🌈西支部だより「あなたが一生の宝を教えてくれた観音さまでした」

アイキャッチ画像

 一昨年、支部の会員のAさんのお嫁さんがガンと宣告され、闘病生活を送っていました。同じ支部のAさんを思うと、何もしてあげられず、ただAさんの辛い思いをじっくりと聴かせて頂こうと思いつつ、しっかりと寄り添うことができませんでした。コロナ禍のなか、Aさんと二人でずっと『法華三部経』を読誦しての、ご当家の総供養をさせて頂いてきました。
 やがて、Aさんのお嫁さんの容態も落ち着いてきて、退院の兆しもみられ、明るい希望見えてきた矢先、昨年、再入院となりました。
 今を必死に、明るく、前向きに生きているお嫁さんを思ったとき、今、私にできることは何なのだろう!?

 Aさんやお嫁さんが辛いとき、その辛さや心のうちを聴いてもらいたい時、いつでも、すぐに駆けつけられるよう、それまで勤めていた朝の仕事を辞め、『法華三部経』の書写行をさせて頂こうと決心しました。
 朝、水行をとり、身を浄め、『法華三部経』の一偈一句を書き写させて頂くと、初めは、「どうかお嫁さんを助けてください!」という思いが強かったのですが、次第に、Aさん、お嫁さんの願いが叶いますように、どうぞ私が仏さまの願いに気づけますようにと願い、祈らせて頂きました。
 そして、「ありがとう!」の感謝の心に変わっていきました。私がお嫁さんの痛み、辛さ、そしてその病気を私が受けます!という心にさえなられて頂いたのです。
 書写行の用紙に一枚書くのに一時間。失敗しては、また書き直し、気持が集中してないと失敗してしまうのです。
 夏の暑い日には、汗をふきながらさせて頂くと、開祖さまが大聖堂建立の際、83日間かけてご本尊さまのお身体に納める「体内経」(『法華三部経』全巻)の書写行をされたことを思わせて頂きました。
 今まで、仏さま、開祖さまに祈られてきた私。そして、周囲の方々に祈り、念じて頂いてきた今までのことが想い出されました。

 昨年の『佼成』6月号の会長先生の「観音さまを念ずる」のご法話の中で、観音さまと同じ心、仏さまと同じ心を持った、その大慈悲心を発揮する大事さをお教えて頂き、教会長さんからは「慈心」と「悲心」の中でも信仰者は特に「悲心」、悲しみに寄り添う心の大切さを教えて頂きました。
 念じて祈る中で、ある時気づかせて頂いたことがありました。それは、Aさんのお嫁さんは、私の心の中にある仏さまと同じ心、観音さまと同じ心=「仏性」を引き出してくれた。まさに、お嫁さんが観音さまだったんだ!と気づかせて頂いたのでした。
「Aさんのお嫁さん、ありがとう」
 自分の身体も辛いのにも関わらず、いつも周りを明るくし、人のことを思いやっていたお嫁さんでした。
 Aさんのお嫁さんは、昨年の7月、34歳の若さで3歳になる息子さんを残して旅立たれました。

 コロナ禍の中で、一時は退院のきざしも見えた時には一緒に喜び、ご供養も一緒にさせて頂き、辛い時には電話で心を聴かせて頂いてきた一年半。私はどれだけお二人に寄り添うことができただろうかと、ただただ祈ることしかできなかった、それしかできなかった私でした。
 辛く、悲しいことではありましたが、教会長さんやサンガの皆さんが祈り、お慈悲をかけてくださったお陰さまで、Aさんは一歩を踏み出し、今、お孫さんと一緒に前向きに生きようと頑張っています。
 有り難うございます。

合 掌
仙台教会西支部会員 Y.Y

IMGP0521

IMGP0526

Y.Yさんが書写をされた『法華三部経』(上部3枚の写真、全体の一部分を掲載しました)

 

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022.04.01 使用写真
    今年も4月を迎えました。8日にはお釈迦さまの「降誕会」を迎えます。今月は、そのお釈迦さまの教えを中心…
  2. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…
  3. キャッチ画像
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る