東日本大震災から5年2ヶ月-被災された方々への思い-

東日本大震災から5年2ヶ月-被災された方々への思い-

「明るい社会づくり運動」仙台地区推進協議会活動報告

 立正佼成会仙台教会では、「明るい社会づくり運動」仙台地区推進協議会と連携し、誰もが助け合い、支え合う、明るく、温かい地域社会の実現を目指しての活動を積極的に展開しています。
 ここでは、「明るい社会づくり運動」仙台地区推進協議会の「被災者支援チーム」2015年度運動報告を掲載します。

 「生きる糧になる『生きがい』を共に創っていく仲間として継続的に支え合う」
 「全国から東北を訪れる人を後押し、共に支え合える環境を提供する」

 あの大震災から5年3ヶ月が経過している今、被災した地域では時が経過した現在だから発生している問題が少なくありません。
 被災者支援チームは、今だからこそ同じ地域の方が共に寄り添い、継続的に心を一つにする事が大切だと思い、お互いに支え合える運動を展開しています。
 そして、全国の同じ思いの人たちを受け入れることが自分たちにできる主体的な運動であるとも再認識しました。
 どうぞ全国の皆さん、是非ともふるさと東北を訪ねてください。明るい社会づくり運動の提唱者である庭野日敬師の思いを届けてください。
 私たちは精一杯皆さまを受け入れさせて頂きます。

仙台明社ホームページ
http://www.sendaimeisya.org/

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  2. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…
  3. キャッチ画像
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る