【こころの彩時記12】菊と約束

菊の花

 先月8月、ファミリーで楽しめる夏休みスペシャルとして「100分de名著 for ティーンズ」がNHKのEテレで放映されました。その中で、第3回で取り上げられた『走れメロス』(作:太宰治)を見て、約束の大切さ、友情の尊さを改めて思わせてもらいました。
『走れメロス』のあらすじは、メロスという青年が妹の結婚式のためにある街に出かけます。ところが、この街の王さまが暴君であることをメロスは知ります。正義感の強いメロスは王さまに直談判をしたところ、王さまの逆鱗にふれてメロスが処刑されることになります。
 しかし、メロスには結婚式を控えた妹がいるので、無二の親友のセリヌンティウスに、「3日後の日没までに戻って来る」と約束をして、自分の身代になってもらいます。
 メロスは妹の住む村への行き帰り、怒涛逆巻く大河を必死で渡り、山賊の襲撃を跳ね除けながら、ただひたすら走って3日後の日没ぎりぎりに戻って来るのです。メロスとセリヌンティウスは互いの友情を確認し合い、しっかりと抱き合い、その美しい姿を見た暴君の王も改心をするのでした。

 そして、今月は9月。9日には、五節句の一つである「重陽の節句」を迎えます。陽数の極に位置する「九」が重なることから「重陽」と呼ばれてきました。中国で重陽が正式な節句として認められたのは漢代(紀元0年前後)で、宮廷での菊酒を飲み長寿を祈る習慣が民間にも伝わり、お祝いの日になったといわれています。
 ここで思い出すのが、上田秋成によって江戸時代後期に著わされた『雨月物語』(うげつものがたり)の中の「菊花の約(ちぎり)」の物語です。
 舞台は戦国時代の播磨の国、現在の兵庫県加古川市。左門という貧しい儒学者がいました。左門は旅の途中、病で倒れた宗右衛門という人物に出会います。左門の献身的な看護によって宗右衛門は一命をとりとめ、二人は義兄弟の“契り”を結びます。
 そして、数カ月先の九月九日の重陽の節句に、左門の家で再開することを約束して二人は別れます。
 やがて、九月九日、左門は宗右衛門の来訪を待ちますが、宗右衛門はやってきません。やがて夜も更け、左門は諦めかけた時、宗右衛門の姿が現れます。左門は大喜びをしますが、宗右衛門の様子が違います。左門の問いかけに宗右衛門はやっと経緯を話し始めます。
 宗右衛門は故郷に帰ると、ある策謀によって監禁状態に置かれてしまいました。どうしようもないまま月日は経ち、重陽の節句を迎えてしまいます。宗右衛門は、「人は一日に千里の道を行くことはできない。しかし、魂ならば一日に千里も叶う」という言い伝えにならい、自害して魂となって左門との約束を守ったのでした。
 そのことを語り終えると、宗右衛門は左門に別れを告げ、風と共に消え去っていきました。その後、左門は宗右衛門の仇をとったとのことです。

 メロス、そして宗右衛門の「約束」を守り通す信義。「約束」の意味の一つに、前世から定まっている運命、因縁とあります。「約束」を大事に生きていきたい、そんな思いを新たに「重陽の節句」を迎えたいものです。

早く咲け 九日も近し 菊の花
松尾芭蕉

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る