🍀 “生き生きとした感性をみがきましょう” 教会長 近藤雅則(令和5年6月)

竹駒神社の村田守弘宮司様を囲んで(決定)

竹駒神社(日本三稲荷、宮城県岩沼市)の村田守弘宮司さまを囲んで

 今月の『佼成』ご法話のテーマは季節の風物に心を寄せてです。レイチェル・カーソンの言葉で、美しいものや神秘的なものを見て「きれいだな」「不思議だな」と感動できる感性があれば、苦しみや悲しみさえ乗りこえることができると教えています。豊かな感性は、苦悩から救われる道をみつける柔軟な心のはたらきにも通じていて、そのことによって命尽きるまで生き生きとすごせる・・・。(13頁)とあります。
 なんて素晴らしいことでしょう。こうした感性があれば、最高に幸福な人生といえるのではないでしょうか。苦しい時ほど、身近な自然に目を向けることで希望や勇気が湧いてきたり、とらわれから解放されたり、救われた経験をもつ方も多いのではないでしょうか。
 最近の私は、自然の美しさや不思議さとは無縁です。梅や桜の花が咲いたことも、スマホの画像を見て、見たつもりになっている自分に気づかされました。これでは豊かな感性は育つはずがありません。

 お釈迦さまが悟りを開かれたとき「奇なるかな、奇なるかな、一切衆生ことごとくみな如来の智慧・徳相を具有する・・・」と発せられたと伝えられています。“不思議だ、不思議だ、清らかな眼でこの世界を見ると、すべての人が仏と同じ智慧と徳をもつ光り輝く存在だ・・・”といった意味です。この時のお釈迦さまの心は躍り、感動に満ち溢れていたに違いありません。
 “一切衆生悉有仏性”すべての人間は仏と同じ尊い心や可能性を持っている。この言葉もお釈迦さまの感性によるものでしょう。私はこれを聞いて、「なるほどそうか」と頭で理解することはできます。しかし、心は躍り、感動に満ち溢れてきません。感性で受けとめていないからです。

 心を豊かに育てるには磨かれた感性が不可欠です。たとえわずかな時間でも、足もとに咲いている小さな花に目を向ける、遠くで瞬く星を眺める、すぐれた芸術や音楽に触れる、静かに瞑想するなど・・・、こうしたことで生き生きとした感性を磨きましょう。
 一方、日常生活の中には感性を鈍らせる要素もあります。私の場合は、次の五つが要注意です。①多忙であること。②効率性・生産性を追い求めすぎること。③価値があると思うものにしか関心を示さないこと。④便利すぎること。⑤物欲が強く、損得を考えすぎること。こうした無意識の習慣が、感性を鈍らせている要因だと思います。皆さんはいかがでしょうか。

合 掌

 2023年6月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

DSCF0791

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2023.8月使用
    8月も『法華経』を所依(しょえ)の経典とする立正佼成会の中心的行法である「仏性礼拝行」について、庭野…
  2. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…
  3. みんなの電話相談室
    仙台教会「みんなの相談室」では、本年秋より直通電話を開設して、会員・未会員を問わず地域社会の中で直面…

一食を捧げる

  1. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…
  2. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  3. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…

関連リンク

ページ上部へ戻る