🗺 私はいま「日本語教師」をめざして

大川さん決定1

夢に向かって前進する大川さん(仙台教会にて)

 大川弘文さん(30歳)は、今、「日本語教師」をめざして奮闘努力の真っ最中です。「日本語教師」とは、外国人を対象に日本国内や世界各国、各地域で日本語を専門的に教える仕事です。今回はそんな夢を抱く青年をご紹介いたします。

 私は今、日本語教師になるため、勉強に励んでいます。この職業を知ったきっかけは、ミャンマーを訪れた際、現地で日本語教師として活躍している方と出会ったことです。ミャンマーへの想いや、日本語教師のやりがいをたくさん話してくださり、とても興味が湧きました。
 帰国後、日本語教師について細かく調べてみると自分にもなれるチャンスがあることが分かりました。しかし、日本語教師になるための道は簡単ではなく、はじめはとても悩みましたが、妻や家族と相談するうちに「よし、やってみよう!」と思い、仕事を辞めて学校へ通い始めました。
 現在、学校も卒業間近でいよいよといったところですが、教師としてはここからが本番です。いつも応援し、励ましてくれている妻への感謝の心を忘れずに、少しでも自分が世界の必要とされる人に喜んでもらえるよう、しっかりと気を引き締めて、さらに頑張っていこうと思います。

大川さん決定2

関連記事

youtubeチャンネル

注目の記事

  1. DSCF6243
    仙台教会では教会幹部が一体となって、最先端のデジタル技術を駆使しての“布教改革”に取り組んでいます。…
  2. 平和への提言2
    3月3日、近藤雅則仙台教会長より「ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急提言」が発表されました。その緊急…
  3. キャッチ画像
    さまざまな事情によって、親や友人、あるいは行政などには相談できない妊婦さん方の「にんしんSOS窓口」…

一食を捧げる

  1. line_399502288187336
    「一食地域貢献プロジェクト」は、困難な状況に直面している方々に寄り添い、支えていこうという志などで…
  2. 一食募金箱 キャッチ画像
    立正佼成会「一食(いちじき)平和基金運営委員会」は、令和2年度の運営計画を発表しました。今年度の予算…
  3. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…

関連リンク

ページ上部へ戻る