2018年度 仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」報告書

 仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(塾長 近藤雅則)は、本会の庭野日敬開祖が提唱した『法華経』の真精神に基づく、地域社会における平和活動の実践をより力強く展開していく「人財」を養成していくために開設されたものです。
 昨年の2018年はその「第一期生」14名が、それぞれの地域社会の中での奉仕の実践を誓願し卒塾していきました。その第一期の『報告書』を作成いたしましたので掲載いたします。
 下記の2018年「リーダー養成塾」報告書の部分をクリックして頂きますと、PDFファイルにてご覧いただけます。

2018年「リーダー養成塾」報告書

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. 2022 10 使用
    今月も庭野日敬開祖の珠玉のおことばを「一日一言」と題して、毎日更新し、1つずつご紹介していきます。今…
  2. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  3. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…

一食を捧げる

  1. line_300493065479587(決定2)
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い支える志をもって活動している団…
  2. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  3. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…

関連リンク

ページ上部へ戻る