🥁「伊達太鼓」創部三十周年記念演奏会が開演!!

決定2-1(縮小) 12月8日(日)「成道会」の式典終了後、仙台教会太鼓部「伊達太鼓」創部30周年記念演奏会が行われました。
 幼稚園から小・中学生、高校生、大学生、そして青年、壮年、高齢者まで、すべての世代の部員が一同に揃い、総勢42名が壮大な和太鼓の演奏を披露しました。
 仙台教会「伊達太鼓」は30年前、仙台教会発足30周年を記念して、青少年の育成と地域社会への貢献をめざして誕生。今年、母体である仙台教会が発足60周年を迎え、「伊達太鼓」も30周年を迎えました。
 この日は新調した法被(はっぴ)も初お披露目されました。デザインは重厚さと落ち着きより意識した「印半纏(しるしばんてん)」。「印半纏」とは、襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた、襟を返さない法被をさします。この先何十年も仙台教会の後輩たちに受け継いでもらいたいという願いがこめられ、「伊達男」という言葉の由来ともなった仙台藩主伊達政宗公ご愛用の陣羽織を参考にして、色は「茄子紺(なすこん)」。
 茄子紺色とは夏野菜として親しまれている茄子の実のような紫みがかかった濃い紺色のことです。仙台市内でも名所、旧跡や案内看板、観光バスなどに使われ、仙台を象徴した色となっています。
 そして、子どもたちの部員には、若さと成長の象徴ともいえる「若竹色」です。
当日の演目は、
一、四季
一、道
一、ぶち合せ太鼓
の三曲。
 30周年を迎えた「報恩感謝」の心を胸に、より良き青少年育成と、地域・社会そして世界の平和を願い、総勢42名の部員が寒さも吹き飛ばす熱演。仙台教会に集まった約400名の人たちの心、魂に響く演奏を披露し、無事閉演しました。

決定1(縮小)

開演前に集まった方々への総勢42名による「報恩感謝」のご挨拶

決定3(縮小)

壮大な演奏で参加者の胸を揺さぶりました

決定4(縮小)

地域・社会、そして世界の平和に向けての“誓い”新たに

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る