アフリカへ毛布をおくる運動 実施中!!「一枚の毛布が生きる力になります」

「アフリカへ毛布をおくる運動」(同運動推進委員会主催)の収集キャンペーンが、今年も4月1日から全国で実施されています(5月31日まで)。
(※実施概要は下記をご覧ください)

アフリカへ毛布をおくる運動

仙台教会道場内での受付コーナー(2016年)

 33年目を迎えた今年、これまでに全国の市民や会員からおくられた毛布は411万7325枚にのぼり、真心のこもった毛布がアフリカ諸国の皆さんに手渡されてきました。アフリカの現地では、毛布は寝具としてはもとより、日よけ、防寒着などさまざまなシーンで活用され、温暖の差が極めて大きい過酷な自然環境の中で生きる人々の「命」を守る大切な役割を果たしてきています。
 2017年度も例年と同じく、私たち仙台教会も同運動に積極的に参画して参ります。皆さんのご協力をお願いします。

【国内毛布収集キャンペーン期間】
4月1日~5月31日
【配布対象地域】
アフリカ諸国(詳細は8月頃までに決定します)
【主催団体】
アフリカへ毛布をおくる運動推進委員会〈構成団体(五十音順)=AMDA社会開発機構、JHP・学校をつくる会、日本国際ボランティアセンター、立正佼成会〉
【後援団体】
外務省、国連難民高等弁務官駐日事務所、国連世界食糧計画WFP協会、明るい社会づくり運動
【協力団体】
日本通運株式会社
【同運動ホームページ】
http://www.mofu.org

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 東田さん 2回目 決定の決定
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…
  2. 2021.12 使用
    このページでは、庭野開祖の珠玉のことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます…
  3. 決定写真1
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る