“潜在意識を正すことが宗教の役割!” 教会長 近藤雅則(平成30年11月)

収穫祭2018. 10(決定)

古川での秋の「収穫祭」より(2018年10月)

 『佼成』11月号の会長法話は、「思いやり」をいつも心にがテーマ。
 「八正道(はっしょうどう)」の中の「正念(しょうねん)」について教えられています。「正念」とは、「心を常に正しい方向に向ける」という意味ですが、「心がほどけ、安らかで楽しいとき」こそ、心が正しい方向にあるときと教えられています。
 「安らかで楽しいとき」とは、好きな遊びをしたり、おいしいものを食べたり、のんびり温泉に入っているときのことではありません。「迷(まよ)いや煩(わずら)いから離れ、安楽で淡々とした心の状態」のときのことです。そのような状態になるためには、朝夕の読経を習慣とし、慈悲、思いやりの心をもって生きようということです。

 立正佼成会では、菩薩行(ぼさつぎょう)といって、他者のために思いやりをもって行動することの大切さが説かれます。それは「迷いや煩いから離れ、安楽で淡々とした心の状態」になるための行動に他なりません。その中でも、手どり(相手のところに出向き、慈悲の心で出会うこと)は、とても重要な行動です。
 相手に慈悲の心で出会い、相手の幸せを念じたり、問題が早く解決できるように念じたりするとき、その人は自己の都合や見方から離れ、心が正しい方向に向いている瞬間と言えましょう。

 仏教に、「一念三千(いちねんさんぜん)」ということばがあります。この世界の出来事は、すべて自分の一念のままに展開するというような意味です。悲観的に考える人は、悲観的な出来事が展開する。肯定的に考える人は、肯定的な出来事が展開する。不満の心で受けとめる人は、不満の出来事が展開する。ありがたいと感謝で受けとめる人は、ありがたい出来事が展開する。自分の人生を決定するのは、すべて自分の一念次第ということになります。

 私たちの心は、大きく分けて顕在(けんざい)意識潜在(せんざい)意識があります。顕在意識は自分で意識してコントロールすることができますが、潜在意識はコントロールすることが難しいのです。一念には、この潜在意識も含まれます。よく「わかっちゃいるけど、やめられない!」ということばを耳にします。すべて自分の意識した通りに行動が伴うならば、倫理・道徳だけでもよいのでしょうが、自分で意識できない潜在意識を正していくところに宗教の必要性があるのです。
 仏教は、自分では整えることができない潜在意識を正し、人生を正しいレールの上に乗せるものなのです。

合 掌

 平成30年11月1日

立正佼成会仙台教会
教会長 近藤雅則

DSCF0871

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る