仙台教会「あおばの会」が発足しました!!

 2016年8月28日(日)15:00から仙台国際センターにおいて、立正佼成会 仙台教会「あおばの会」の発足記念 市民講演会が開催されました。
「あおばの会」は以下の目的をもって発足しました。

あおばの会は、今日的な社会的課題や仙台教会を取り巻く諸課題に対して、宮城県内の学識経験者を中心とする有識者、地域社会で貢献活動をされている方々にお集まり頂き、対話・交流を深め、熟議を重ね、叡知を結集して、心豊かで住みよい平和社会の構築と実現に資することを目的とします。

 28日当日は、学識界、経済界、政界、医学界、宗教界などからの約150名の参加者のもと、「こころの復興に向けて」というテーマで、一般社団法人 みやぎ連携復興センター理事の紅邑晶子氏の基調講演、そして講演を受けて今も震災復興のボランティア活動に取り組んでおられる4名のパネリストによるパネルディスカッションが行われました。

パネルディスカッションの中では例えば、
「こころの復興と聞くと、被災された方のこころの復興ということに意識がいきます。しかし、もちろんそのことが一番大切なことには変わりませんが、実は私たち一人ひとりのこころの復興こそが、物心共に真に住みよい地域社会づくりに向けて大切なことではないでしょうか?」
といった提言がなされ、会場参加者と一体となった活発な議論・提案が展開されました。

なお、当日の紅邑晶子氏の基調講演ならびにパネルディスカッションの内容については、このホームページでご紹介して参ります。
どうぞ、お楽しみに!Coming Soon!!

DSC_0035

DSC_0074

 

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. キャッチ画像
    本年、教会発足60周年を迎える立正佼成会仙台教会では、その記念事業の一環として、「記念式典」が開式さ…
  2. キャッチ画像 決定
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」が、今年も第2期として開塾されました。今年の塾生…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る