🍚 一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式を開催しました

 令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。
 一食地域貢献プロジェクトは、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで活動を展開している団体に、一食を捧げる運動で頂いた浄財の一部を支援させて頂くというプロジェクトです。仙台教会ではこれまで2015年から昨年まで毎年一団体ずつ支援させて頂いて参りました。
 今年は、「特定非営利活動法人 World Open Heart」さんに、一食の浄財を支援させて頂くこととなりました。
「World Open Heart」さんは、日本初、現在でも2団体しかない加害者家族の支援団体で、約10年の支援実績があり、近年では年間約300件の相談を加害者家族の方々から受けておられます。社会の偏見から生じる苦難の中にいて、あらゆる支援の網の目からこぼれていた加害者家族の方を支援されています。
 贈呈式には「特定非営利活動法人 World Open Heart」理事長の阿部恭子氏と副理事長の関孝ヱ氏にご臨席賜り、プロジェクト委員である阿部好伸渉外部長より目録(贈呈金額20万円)が贈呈されました。
 その後、阿部代表から「World Open Heart」の活動についてご講演頂きました。その中で、加害者家族が周囲からの非難によって、転居を余儀なくされるなどの境遇に陥り、とりわけ罪のない子どもがとても辛い思いをする事例を教えていただき、聴衆一同胸が締め付けられました。そして何より、これは決して他人事ではなく、交通事故など、誰もが今日、突然、加害者家族になる可能性があることを教えていただきました。普段あまり意識することのない人権や偏見といった問題を考える機会を頂きました。P_20191201_113441

IMG_6145

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る