しされたことも、また主人とも教育を巡り言い争ったことも、全て私が母親になるためのお勉強だったことに気づき、また子育てを通し、主人と私が本当の夫婦になれたのだなと思うことができました。

 少し自分を褒めるとしたら、、、

 きっと、良い悪いではなく【真剣に】子育てをしていたのでは。。。と自分を認めて褒めて感謝して、私の子育ての青春の1ページにして、今度は孫のために、頑張っていこうと思います。

M.T

メインイラスト12

 皆さん、こんにちは。自称23歳、一人旅とお酒が大好きなシュリーです(^▽^)/。
今回のディープな旅の世界は、古都奈良の西ノ京です。皆さんを唐招提寺、薬師寺へとご案内いたします。では、「ふら和ぁ航空」第2便に乗って出発~!

 前回紹介した京都駅から、近鉄線に乗って最短約30分で近鉄西ノ京駅に着きます。西ノ京駅から見える薬師寺三重塔の屋根をみやりながら、北に向かって平坦な道を徒歩11分。道すがらの古風なお蕎麦屋さん、お茶屋さんをのぞき、のぞき歩いて、今回最初のお目当ての「唐招提寺」さまに到着です。

DSCF2850

「唐招提寺」金堂(正面より)

 「唐招提寺」さまは、中国の唐時代の高僧 鑑真和上(がんじんわじょう)さま(688~763年)が建立しました。鑑真和上さまは唐の揚州(ようしゅう)に生まれ、14歳で出家し、洛陽(らくよう)・長安で修行を積まれ、713年に故郷の大雲寺に戻り、当時の唐の国を代表する高僧となられました。
 天宝元年(742年)、第9次遣唐使船で唐を訪れた留学僧の栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、仏教の真の戒律を日本に伝えて頂きたいという要請を受け、国禁を犯して渡日を決意します。その後の12年間に5回の渡航を試みるも台風などによって失敗。その最中に視力を失なってしまいますが、天平勝宝5年(753年)、6回目にして遂に日本、そして奈良の地を踏まれました。
 以後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされ、天皇を始め皇族や貴族、そして日本の僧侶といった多くの人々に授戒をされたのです。
 齢(よわい)54歳、すでに地位も名誉もすべて得ていらした鑑真和上さま。その和上さまが本当の仏教を伝えるために命がけの布教伝道を決意され、数多くの苦難を乗り越え日本に来られた時には視力を失なわれていらっしゃった。
 その「布教伝道」のお心に感動すると共に、(この美しい日本の姿をぜひ鑑真和上さまにお見せしたかった)。唐招提寺を訪れるたびにそんな思いが、私の胸に込み上げてきます。

 若葉して 御目(おんめ)の雫(しずく) ぬぐはばや

 この句は、あの松尾芭蕉が貞享5年(1688年)4月8日に唐招提寺にて鑑真和上さまの肖像を拝して詠んだ句と言われています。
 私はこの俳句を、「このお寺のたくさんの木々の中で一番瑞々しい若葉をとって、鑑真和上さまの言葉に尽くせない、さまざまな思いのこもったお慈悲の涙をせめてそのご恩にお報いするため、ぬぐわせて頂きたい」と解釈させてもらいました。 

DSCF2843

金堂の側面より

 この金堂は国宝。奈良時代の8世紀後半の創建当時をそのまま今に伝えています。お堂の中には「盧舎那仏坐像」(るしゃなぶつざぞう、国宝、高さ3メートル超)、「薬師如来立像」(やくしにょらいりゅうぞう、国宝、高さ3.36メートル)、そして「千手観音菩薩立像」(せんじゅかんのんりゅうぞう、国宝、高さ5.36メートル)の三尊がお祀りされています。「千手観音菩薩立像」は、953本の御手を実際にお持ちで、ただただ感動の一言です。

唐招提寺1

唐招提寺さま「御朱印」

唐招提寺2

鑑真和上さま「御朱印」

 次は、「唐招提寺」さまから西ノ京駅に戻っての「薬師寺」さまへのご参拝です。薬師寺は白鳳時代の680年に、天武天皇さまが妻である皇后さま(後の持統天皇)の病気平癒を祈願して建立を発願し、やがて病が癒えた持統天皇によって697年に完成しました。当時の大伽藍は“天下の四大寺の一つ”と言われ、大屋根の下に「裳階(もこし)」と呼ばれる屋根がついた堂塔のたたずまいは「龍宮造り」と呼ばれ、壮麗な建築を見るものを龍宮にいるかのような思いにさせるほどの美しさでした。
 その後、幾多の火災、災害そして兵火により「東塔」を除いてそのほとんどが失なわれましたが、歴代管主さま方の尽力によって、現在はその創建当時の姿が見事に復興され、古都奈良の文化財として唐招提寺と共に1998年ユネスコ世界遺産に登録されました。

DSCF2854

壮麗な「龍宮造り」の金堂(1976年再建)

DSCF2853

創建当時より約1300年間、唯一現存する奇跡の「東塔」

 この創建当時より約1300年間にわたり、今もなおそのお姿を見せてくれる「東塔」。“六重塔”に見えますが、実は“三重塔”です。大屋根の下に「裳階(もこし)」と呼ばれる屋根がついています。この美しいお姿を見たアメリカの東洋美術史家・フェノロサは「凍れる音楽♪」と評しました。また、
“大きな屋根の天武天皇さまが皇后の持統天皇さまを優しく包み、守っていらしゃるお姿に見える”
といった方もいました。(とっても、ロマンチックですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡)

DSCF2858

1981年に再建された「西塔」。これによって金堂を中心に東西の両塔が揃いました。

 私には忘れられない思い出が「薬師寺」さまにあります。それは、中学3年生の時の「修学旅行」でのひとコマです。修学旅行で薬師寺を訪れた日も、今回のように小雨が降る日でした。まだ20代前半ぐらいの若いお坊さんがマイクを片手に「東塔」を背にして、私たち生徒にお説法を始めました。当時、父親に反発して、いわゆるヤンキーであった私は仲間と一緒にしゃがみこんで、ふてくされて聞いていたのですが、次のお坊さんの言葉を聞いた時、私の心に大きな衝撃が走りました。
「あんたたちはな、誰のお陰でこの旅行に来れたんか?自分のお金で来たんか?そうやないやろ。お父さん、お母さんのお陰やろ。いま、こうして旅行をしている間も、一生懸命に働きながら我が子の無事を祈り、元気で帰ってくるようにと念じてくれてるんや。お土産は無理して買わなくていい。その代り、家に着いたら、お父さん、お母さん、有り難う。無事に帰ってきましたと言って御礼を言うんや。そして、修学旅行の思い出をたくさんお父さん、お母さんに話してあげる。それが、本当のお土産、土産話っていうんや」
 その若いお坊さんの話を聞いた時、私は心にあった何かがふっきれ、生れて初めて父親の笑顔が心に浮かんできました。そして、小さい頃は小児喘息がひどかった私を、発作が止まらず呼吸困難になると、たとえ夜中でもおんぶをして、何十分も駆け足で病院に連れて行ってくれた、そんな父親の大きな背中が思い出されました。
 そして、板金工場が倒産後、胃潰瘍で倒れた父親は病院で手術が必要だと言われましたが、手術をせずに私たち家族だけは露頭に迷わせまいと、出血をして痛いお腹をさすりながら、慣れない材木運びの新しい仕事をしてくれている、そんな父親の姿が心に浮かび、薬師寺の境内の隅で一人隠れて泣きました。
(お父さん、ありがとう)
 私は家に帰るとその一部始終を話して、手をついて両親に御礼を言いました。私の話を黙って聞きながら、お土産で買って帰った「生八つ橋」を美味しそうに食べてくれた父親と母親の顔は今も忘れられません。

薬師寺

薬師寺さま「御朱印」

 今回で「シュリーのディープなこころ旅🚄」も最終回。わずか2回の連載でしたが、私も改めて楽しい旅を皆さまとできました。またどこかの旅先で出会えたら嬉しいですね。
 では佳いお年をお迎えください。

感謝 by シュリー

 クリスマスのささやかなプレゼントとして、奈良の大仏さまとその周辺の素敵なスポットを紹介しますね(o^―^o)ニコ

IMG_0035

東大寺大仏殿

PXL_20231109_075705816~2

東大寺大仏殿「御朱印」

IMG_0052

大仏殿より二月堂、三月堂へと続く参道

IMG_0060

名物「わらび餅」(三月堂前の茶屋にて)

DSCN6613

「春日大社」釣り燈篭

IMG_0026

奈良公園で出会った鹿さん

DSCN6551

奈良の街にて

✨✨「ズバリ!開運~あなたの運勢」✨✨

 今年も12月を迎えました。一年の感謝の思いをしっかりと持つことが、明るい新年へと繋がります。では各星の運勢を鑑ていきましょうv(^▽^)q

【一白水星 吉】
 ご先祖さまに感謝し、若い人を助けて運気はアップ。大きな心でいきましょう。

【二黒土星 小吉】
 脚光を浴びても神仏のお陰さまと感謝していきましょう。「調和」を大切に。

【三碧木星 末吉】
 親や目上の人を立てて、感謝し、喜びを分け与えてください。

【四緑木星 中吉】
 今年一年の勤労に感謝し、奉仕の決意をしていきましょう。

【五黄土星 大吉】
 何事も明るく受け止め、善いことを進んで実践して、ますます運気はアップです。

【六白金星 大吉】
 周囲の人への感謝を忘れずに、和の心をこころがけて心願成就をしていきましょう。

【七赤金星 吉】
 今月は一年の総決算のつもりで、心身共に整理整頓していきましょう。

【八白土星 吉】
 神仏を大切にして、家長や、親、上司、目上の人に感謝してgoodです。

【九紫火星 中吉】
 不動心を持って、喜びの心をご縁のある方にお伝えして、運気をアップしていきましょう。

***** ***** ***** 

 より佳い年末・年始をお迎えください。皆さまのご健勝、お幸せを祈念しております。

「姓名・九星」鑑定士 H.E(仙台教会会員)

2022クリスマス 1

【お知らせ】
ご愛読者の皆さまへ

 2020年12月に創刊しました『ふら和ぁ』も、今回でvol.19を迎えました。
  〜あなたのいる場所であなたらしい花を咲かせてください〜
 このテーマのもと、婦人部の皆さまと共に思いを込め、作らせて頂きました。今回で、一区切りとさせて頂き、来年からは不定期での発行となります。
 これまで楽しみにしてくださいました皆さまに心より御礼申し上げます。
 今後とも、皆さまのご活躍を陰ながら応援させて頂きます。
 長らく『ふら和ぁ』をご愛読頂き、誠にありがとうございました!!
 
合掌

仙台教会婦人部一同2022クリスマス 10

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま(2023.11 HP)
    11月は庭野開祖の誕生月です(生誕日15日)。庭野開祖が帰依した『法華経』に基づく「久遠のご本仏さま…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  2. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  3. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…

関連リンク

ページ上部へ戻る