🍀 “大きな心で楽々と生きられる人生に!” 教会長 近藤雅則(令和2年10月)

新井支教区長と(10月ホームページ使用)決定2

東北支教区 新井利昌支教区長(向かって左)と共に

 今月の会長法話は、「心が変われば、生き方が変わる」がテーマ。
 病気が治る、経済的な苦労がなくなる、そうした願望が成就することも信仰の大きな功徳です。しかし、常に変化し続ける無常の世界において、そうしたものを追い求めすぎると、ほんとうの幸せは、けっして得られるものではありません。むしろ、求めれば求めるほど苦しむことにもなるのです。
 願いがかなった瞬間は歓びを感じますが、次の瞬間には、また新たな悩み苦しみが生じてきます。そして、一生この繰り返しです。
 ほんとうの信仰の功徳とは、心が変わり、生き方が変わり、運命(縁=めぐりあわせ)が変わることです。こうして得られた幸せは確かなものです。たとえ現実の生活がどんなに厳しい状況であったとしても、魂の底から湧きだしてくる不思議な喜びにつつまれながら、安心して生きていくことができます。

 そのためには、仏法を素直に信じて行じていくことが必要です。仏法には数多くの教えがありますが、それらを煮詰めたギリギリのエキスとは、「一切衆生悉有仏性」(すべての人が仏と同じいのちをもつ尊い存在である)という真理がそれです。それを行じるとは、「いま目の前にいる人を信じて尊ぶ」ことに尽きます。
 では、「いま目の前にいる人を信じて尊ぶ」とは、具体的にどうすることなのでしょうか。仙台教会では、新型コロナウイルス感染のため教会にお参りできない今だからこそ、「私の家庭実践」ということで、「認めて・ほめて・感謝する」を重点的に実践しています。

 先日ある女性会員さんが、「うちの夫には、まったく認めるところも、ほめるところも、感謝するところもありません。嫌なところばかりが目につきます」と訴えてこられました。
 この女性はなぜ、こんなことを訴えてきたのでしょうか。一見、夫に対する不満を訴えていますが、「ご主人を尊い存在として見える妻になりたい」と願っているように感じました。だからこそ、わざわざ私の所に来たのです。
 その方に、これからの実践する魔法の方法を伝えました。まずは、ご主人が仏性をもった尊い存在と信じること。そして、たとえ同感できなくても、「そうだねー」と、一度認めてみる。「素晴らしいねー・さすがだねー」と、ほめてみる。「ありがとう」と、感謝の気持ちを言葉や態度に表わしてみる。
 これは、ご主人の機嫌を取っているのではありません。まして、ご主人に服従しているのでもありません。ご主人の仏性を拝んでいるのです。この実践の繰り返しの中で、家庭の雰囲気が良くなることは間違いありません。
 しかし、さらに大切なことは、自分自身が、物事の変化に一喜一憂することがなくなります。相手の言葉や態度にふりまわされなくなります。不都合な出来事が生じても、それを生かすことができるようになります。それが、「大きな心で楽々と生きられるようになる」ということです。

合 掌

 2020年10月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

042_04

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま 9月 メイン写真
    立正佼成会を創立した庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介し…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. HP 決定1(キャッチ画像)
    2月15日、立正佼成会仙台教会にて「市民講演会」(主催:仙台教会「あおばの会」)が開催されました。講…

一食を捧げる

  1. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  2. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  3. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…

関連リンク

ページ上部へ戻る