🖊 第2回「市民社会のためのリーダー養成塾」が開かれました 📔

 本年次も第2期として開塾された立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」の第2回目(年4回)が、6月29日(土)、30日(日)に仙台市太白区秋保町(秋保リゾートホテルクレセント)で開かれました。
 今年の塾生は11名。20代から60代の会社員、企業経営者、地域の民生委員、児童委員、ボランティア活動者、主婦、そして本会職員といった人たちです。
 第2回の講義、講師は以下の通りです。

◇市民自らによる「よりよき社会づくり」の心と実践
講師:青木淳子(NPO法人「仙台夜まわりグループ」事務局次長)

◇困難を乗り越えていく力とは?
講師:小宮位之(NPO法人「八王子つばめ塾」理事長)

◇世のため、人のために、私たちができること
講師:新井純(NPO法人「仙台支え愛サポートセンター」代表理事)

 また、昨年度の本塾第1期生を代表しての実践報告として、

◇実践報告:「家庭教育の地域社会への普及」
報告者:熊谷瑞穂

 講義は、最初に講師の先生からテーマにそった基調となるご講義を受け、その後、講師を囲んでの質疑応答、そして塾生同士による「グループシェアリング」といった流れで進みます。

 青木淳子講師からは、ホームレスの方々に心から寄り添い、仙台市のホームレス支援の礎を築いてこられた体験をもとに、始まりとなったきっかけ、情熱と継続の大切さ、そして市民一人一人の役割とネットワークづくりの要点を学びました。

決定11

青木淳子講師

 小宮位之講師からは、「創意」「熱意」「誠意」があれば何事も必ず成就するという信念のもと、時代の先駆け、パイオニアとなった「無料学習塾 八王子つばめ塾」開塾前後の体験を通して、その心を学びました。

決定3

小宮位之講師

 新井純講師からは、「あなたの情熱が資本金!」という玄秀盛氏(公益財団法人「日本駆け込み寺」代表)からの叱咤激励のもと、“社会に自ら貢献する”という夢を、すべてゼロから実現していったその軌跡と実践を学びました。

決定6

新井純講師

 昨年の卒塾生の一人である熊谷瑞穂さんからは、「子どもに学ぶ家庭教育」をテーマに、人間性が育つ親子のふれあいをめざして、自らの家屋を提供して立ち上げた「家庭教育 ひだまりの会」の活動報告が行われました。

決定7

報告者:熊谷瑞穂さん

 2日目(25日)の午後、塾生による感想発表の後、東北大学名誉教授 齋藤忠夫氏(農学博士、本塾特別講師)より全体を通しての「ご講評」を頂き、最後に塾長 近藤雅則(仙台教会長)からの「まとめの言葉」によって閉塾されました。

決定8

「まとめ」をする近藤雅則塾長

決定2

講義を受けての真剣なグループシェアリング

記念写真(決定)

齋藤特別講師(前列向かって左から二番目)、小宮講師(同じく三番目)、新井講師(同じく四番目)を囲んでの記念写真

 第3回は8月24日(土)、25日(日)に、日本三稲荷の一つである竹駒神社(岩沼市)、そして社会福祉法人 臥牛三敬会「虹の園」(角田市)等の施設を中心に開塾されます。

仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」とは

「市民社会のためのリーダー養成塾」は、現代社会における市民社会からの要請に応えるべく、立正佼成会の庭野日敬開祖が提唱した『法華経』の真精神に基づく、“地域社会における平和活動の実践”をより力強く展開していくことのできる「人財」(=地域社会においてかけがえのない人材)を養成していくための学舎です。

P1000518

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. キャッチ画像
    本年、教会発足60周年を迎える立正佼成会仙台教会では、その記念事業の一環として、「記念式典」が開式さ…
  2. キャッチ画像 決定
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」が、今年も第2期として開塾されました。今年の塾生…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る