🍀 “人を幸せにするよう「ことば」を使いましょう” 教会長 近藤雅則(令和元年12月)

DSCF2848

NPO法人 テラ・ルネッサンス創設者である鬼丸昌也先生(向かって左側)と世界平和への実践を誓う近藤雅則教会長

 今月の会長法話は、「弁を尽くす」がテーマ。
 お釈迦さまの十大弟子の一人である富楼那(ふるな)は説法第一といわれ、とても雄弁であったと伝えられています。しかし、彼の雄弁は、世間によくある口先だけの能弁ではなく、教えをしっかり理解した上で、それをよくかみくだき、どんな人の頭にもはいりやすく、どんな人の心をも感動させるように話すことができたとのことです。
 “ことば”は、とても大きな力をもっています。“ことば”の使い方次第で、人を幸福にすることもできれば、傷つけることも容易にできます。よって、“ことば”の使い方を学ぶことはきわめて大切なことだと言えます。

 あるご夫婦の話です。結婚して長年が過ぎ、夫婦二人の生活も長く、会話はほとんどなくなっていたようです。ある日、二人でテレビを見ながら「おとうさんは大したもんだねー」と、無意識のうちにご主人を褒めたそうです。すると、ご主人がこれまで見たことのないような嬉しい笑顔になったそうです。その時思ったそうです。人はたった一言で、こんなにも喜ぶものなのか。それ以来、ご主人が喜びそうなことばを使うように努力したそうです。“ことば”の使い方だけで、これまで味わったことのないようなありがたい生活に変わったわけです。

 もう一つの話は、布教先での話です。ある新入会員さん(Aさん)がベテラン会員さんと布教に行ったそうです。訪問先で入会を勧めるのですが、相手はなかなか納得されない。「いい教えであることは分かるのですが、家族の意見もきかなければなりませんし…」と、拒んでいました。
 しかし、Aさんは根気強く、信仰のありがたいことを一生懸命伝えたそうです。最終的には、そのAさんの熱意というか、“思い”が伝わり、相手の方が入会されたそうです。一緒に行っていたベテラン会員さんは、自分はAさんのように情熱をもって、正直に教えのありがたさを語っていただろうか。どんなに正しく立派なことばでも、理屈だけでは伝わらないことを再認識できたとのことでした。

 立正佼成会に「入会者即布教者」ということばがあります。入会まもない新入会員であっても、この仏道に導かれた喜び、感動を、あるいは自らの未熟さや反省点をありのままに伝える。その正直で真剣な話や姿勢に多くの人が感化されました。
 “ことば”には、それを発する人の心や情熱が宿り、人を動かす力・変える力があることを知り、人を幸せにするよう使わなければなりません。

 2019年12月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

043_03

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…

一食を捧げる

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  3. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…

関連リンク

ページ上部へ戻る