自分の“いのち”の中にある仏を自覚しましょう! 教会長 近藤雅則(平成29年11月)

DSCF3900 2 『佼成』11号の会長法話は、「親孝行と菩薩行」というテーマでした。印象深いのは次の言葉です。

☆(親や先祖に安心してもらえるには、)①暮らしの一つ一つに、ていねいにとりくむ。②日々明るく、楽しく過ごす。③人に喜ばれるようなことを誠実に行う。

☆親孝行も先祖供養も菩薩行も、根本においては一つ・・・これらすべてに共通するのは、いま命あることへの「感謝」です。

 立正佼成会の皆さんの中には、「何のために信仰しているのですか?」と問われて、しっかり答えられない人がいるかもしれません。立正佼成会の信仰の目的は何ですかとの質問に対し、開祖さまは、「仏になること」と、間髪入れず答えられたそうです。
 「仏になること」とは、簡単に言うと、人格を高めることです。具体的に言えば、四無量心といって、「慈心」(人の幸せを願う心)、「悲心」(人の悩み苦しみを取り除いてあげたい心)、「喜心」(人の喜びを共に喜ぶ心)、「捨心」(とらわれを捨てる心。自分の施した恩に対して報いを求めず、自分の受けたあだを忘れる心)を高めることです。

 そして、もっと大事なことは、自分の“いのち”の中にある仏を自覚することです。それは、自分が“仏の子”であり、仏と同じ永遠の“いのち”に生かされているという実相を知ることです。私たちは、仏の子である自分(=本当の自分)というより、欲深く、愚かで、無力で、未熟な自分(=仮の自分)である方により強く意識しがちです。その意識を捨て去り、無限の“いのち”と力をもった尊い存在である本当の自分を自覚することです。その自覚を深め、仏の子としての“いのち”を浄めていくことが、私たちの生まれてきた目的・生きる目的であり、信仰の目的であると言えるでしょう

 しかし、突然そのように言われても、私たちは即座に理解することができません。そこで、仏という存在を理解しやすいように、まずは親孝行と先祖供養の実践を教えられました。親・先祖の“いのち”をずうっと無限に遡っていくと、最後に“いのち”の大本にたどりつくはずです。それを「仏」とか「本仏」と呼んでいるわけです。自分の“いのち”の本である親・先祖を尊び、大事にすることから始め、最終的に仏の“いのち”に思いを至らすことができるように教えられているのです。

 菩薩行も、決して特別な行いではありません。本会会員の中には、「立正佼成会に入会したために、この忙しいのに、よけいな菩薩行をさせられている」と感じている方もいるかもしれません。私たちは、私以外のすべての存在に生かされ生きているというのが真実です。すべて、おかげさまの世界なのです生かされている以上は、自分も何か精一杯、自分以外のために役に立つ生き方をすることが自然であり、人間本来の生き方です。本来の生き方がしっかり定まってくると、生活が順調に定まり、人生も順調に定まり、健康や財産にも恵まれてくるのです。

合 掌

    平成29年11月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

3秋11

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る