“自由自在になる道は布施行!” 教会長 近藤雅則(令和元年7月)

山形座敷童の部屋(決定)

山形座敷童の部屋にて

 今月の会長法話は、「自由自在に生きる」がテーマ。
 二つのおにぎり持っていて、それを5人で分ける。どのように分けたらよいでしょうか?二つとも自分だけが食べる。一つを食べて、残りの一つを4人で分ける。二つを5人で平等に分ける。自分は食べず、二つを4人で分ける。いろいろな分け方が考えられます。また、4人がどんな人かによっても異なると思います。4人が自分の愛する子どもであれば、自身は食べずにすべてを子どもに与えるでしょう。もし4人が苦手な人であれば、自分がすべて食べてしまうかもしれません。
 おにぎりの話なら、そんなに深刻ではありませんが、これが多額の財産だったらどうでしょうか?親が残した多額の遺産のために、兄弟が骨肉の争いを繰り広げる話はよく耳にします。遺産があることで、争いや苦が生じるわけです。苦労して残した財産のために争う子どもの姿を見て、亡き親はどんな思いになるでしょうか?

 仏教で“自由自在に生きる”とは、自分の思い通りに、勝手気ままに生きることではありません。欲にとらわれたり、自分の考えにこだわったりする心がすっかりなくなること、何ものにもとらわれない心のあり様を自由自在ととらえています。思い煩いも憂いもなく、気持ちがのびのびとして安らかな境地です、と教えられています。
 その意味からすると、私たちは、“自由自在に生きている”とは言えないように思います。ままならない現実にぶつかり、不足や不満、苛立ちや苦しみを覚え、不自由を感じることがよくありませんか。
 その原因は何でしょうか?
 妙法蓮華経の譬(ひ)諭品(ゆほん)第三には、「諸苦(しょく)の所因(しょいん)は 貪欲(とんよく)これ本(もと)なり」とあります。
 欲のない人はいません。また、欲があればこそ生きていける、進歩向上する力にもなっているといえます。しかし、この欲というものは際限がありません。この際限ない欲を“貪欲”と言いますが、これが苦の根本的原因だというわけです。よって、その欲をしっかりコントロールすること、“足るを知る”ことが自在に生きるために必要なのです。

 では、どうしたら欲をコントロールし、“足るを知る”ことができるのか?
 その答えは、布施行にあると思います。布施行は大切なものを手放なす行為で、大きく分けて三つあります。財施(お金や物を施すこと)、身施(身をもって施すこと、ボランティアなど)、法施(正しい言葉、役に立つ言葉を施すこと)の三つです
 布施をした後、なんとも言えない爽快感や解放感を感じます。断捨離をした後のスッキリ感にも似ています。手放すことで、欲が消滅するからだと思います。

 2019年7月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る