メジャーデビューをめざして「僕の夢、かなえます!!」

メジャーデビューをめざして 僕の夢、かなえます!!

佐藤拓見

seinen01_docx_pik1

 仙台を拠点にライブハウスを中心に活動し、CDもすでに3枚自主制作。今、女子のリスナーを中心に若者から支持を集めているロックバンドグループ 「aurelia」(オウレリア)。そのaureliaで、ドラムとコーラスを担当する佐藤拓見さん(22)が抱く「夢」を熱く語ってもらいました。

seinen01_docx_pik2

 僕には将来の「夢」が2つあり、そのどちらも叶えたくて、できる限りの努力をしています。
 一つは学校の先生になること。これは僕が中学生の頃からの夢であり、大学に進学し、4年生になった現在でも変わることなく志望しています。大学では生物学を学び、特に植物について詳しく研究しています。そのため、理科の教員免許を取得見込みで、5月には3週間の「教育実習」も経験しました。人と接することが大好きな私にとって、「天職」ではないかと考えています。
seinen01_docx_pik4 もう一つの夢は、今、組んでいるバンド「aurelia」でメジャーデビューをすることです。メジャーデビューとは、大手の正式なレコード会社から自分たちのCDが発売されること。高校1年生の時に学校の部活動でドラムを始め、学外でライブをするようになり、大学に入ってからは県内で運良く集まった同学年のメンバー4人で、日々活動しています。
 曲はすべてオリジナルで、コピーやカバーはしません。自分たちの音楽性を追求したいからです。
「aurelia」の伝えたいメッセージは、例えば僕たちの「story」という歌の詞に、次のような言葉があります。

 うまく言えない言葉
 ふわり宙に浮かんで消えた
 「もうだめだ」って
 思ってしまうのは
 どんな事よりも簡単だけれど
 諦めずに進んでいけるはずさ
 きっと
 ここから始まるストーリーの
 主人公は僕ではない あなただ
 つまづいて転んでも
 大丈夫 僕がいるよ
  ここには誰もいない
 道に迷ったみたいだ
 僕は何もかも捨てて
 あなたを探しにいくよ
 この手をとって

 ここから始まるストーリーの
 主人公は僕ではない あなただ
 つまづいて転んでも
 大丈夫 僕がいるよ

 僕たちは自分の足で歩んでいく、一人ひとりが人生の主人公なんだ。と同時に、一人じゃない、みんなつながっている。みんなで生きている。
 そんなことを僕たちは音楽を通して伝えていきたいと思っています。
 ぜひライブにきて体感してみてください。
seinen01_docx_pik5 活動は東京の渋谷や四谷、千葉、栃木など、計12カ所で全国ツアーライブをしてきました。仙台市内では少しずつ認知し始め、CDやグッズの売り上げも着実に伸びてきていますが、やはりそれでご飯を食べていくことができるとは、お世辞にも言えないのが現状です。
 教員とバンドを天秤にかけたとき、十中八、九は前者の方が安定した生活を送れると思います。しかし、自分のやりたい事に向けて全力を注いでいる友達の話を聞いて感動し、僕が本当にやりたいのはバンドであると再認識させて頂きました。やるからには、悔いが残らないようにやろうと思い、それからは大学とバンドの両立を目指し、無駄な時間をできる限り減らしたスケジュールで生活しています。
「教員をめざすよりも、バンドを優先にしよう」と決めたものの、ここまで私のわがままを受け入れてきてくれた母親への後ろめたさもあり、今もこのことを言えないでいます。そこで、先日、いわゆる「免罪符」ではありませんが、バンドを続ける上でのルールを二つ設けました。
 一つは、
〈いくら忙しくなろうと、しっかりと教員免許を取得して、大学を卒業する〉
もう一つは、
〈二十八歳になった時、バンドが安定していなかったらバンド活動を止める〉
ということです。三十歳という節目の年齢に安定できるよう、前もって自分の将来を見つめ直せるようにと二十八歳までとしました。
 もちろん、だからといってバンドをなぁなぁにするつもりはなく、むしろ時間に限りをつけることで一日、一日を大切にするようになりました。
 きっとこのことを話しても、両親や親戚から反対されることは目に見えてはいるのですが、自分で決めた道なのでこればかりは、たとえ両親であっても譲るつもりはありません。「親不孝ですみません」と謝ることが精一杯です。
 その分、私自身が納得できるくらい、がむしゃらに“夢”を追い続けようと思います。
 この世に生れたたった一度きりの人生です。その二度とない人生の将来の“夢”で悩めることも、“生きている”からであり、両親やバンドの仲間、友だち、そしてファンの皆さんに“生かされている”お陰だと思います。
 この感謝の思いを忘れずに、悔いのない人生を送っていきたいと思います。
 これからも、「aurelia 」、頑張ります。応援してください。     seinen01_docx_pik6

aurelia(オウレリア)

seinen01_docx_pik7

自主制作CD「藍色の約束」

 バンド名の和訳はミズクラゲ。2014年8月に結成、その年の10月に初ライブを行う。宮城県仙台市を拠点に活動中、全員が同い年の4ピースメッセージ ロックバンド。メッセージ性の強い楽曲群を生み続け、主に女性リスナーから強い共感を得ている。各メンバーから出される豊かな感情表現、「君」や「誰か」 に語りかけていく歌詞の数々は、観客の想像力を掻き立てる。
 2015年8月に仙台で行われた自主企画では、会場を満員にする。クラゲのように浮遊し、まるで深海に潜っているようなきらめきを届けている。

○ホームページURL http://aurelia-sendai.jimdo.com/

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. 決定03(アイキャッチ画像)
    2019年10月6日(日)13時より仙台国際センターにて、元内閣総理大臣 小泉純一郎氏を迎えての「市…
  2. DSCF2863
    立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の第3回目が、8月24日(土)、25日…
  3. 決定11
    私たち仙台教会では「教会発足60周年」の記念事業の一つとして、庭野日敬至言集「一日一言」を〈たんぽぽ…

一食を捧げる

  1. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …
  2. 一食募金箱 キャッチ画像 2
    立正佼成会一食平和基金運営委員会は、東日本大震災で被災した宮城県の復興支援自供として、被災地で活動す…
  3. IMG_3177
    平成30年12月1日(土)「一食地域貢献プロジェクト2018贈呈式」を開催いたしました。このプロジェ…

関連リンク

ページ上部へ戻る