玄 秀盛氏(「日本駆け込み寺 代表)をお迎えして

多様化、複雑化する現代社会の人生苦にたいし、少しでもお役に立たせて頂ける仙台教会にならせて頂くことを目的に、9月30日(土)午前、公益社団法人「日本駆け込み寺」代表の玄 秀盛(げん ひでもり)氏をお迎えして「布教研究会」が開催されました。

DSCF9435

語りかけるようにご講演をされる玄 秀盛氏

「日本駆け込み寺」とは公益社団法人として玄秀盛氏が、東京都新宿区にある日本一の歓楽街と呼ばれる歌舞伎町に設立され、性別、年齢、国、宗教や被害者、加害者を問わず、DV、家庭内暴力、ひきこもり、虐待、多重債務、ストーカー、自殺など、さまざまな問題を抱えた人々の相談を受け、サポートをしている団体です。

当日は、立正佼成会仙台教会 会議室に、教会リーダーを中心に約30名が参加し、玄氏が紹介されたテレビ報道のVTR視聴、玄氏の講演、そして質疑応答が活発に行われました。

玄氏は講演の中で、
「私のところには老若男女を問わずさまざまな人が、さまざまな悩み、苦しみを抱えてお見えになります。ほとんどの方は、現実の社会から追われて命がけで来られます。私はそういった人たちの心に寄り添い、真剣に話を聴かせてもらいます。上から目線であったり、説教をしてしまってはだめです。限られた時間の中ですが、心からお話しを聴かさせて頂いたあと、《原点に帰るよう》相手にお伝えします。苦しみの根源となっているものを具体的に伝え、その根源に気づいてもらいます。その上で、“駆け込み寺”とは別名“縁切寺”です。今までのすべての「縁」をその人自身に切ってもらい、その人が新しい人生を自立して歩んでいってもらえるよう、精一杯の応援をしてもらっています」

という趣旨のお話を頂き、「人を救う」ことに命がけで取り組んでいらっしゃる、玄氏のお人柄と情熱も合わせて教えて頂いた研究会となりました。

DSCF9459

当日の研究会の模様

DSCF9471

参加者の質問に真剣に耳を傾ける玄氏

玄 秀盛氏プロフィール
 1956年大阪府生まれ。「4人の母」と「4人の父」のもとを転々として育つ。28業種に及ぶ職業を経験。10社以上の会社を設立。90年、比叡山の酒井雄哉大阿闍梨のもとで得度。2002年、「NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会」を立ち上げる。2011年に「一般社団法人日本駆け込み寺」を設立、翌年に「公益社団法人日本駆け込み寺」となる。3万人以上の相談者の問題を解決。その生き方、生き様はさまざまなマスコミで取り上げられ、またテレビドラマ化されている。『もう大丈夫』『駆け込み寺の男』『何があっても生きる』など、その著書・共著は多数にのぼる。

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…

一食を捧げる

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  3. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…

関連リンク

ページ上部へ戻る