🎁「今、自分にできることを」コロナ禍の社会の中で

佼成新聞 マスク 決定 立正佼成会仙台教会では、路上生活者を支援するNPO法人「仙台夜まわりグループ」など、地域で活動する団体や児童養護施設、フードバンク、医師会など12団体へ、手製や使い捨てのマスク約4千枚を贈呈し、そして医療用マスクも贈らせて頂きました。その社会奉仕活動が、『佼成新聞』9月6日(日)号(本会機関紙、発行:佼成出版社)で紹介されました。
 その活動を思い立ち、中心になったのは、一昨年、去年と開塾された「市民社会のためのリーダー養成塾」(主催:仙台教会、塾長:近藤雅則)の卒塾生であり、主婦でもある山﨑哉依(としえ)さん、松浦久仁江さん、永浦佐知子さんの3名です。
 私たち仙台教会では、これからも地域社会のため少しでもお役に立たせて頂けるよう、このコロナ禍の時代、「今、自分にできることを」を合言葉に社会の中で努力して参りたいと思います。

1600135713917

向かって右から松浦久仁江さん、山﨑哉依さん、永浦佐知子さん

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 東田さん 2回目 決定の決定
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…
  2. 2021.12 使用
    このページでは、庭野開祖の珠玉のことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます…
  3. 決定写真1
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る