こころの彩時記7 もし、お釈迦さまが「成道」されていなかったら!?

 過去や歴史に「もし」はないと言われていますが、例えば、もし織田信長が本能寺の変で生き延びていたら、豊臣秀吉、徳川家康はどうなっていたでしょうか?その後の日本はどうなっていたでしょうか?興味が尽きません。
 私たちが住む東北地方でいえば、

もし、平安時代の初期、蝦夷の指導者であったアテルイが坂上田村麻呂に勝っていたら。
もし、鎌倉時代の初期、奥州平泉の藤原氏と源義経が鎌倉幕府軍に勝っていたら。
もし、戦国時代に伊達政宗が天下を取って、”仙台幕府”が開かれていたら。
もし、楽天イーグルスに岩隈、田中両投手が残留していたら。

 きっと、今とは違った世界が現出し、展開されていたことでしょう。
 日本女子の駅伝レースの最高峰と言われる、実業団女子駅伝『クイーンズ駅伝2016』が、11月27日(日)に宮城県で開催されました。松島町中央公園前からスタートして塩竈市、多賀城市を経て仙台市に入り、仙台市陸上競技場にゴールする42.195kmのコースです。かつて、高橋尚子、野口みずきといったオリンピックランナーや日本を代表する女子ランナーが駆け抜けた大会です。
 z160255000000111その大会を間近に控えた11月中旬、参加チームの一つである某企業の選手やコーチの皆さんと、偶然、合宿所となった仙台市内の旅館に数日間、一緒に宿泊しました。そのチームは日本陸上界では著名なコーチを迎え大幅な世代交代をはかり、平均年齢も20代前半。予選会を好成績で突破して、ダークホース的な存在として注目されていました。
 
朝は4時過ぎには各選手が宿の廊下で腹筋や背筋の自主トレーニング。その後、5時にはランニング。食事も必ず納豆、野菜、ヨーグルト中心とした献立、昼間も一日中練習し、夜間も夕食後、各自が自主トレーニング。まさに、これ以上の練習があるのかというぐらいの努力、打ち込み用でした。
 
そして、いよいよ当日、松島町文化観光交流館前を12時15分スタート。ところが、実績ある第1走者がまさかの脱水症状のアクシデント。大幅に遅れをとります。その後、他の選手が猛烈な追い上げをみせましたが、来年のシード権獲得には至りませんでした。
‟もし、第1走者が普段の実力を発揮していたら・・・”
 
しかし、その夜、第一走者をけっして責めることなく、みんなで励まし合い、翌朝、来年に向けてのリベンジを胸に、選手みんなが満面の笑顔で宿を後にしたそうです。
 
12月8日は、お釈迦さまがお悟りを開かれた日。
 
今から約2500年前、インドのブッダガヤにおいて、明けの明星がキラキラと輝く早朝、お釈迦さまの本名であるゴータマ・シッダールタ王子はお悟りを開かれ「ブッダ」(真理を悟った人、覚者)となられました。
‟もし、シッダールタ王子がお悟りを開かれなかったら・・・”
 dscf2888この世に「仏教」そのものが存在しないことになり、八万四千といわれるお釈迦さまが説かれた「教え」が存在しません。観音さまも、お地蔵さまもいらっしゃらない。日本でいえばお寺はいっさいない。仏像もない。弘法大師、道元禅師、日蓮聖人といった仏教の偉大な先達もいない。ましてや、お釈迦さまの教えで救われた無数ともいえる数限りない人たちは、一体どうなったのでしょうか?そして、私たちは・・・。
 お釈迦さまの人間としてのお誕生日は4月8日です。ならば12月8日は、お釈迦さまが「仏」(ブッダ)として‟生きながらにして生まれ変わったお誕生日”ともいえるでしょう。
 そんな、仏さまとしてのお誕生日である12月8日「成道会」を、心からの喜びと感謝でお迎えしたいと思います。 

宗教は手本によって燃えつづける火である。
人に伝えられなければ消えてしまう。

ジュベール(フランスのモラリスト。1754年-1824年)

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 開祖さま 5月 アイキャッチ画像
    風薫る5月を迎えました。今月は「斉家(せいか)」そして「青少年の育成」に向けての庭野開祖のおことばを…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. キャッチ画像(決定2)
    「仙台あおばの会」は、「あおばの会 市民講演会」の開催や、諸団体との交流・共同ボランティアなど、地域…

一食を捧げる

  1. 1716720881654~2
    5月3日(祝)「白石市政70周年・市民春まつり」開催にあたり、たくさんの方々のご協力を頂き、寿丸屋敷…
  2. 決定写真1
    10月15日(日)、仙台あおばの会「第二回交流会」が開催されました。今回は「仙台一食地域貢献プロジェ…
  3. 決定&アイキャッチ画像
    紛争の早期終結と、ウクライナの方々が一日も早く安穏な生活を取り戻すことができるようにと、仙台教会では…

関連リンク

ページ上部へ戻る