“仏教は、平和で楽な生き方のススメ!” 教会長 近藤雅則(平成30年8月)

 『佼成』8月号の会長法話は、「敬う心と恥じる心」がテーマ。
 今月は「八正道(はっしょうどう)」の中の「正行(しょうぎょう)」について教えられています。正行は、正しい身の行いということで、不殺生(ふせっしょう)・不偸盗(ふちゅうとう)・不邪淫(ふじゃいん)という「身の三悪」を犯さないことです。

 不殺生とは、ものの“いのち”を意味なく奪わないこと。
 私たちは生きるために他の“いのち”を頂かなければなりません。他の“いのち”の犠牲の上に私たちの“いのち”があるわけですから、有意義な生き方をしなければなりません。そして、世のため人のために役立つことをしなければ、頂いた“いのち”に申し訳が立たないのではないでしょうか。
 また、わが国では、冷蔵庫の中の食材を腐らせ、捨ててしまう量が膨大だと聞きます。これも立派な殺生と言えましょう。さらに、最大の殺生は戦争です。戦争は、人間ばかりでなく、あらゆる“いのち”を奪い、大量のものを破壊します。今月、本会では、「戦争犠牲者慰霊・平和祈願の式典」が本部・各教会で行われますが、この地球上から戦争をなくし、平和を維持するために、自分に何ができるかを考えてみましょう。

 不偸盗は、与えられていないものを取らないこと。
 実際に、他人のものを盗むことはないとしても、もし時間に遅れて、相手を待たせたとしたら、その人の時間を盗んでいると言えるかもしれません。また、働いた分以上に給料を得ることも盗みと言えないでしょうか?
 私たちは毎日酸素を吸って生きています。この酸素の代金を支払うと、1日7万円、1年間で2500万円、80年で20億円になるそうです。私たちは、それだけの酸素を自分のものと思い込んで吸っていますが、果たして自分のものと言えるでしょうか?そう考えると、ただただ感謝で、“おかげさま”としか言いようがないように感じます。

 不邪淫は、邪(よこしま)な男女関係を結ばないこと。
 近年、性の乱れが蔓延しています。ネットの影響もあり、性の乱れが低年齢化し、子供たちが被害にあうことも深刻です。不倫をしてもなんら恥じることもなく、自慢している人さえいる始末です。そうした性の乱れは、本能的欲望を抑えることができない人であり、精神的に未熟で、動物に近い人間が増えている証拠かもしれません。
 性の衝動は、性暴力や誘拐などの犯罪につながるケースもあります。また、一時的な快楽を追う結果、大切な家庭を破壊し、仕事や地位を失い、人生を台無しにする人も少なくありません。性本能を満たすために失うものはあまりに多く、損得から言っても割にあわない話なのです。

 仏教は、堅苦しい戒律があって、私たちを縛っているように感じるかもしれませんが、そうではありません。むしろ、こうした生き方をしていけば、家庭も社会も平和で楽に生きられるという「生き方のススメ」なのです。

合 掌

 平成30年8月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

dc083057

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る