こころの彩時記1「おばあちゃんの言葉」

column_img01

 ある若い小学校の先生から聞いた話です。いつも内向的で、人前で話すことが苦手な小学5年生のA子ちゃんが、毎週1回の学級活動の時間に発表の順番がまわってきた。その学級活動の発表では、自分の夢や家のことなど、なんでもみんなの前で話していいことになっている。
 ところが、三日前、二日前と当日が迫ってくると、そのA子ちゃんがだんだんと暗い顔になってきた。A子ちゃんにその先生が声をかけてみると、べそをかきながら「みんなに何も話すことがない」と話してくれた。
 その先生が、先輩の先生に相談すると、
「生徒のみんなに日記を書かせているよね。A子ちゃんの日記を見れば、必ずヒントがあると思うよ」
 その先輩の先生の話では、日記をしっかりと書いてくる子どもは、必ずまっすぐに成長していけるのだという。その理由は、家で暖かな会話があるから、それを題材に日記を書ける。家庭での暖かい会話が、子どもにとって最も心の成長の糧になるという。
 早速、先生がA子ちゃんの日記を最初から読み返すと、おばあちゃんとの会話や一緒に出かけた話が出てくる。しかも、おばあちゃんと一緒に神社に出かけて、神さまを拝んできたこと、お小遣いからお賽銭を入れたり、「ご朱印」を頂いて嬉しかったことがたくさん書かれてあった。
 翌日、A子ちゃんに先生が声をかけた。
「A子ちゃん、おばあちゃんと神社によく行くんだね」
そう話した瞬間、A子ちゃんの表情がぱぁーと笑顔に変わり、話し出した。
「私、おばちゃんと神社に行くのが大好き。おばちゃんが神さま、ご先祖さま、お父さん、お母さんを大事にすると、幸せなお嫁さんになれるって」
 A子ちゃんの話を聞いたその先生は、
「A子ちゃん、その話をみんなにしようよ」
そう話すと、A子ちゃんとは眼を輝かせて大きく頷いた。
 学級活動の日、A子ちゃんは自分の宝物の「御朱印帳」をみんなに見せながら、おばあちゃんとの神社めぐりのことを喜んで話し、それから人前でもしっかりと話せる子に成長していったという。
 人を幸せにするものは何か?ということが、アメリカのハーバード大学の75年間にわたる調査・研究で明らかになった。
そのキーワード、「暖かな人間関係」ということである。
 私たちの家庭一つ一つに暖かな人間関係が築かれ、その家庭を構成する家族一人一人が、それぞれの職場や学校、コミュニティ、地域でまた暖かな人間関係を構築していく。そんな社会が実現したらと思うと、自然とワクワクしてくる。
 フランスの小説家であるスタンダールは、次の言葉をのこしている。

愛する人と共に過ごした数時間、数日もしくは数年を経験しない人は、幸福とはいかなるものであるかを知らない。

 

関連記事

平和へのメッセージ

注目の記事

  1. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  2. 第1回から第4回 記念写真(決定)
    2019年次の仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」も無事に終了しました。このリーダー養成塾では…
  3. 光祥さま記念写真(決定)
    本年次、第2期の立正佼成会仙台教会「市民社会のためのリーダー養成塾」(年4回)の最終回となる第4回が…

一食を捧げる

  1. 保科丸森町長に支援金(決定)
    私たち立正佼成会「一食平和基金運営委員会」では、台風19号により甚大な被害があった宮城県に対して、総…
  2. P_20191201_113441
     令和元年12月1日㈰「一食地域貢献プロジェクト2019贈呈式」を開催しました。今年は、「特定非営利…
  3. ユニセフ募金&アフ毛
    今年も県内各地で、ユニセフ街頭募金とアフリカへ毛布をおくる運動の呼びかけをさせていただきます。 …

関連リンク

ページ上部へ戻る