「法輪部」発足式盛大に行なわれる!!

 6月13日、爽やかな晴天に恵まれ、法輪部の発足式が盛大に行なわれました。新たに法輪部のメンバーとなり、この日を待ち望んでいた約200名と各支部の現役幹部約50名が参加。場内は、久々の再開を喜ぶ顔でいっぱい。また、思いもかけない志賀野元教会長の特別参加もあって、会場全体が感激と熱気に包まれていました。

DSCF9720 法輪部のメンバーは、今日の仙台教会の発展を担ってきた大功労者たちで、その深い信仰心と豊富な布教体験に対して、近藤教会長は厚い信頼と期待を寄せているようです。

 発足式は、高橋延之法輪部長の開会の挨拶、内藤兼市さんの説法に続き、近藤教会長が「法輪部設立の経緯」と題し、法輪部への期待を語りました。そして、志賀野元教会長の祝辞では、23年前と変わらぬ温かい語りに感極まる人も多く見られました。

 DSCF9707第2部として、ロコモ体操でカラダを動かした後に昼食をともに楽しみ、最後は石川記代法輪部顧問の挨拶でもって終了。ある参加者は、「このたび法輪部のお役を頂戴し、再びお役に立てることができると思うと本当にありがたい限りです」と感想を語っていました。これから益々健康に留意し、さまざまな活動などを楽しみながら布教者として精進していくことを誓い合いました。

法輪部設立の願い(合言葉)

私たちは
いつまでも
心身ともに健康で
楽しく・仲よく
本気で精進を続けます

 DSCF9718

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る