「一食を捧げる運動」仙台教会の取り組み

「一食を捧げる運動」仙台教会の取り組み

立正佼成会 仙台教会
「一食を捧げる運動」推進委員長
鹿内敬祐

仙台教会の取り組み

 一食を捧げる運動とは「世界のみんなが幸せになってほしい」と祈り、世界の各地で貧困や紛争にあえぐ人々の空腹のつらさを自分の痛みとするために自らも食事を抜き、その食事の代金を各自がその都度募金箱に入れていきます。そうして集められた募金を貧困や紛争にあえぐ人々のために活用する運動です。
 仙台教会では毎月1日、15日、そして東日本大震災の月命日にあたる11日を「一食を捧げる運動」の実践日とし、一食分の食事やコーヒー、お菓子などの嗜好品を我慢してその代金にあたる金額を募金しています。11日を実践日としたのは、震災で亡くなられた方のご冥福と被災された方の1日も早い復興を祈る心を強くしたい、震災を忘れないという思いからです。仙台教会の多くの会員の皆さまのご努力とご協力により、昨年度は仙台教会として1,477,908円を献金することが出来ました。
 また、昨年度は献金の一部をNPO法人冒険あそび場せんだい・みやぎネットワークさんへ寄付させて頂きました。こちらは「あそぶ」「つなぐ」「そだつ」をテーマに、子どもの声がはずむ豊かな地域づくりに取り組んでおられる団体で、特に震災後は遊びが持つ「心のケア」の役割や、コミュニティー形成の機能に注目し、遊び場づくりを通じて被災地域の復興に取り組んでいらっしゃいます。従来は、世界各地の貧困や紛争にあえぐ人々のための大きなプロジェクトに募金が使われていましたが、地域貢献、更なる「一食を捧げる運動」の推進という観点から、非営利で地域社会でご努力されている団体に献金の一部を寄付することが出来るようになりました。今年度も寄付をする団体選定のための委員会を仙台教会内に立ち上げ、団体の情報収集が進められています。10月には、寄付をする団体が決定する予定ですので、その時はまた報告させて頂きます。
 「一食を捧げる運動」を通じて一回の実践、一回の募金の積み重ねが大きな力になることをしみじみ感じています。この草の根の運動を少しでも多くの人にご賛同頂き、また実践して頂きたいと心から願っています。

 

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る